NURSE GUIDE

看護師が養護教諭(保健室の先生)になるには?小学校・中学校・高校・大学

看護師が養護教諭(保健室の先生)になるためには、養護教諭の普通免許状(「養護教諭一種免許状・二種免許状・専修免許状」のいずれか)が必要です。さらに、学校や教育機関による試験や採用選考を受ける必要があります。養護教諭の主な勤務先としては、以下のような場所が考えられます。 国立・公

助産師が転職する志望動機例文集!書き方のポイントも解説

助産師の方で、転職を考えている方も多いのではないでしょうか。1年目助産師の転職、病院からクリニックへの転職、病院から保健所への転職、看護師から助産師への転職時に利用できる志望動機例文を、書き方のポイントを解説しながら説明していきます。また、履歴書の基本的な記載方法やルール、職務経歴書

看護師から保健師になるには!働きながら通信制でも可能?

私は看護師として病棟に勤務していますが、以前より保健師資格を取りたいと考えております。働きながら保健師になることは可能でしょうか。また、通信制の大学や保健師養成所などはあるのでしょうか。(看護師/29歳)看護師から保健師になるためには、「看護学系大学3年次編入(※1)・大学専攻科

看護師転職の面接で良い病院を見分ける方法はありますか?

現在、看護師6年目で転職活動を行っています。先日面接を行った病院の面接担当者の印象が悪く、転職するかどうか悩んでいます。他の病院の面接もこれからあるため、面接で良い病院を見分ける方法があれば教えてください。(27歳/看護師)看護師転職時の面接で、主観的(判断や行為が個々の人間の認識や

助産師の転職は何年目から?転職する注意点とおすすめの助産師転職サイト

助産師という仕事は、妊婦のお産に立ち会い、出産をサポートするというイメージが世間では強く知られています。実際、助産師になって初めて分かる大変さは仕事内容だけではなく、人間関係など様々あるでしょう。このページでは、助産師の転職は何年目からが良いのか、転職可能な職場について、助産師が転職

看護師から助産師になるためには!働きながら資格取得は可能?

看護師として病院に勤務している方や、産科などのクリニックで働いている方は、助産師の姿を見て、私も助産師になれば良かったと感じることもあるのではないでしょうか。このページでは、看護師から助産師になるための必要条件等や、助産師学校一覧、看護師が働きながら助産師になるための方法などを説明していきま

ICU(集中治療室)で働く看護師の仕事内容や辛さ!未経験で転職する注意点

ICU(集中治療室)は一般病棟と違い、看護師に「新たな学び」を得られる職場であり、高い専門性や知識・技術を求められます。一分一秒が大切になるICUの看護をやりがいに感じている看護師が多いことも事実です。このページでは、看護師が知っておきたいICU(集中治療室)の知識、ICUで働く看護

ショートステイで働く看護師の仕事内容やメリット・デメリット!転職する注意点

ショートステイは、特別養護老人ホームや介護老人保健施設などに併設されている場合や、ショートステイを専門とし、単独で運営している一般企業もあります。また、中には働く看護師が不在のショートステイの施設もあり、運営施設によって様々と言えます。このページでは、ショートステイの施設で働く看護師

訪問診療における看護師の仕事内容とメリット・デメリット!転職する注意点

訪問診療は、外の仕事の経験がない病院・病棟勤務の看護師にとっては認知度も低く経験者も少ないため抵抗があり、「病状の重い患者ばかりだったらどうしよう、残業が多そう、休みが取れないのでは」などのマイナスのイメージを持っている方も少なくありません。しかし、実際に訪問診療に看護師として関わることで、

CRA(臨床開発モニター)で働く看護師の仕事内容と未経験で転職する注意点

CRA(臨床開発モニター)という職種について知っている看護師は、まだまだ少ないと言えます。病院や施設で勤務する看護師の方からは目立ちにくい仕事ですが、転職先としてCRAになることを選択する看護師は意外と多く、今後も需要は増えてくる可能性は高いと言えます。このページでは、未経験の看護師

地域包括支援センターで働く看護師・保健師の仕事内容と転職注意点

看護師、保健師として「今までの経験を活かしながら地域に関わる仕事がしたい」と感じたことはありませんか。地域包括支援センターで働く保健師や看護師は、高齢者からの相談や介護予防を行いながら、医療機関や介護施設など、第三者への橋渡し役として、地域に貢献することができる仕事です。このページで

看護師が院内保育を利用するメリット・デメリットと求人を探す転職注意点

看護師として働くために、病院等の福利厚生の一つである院内保育所を活用するメリットは大きいです。しかし、利用するデメリットも少なからずあります。そのため、看護師のライフスタイルに合わせて選択すると良いでしょう。このページでは、看護師が知っておきたい保育施設の種類、看護師が利用できる院内保育や保

新規オープン(オープニング)の看護師求人の注意点!メリット・デメリット

看護師にとって新規オープンを行う施設に勤務するオープニングスタッフは、現在の職場に閉塞感を持っていればいるほど魅力的に映るでしょう。自分たちが新しく作り上げる「わくわく感」に誘われてしまう看護師も多いのではないでしょうか。このページでは、看護師がオープニングスタッフとして働くメリット

消防署・消防庁(救急相談センター)に救急相談看護師として勤務するには?

消防署・消防庁に勤務する看護師は、一般的に救急相談センター(東京消防庁本部庁舎内)に配属され、救急相談看護師として働くことになります。このページでは、消防署・消防庁(救急相談センター)に看護師として勤務するには、救急相談センターで働く救急相談看護師の仕事内容、求人募集の期間や探し方を説明して

主任看護師を断りたい場合はどうすれば良いでしょうか?

現在、病院に勤務している12年目の看護師です。突然上司(看護部長)に呼ばれ主任看護師にならないかと打診がありました。新卒から勤務し、職場の恩恵は受けていると思うのですが、他の主任看護師を見てきて、仕事が忙しくなることが予想され、子育ても大変なので、断りたいと考えていますが、どうしたら良いでしょう

手術室(オペ室)看護師の仕事内容や向き不向き!転職する注意点

手術室(オペ室)で働く看護師の呼び方は様々で、「手術室看護師」「オペ看」「オペナース」「手洗い看護師」などと呼ばれます。手術室看護師は、テキパキとかっこよく仕事をしているイメージや、他の病棟から見ると「怖い」イメージがある方も多いのではないでしょうか。病院の手術室は、閉鎖的で独特な雰

看護師転職ガイドへ戻る

TOP

株式会社peko

法人番号:4010001168708

〒107-0052 東京都港区赤坂3丁目1-16 BIビル6F

株式会社pekoは、厚生労働大臣より有料職業紹介事業の許可うけ、人材紹介・転職支援サービス関連等を提供している企業です。

職業紹介事業者許可番号:13-ユ-314509

当サイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。