NURSE GUIDE

Nurse Data数字で見る看護師データ

給与と年収

平均月給:351,600

平均賞与:862,100

平均年収:5,081,300

(2023年発表・厚生労働省)

最も年収が高い年代

55歳~59歳

平均年収:5,784,500

(2023年発表・厚生労働省)

看護師の労働者が多い都道府県ベスト5

1位:東京都(81,420人)

2位:大阪府(55,520人)

3位:神奈川県(47,100人)

4位:福岡県(46,620人)

5位:埼玉県(40,370人)

(2022年発表・厚生労働省)

勤務中の正看護師数

1577,844人

(2019年・日本看護協会)

看護師の平均年齢

40.7

(2023年発表・厚生労働省)

平均勤続年数

9.1

(2023年発表・厚生労働省)

看護師の男女割合

男性看護師11.6

女性看護師88.4

(2022年発表・厚生労働省)

データ参照元

2025年問題!看護師は余る?不足する?与える影響や働き方

現在「2025年問題」が社会全体に影響を与える問題の1つとして注目されています。この2025年問題は、医療業界や看護職者にも様々な影響があることが予想され、不安を感じている看護師の方々も多いのではないでしょうか。このページでは、2025年を目前にして、2025年問題が看護師に与える影

看護師の求人倍率!都道府県別・病院・施設別では、どこが中途採用されやすい?

看護師の求人倍率はどれぐらいでしょうか。また、病院・施設ではどこが看護師として中途採用されやすいでしょうか。(看護師/29歳)2022年11月21日に日本看護協会から発表された「日本看護協会 2021(令和3)年度ナースセンター登録データに基づく看護職の求職・求人・就職に関する分析報

看護師の退職理由ランキング(2021年版)

2021年11月19日に日本看護協会から発表された「日本看護協会 2020(令和2)年度ナースセンター登録データに基づく看護職の求職・求人・就職に関する分析報告書」を元に、看護師の退職理由をランキング形式・看護師の年代別等でお伝えしていきます。看護師の退職理由ランキン

看護師の人数・年代・就業場所・雇用形態等2020年版(2022年発表)データ

厚生労働省から2022年1月27日に発表された「令和2年(2020年)衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況」では、就業する看護師の数は1,280,911人となりました。その中の91.9%が女性看護師でした。2020年(令和元年)発表のデータと比較すると、看護師の人数は全体で5.1%増加しています。

看護師の転職回数は何回からが多いでしょうか?

看護師として転職を4回行っており、現在の職場から再度転職を考えております。看護師は転職が多いと言われますが、実際に転職回数は何回から多いと思われるのでしょうか。また、転職回数が多い場合、どのような転職活動を行えばよいでしょうか。(看護師/34歳)日本看護協会が2021年度(202

病院勤務の看護師の離職率!2023年発表

看護師として病院への転職や就職を考えた場合、離職率を気にしたことはあるでしょうか。また、看護師の離職率は高いと感じていませんか?以下では2023年発表の日本看護協会が調査した病院勤務の看護師の離職率(2022年 病院看護・助産実態調査 報告書)のデータをもとにお話ししていきます。

病院勤務の看護師の月平均夜勤回数や平均夜勤時間はどれぐらいでしょうか?

現在、病院の2交代制の勤務で、人手不足もあり夜勤が6回以上毎月あります。拘束時間も16時間と長く、平均的に考えて私の夜勤回数は多いのでしょうか。平均値を教えてください。(看護師/28歳)日本看護協会の「2021年病院看護・外来看護実態調査」ではもっとも回答が多い平均夜勤回数と平均

看護師転職ガイドへ戻る

TOP

株式会社peko

法人番号:4010001168708

〒107-0052 東京都港区赤坂3丁目1-16 BIビル6F

株式会社pekoは、厚生労働大臣より有料職業紹介事業の許可うけ、人材紹介・転職支援サービス関連等を提供している企業です。

職業紹介事業者許可番号:13-ユ-314509

当サイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。