看護師の転職準備

看護師の「異動vs退職」メリット・デメリットを比較

看護師として今まで働いてきた職場が耐えられず、環境を新しくしたい場合、異動と退職どちらを選択するのが良いでしょうか。

看護師が異動か転職か悩む場合は、置かれている状況や悩みによって異なるため、まず

  • 「自分にとって何が一番重要なのか」
  • 「今の職場で働いていて何を一番変えたいのか」

等を考えることが大切です。

ここでは、看護師が働く環境を変えたい場合、異動か退職かどちらを選ぶのが良いのか、それぞれのメリット・デメリットについて説明していきます。

看護師の異動と退職はどちらが良い

看護師の異動と退職はどちらが良い

新しい環境に身を置きたいと考えた場合、規模が大きな病院の場合、「異動か退職か」という2つの選択肢があり、どちらを選ぶ方が良いのかは、看護師の置かれている状況によって異なります。

それでは、異動と退職それぞれ考えたほうが良い看護師について確認しましょう。

異動を考えたほうが良い看護師

退職より異動を考えたほうが良い看護師は、

  • 現在の仕事量に不満がある場合
  • キャリアを継続したい場合

などの希望がある看護師です。

仕事量の不満がある看護師は、院内でも配属する部署によって、忙しさや残業時間、看護師が求められる仕事内容に違いがあるため、病棟を異動するだけで解決する可能性があります。

現在の仕事量などに不満がある場合は、まずは部署異動を検討してみましょう。

また、職場を変えると、今までの経験や経験年数が考慮されて給料に反映されますが、キャリアを積み副師長や師長、看護部など出世することは難しくなり、自分の経歴がそこでストップしてしまう可能性があります。

そのため、同じ病院で長年働いた方がキャリアを積みやすく、出世もしやすい傾向にあることから「職場で出世したい」等のキャリアアップを望んでいる看護師は、異動がおすすめです。

退職を考えたほうが良い看護師

異動より退職を考えたほうが良い看護師は、

  • 人間関係で悩んでいる場合
  • 同じ診療科での経験を継続したい場合

などの希望がある看護師です。

人間関係で悩んでいる看護師は、退職して全く新しい環境で仕事をすることも良いでしょう。

特定の人との人間関係に悩んでいる場合は、異動してもその後ずっとその人と一緒に仕事をしないとは限らず、希望して異動しても、その後異動命令の可能性もあるため、問題が完全に解決するわけではありません

また、「今働いている診療科での経験をもっと積みたい」と考えている看護師は、退職して違う職場でその診療科を経験する方法しかありません。

そのため、特定の診療科を極めたいと思っている看護師は、その気持ちを大事にして転職すると良いでしょう。

看護師が異動した場合のメリット・デメリット

看護師が異動した場合のメリット・デメリット

看護師が部署異動した場合、退職と比較した一般的なメリット、デメリットを考えていきましょう。

看護師としてのキャリア継続が容易

看護師が同じ病院内等で異動する場合、経験年数や今まで積んできたキャリア、あなたへの評価がなくなるわけではありません。

そのため、異動後も継続してキャリアを積むことができ、また幅広い知識や技術を新たに経験することでキャリアアップにも繋がる可能性があることがメリットです。

また、子育てなどの事情での異動により、外来などの勤務になった場合でも、病棟等に復帰しやすいと言えるでしょう。

新たな経験を積むことが可能

診療科によって経験できる技術や知識が異なるため、異動することで今までと違う新たな経験を積むことができます。

また、ある程度仕事への気持ちをリフレッシュできることもメリットです。

様々な診療科での経験があることで、看護師としてのスキルの幅を広げることができ、今後の看護師としての人生に役に立つことが多いでしょう。

新しく覚えることが少ない

対象となる疾患が違うため、看護師として新しく覚えるべき知識や技術がありますが、病院のシステムなどは同じであるため、退職するより新しく覚えることが少ないことがメリットです。

例えば職場を変えた場合、病院内の場所・システム・電子カルテの使い方・他職種との連携の取り方等、覚えることが沢山あります。

覚えることが少ないと自分の負担が減り、退職より異動の方が新しい職場に慣れるのが簡単と言えるでしょう。

周囲の環境が変わらない可能性もある

病院内で異動して新しい環境で始めようとしても、「前の部署での評判・人間関係」「なぜ希望して異動したのか」等は、すぐに新しい部署に伝わる可能性があり、評判や状況によっては色眼鏡で見られることもあります。

そのため、全く新しい気持ちで再スタートしようとしても周りの環境に妨げられる場合がありデメリットと言えます。

ただし、病院内の人間関係等で悩みがない場合は問題ない場合も多いです。

希望異動後にずっとその部署に居続けられない

規模が大きな病院の場合、看護師の異動は不定期にあることが多く、異動して自分の問題が解決してもずっとその部署に居られるとは限りません。

さらに、異動命令が出たときは拒否することが出来ない場合が多く、希望で異動した後であればなおさらと言えます。

もし、どうしても異動を断りたい場合は「看護師の部署異動(病棟異動)を拒否して断るテクニックはある?」を確認しておきましょう。

看護師が退職した場合のメリット・デメリット

看護師が退職した場合のメリット・デメリット

新しい職場に転職することで、今まで経験してきたことがある診療科に就職することもできるため、看護経験を最大限に生かして働くことができます。

異動と比較した退職した場合の一般的なメリット・デメリットを説明していきます。

一般的な転職のメリット・デメリットについては「看護師転職のメリット・デメリットとお金に関するリスク!転職決断の最終チェック」を確認しておきましょう。

新しい環境で新しい人間関係を構築できる

退職する場合、新しい職場に転職後に自分のことを知っている人がいない中で新しく人間関係を構築することができることがメリットです。

今までの人間関係を全てリセットできるため、人間関係の悩みが一気に解決されます。

ただし、注意しなければ新しい職場でも人間関係の悩みが出てくる可能性もあります。

自分の希望に沿った職場を選べる

現在の職場を退職することで、今までの経験をもとに希望する働き方に沿った職場を新しく選ぶことができるため、労働条件を改善できる可能性があります。

特に初めて転職する場合は、看護師転職サイト(看護師専用の転職エージェント)を利用することで、自分の譲れない条件から希望に沿った職場を紹介してくれる、完全無料で利用できる転職支援サービスがあるため、現在の職場より条件が良くなりやすいでしょう。

また、看護師転職サイトは職場との条件交渉も行ってくれることにより、希望に沿った看護師としての働き方が可能です。

覚えることが多く一からのフォロー体制はない

職場が変わることで、新卒の時にように職場の環境やシステムなど一から覚えることが多く、職場に慣れることにとても時間がかかります。

経験したことのある診療科に転職した場合でも、それぞれの職場によって基本的な看護技術は一緒でも使用する物品や、やり方に少しずつ違いがあります。

覚えることは多くても、新卒看護師のように全てをフォローしてくれる体制はないため、一から自分で勉強するという気持ちが必要です。

退職金は少なくなる

基本的に退職金制度は、勤続年数が長いほど退職金は多くなる計算方法のため、違う職場で看護師経験は退職金の金額に関係ありません。

退職金の金額の決め方には、それぞれの職場によって違いますが、必ず勤続年数が関係するため、転職することは貰える退職金が少なくなることに繋がります。

また、一般病院やクリニック、施設によっては退職金制度を設けていない場合もあります。

異動で悩んだ場合い情報収集に使える看護師転職サイト

異動で悩んだ場合い情報収集に使える看護師転職サイト

看護師として病院内で「異動するか、退職するか」悩んでしまった場合、新しい職場を見つけるための情報収集を行うことで比較対象ができるため、悩みが解決する可能性が高いと言えます。

看護師が退職(転職)するか悩むときは、自分の中に情報が不足しているからです。

希望の求人(条件の良い求人)がなければ、今の職場で異動等を行い、もう少し頑張ってみようと決断出来ますし、良い職場があれば、新しい環境に挑戦するか、現在の職場と比較することが可能です。

以下でご紹介する看護師転職サイト(看護師専用の転職エージェント)は、「転職を急かすことなく、情報収集だけの利用でも良い」と明言しており、かつ人気がある看護師転職サイトです。

是非、異動か退職かを悩んだ場合は、退職する前に利用しておきましょう。

情報収集のみでOK!看護のお仕事

看護のお仕事

転職相談面接対策条件交渉退職相談
2重丸2重丸2重丸2重丸
サイト名看護のお仕事
運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
公開求人数133,292件
(2022年5月12日時点)
非公開求人豊富
対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師
対応 雇用形態常勤(夜勤有り)、日勤常勤、夜勤専従常勤、夜勤専従パート、非常勤、派遣、紹介予定派遣
対応施設総合病院、一般病院、クリニック、特別養護老人ホーム(特養)、訪問看護、有料老人ホーム、デイサービス、重症心身障害者施設、保育園、検診センター
対応 診療科目内科、精神科、心療内科、小児科、外科、整形外科、皮膚科、産婦人科、眼科、歯科、美容外科、美容皮膚科
対応配属先病棟、外来、施設、訪問、手術室(オペ室)、透析、内視鏡
対応エリア北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴・看護師の転職求人が豊富
・転職支援サービスが手厚い
・転職の相談から行える
・院内・施設内情報に強い

【公式サイトのコメント】
Q:転職する予定はまだないのですが、情報収集のために申し込んでも大丈夫ですか?
A:もちろん大丈夫です。転職時期が決まっていない、転職するかどうかもまだ迷っているという方でもお気軽にご登録ください。
出典:看護のお仕事 良くあるご質問

公式サイト:https://kango-oshigoto.jp/

転職動向を教えてくれる!ナースではたらこ

ナースではたらこ

転職相談面接対策条件交渉退職相談
まる2重丸2重丸三角
サイト名ナースではたらこ
運営会社ディップ株式会社
公開求人数94,324件
(2022年5月12日時点)
非公開求人豊富
対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師
対応 勤務形態常勤、非常勤、日勤のみ、夜勤専従
対応施設病院、クリニック、介護施設、デイサービス、訪問看護、企業その他
対応エリア北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴・非公開求人が豊富
・希望条件に合う求人が見つかりやすい
・希望する病院
・施設へ転職可能な逆指名転職がある

【公式サイトのコメント】
Q:登録したら必ず転職しなければなりませんか?
A:ご登録いただいている方の中には、転職すべきか悩んでいる方も多くいらっしゃいます。「どんな職場が向いているのだろうか?」などのキャリア相談や、「1年後ぐらいに転職したい」「転職動向はどうなっているのだろうか?」といった情報収集を目的とした登録も可能です。
これまでたくさんの看護師さんの転職をお手伝いしてきたキャリア・アドバイザーがあなたの転職のお悩みに客観的なアドバイスをいたします。
出典:ナースではたらこ よくあるお問い合わせ

公式サイト:https://iryo-de-hatarako.net/

看護師の異動に関して良くある質問

看護師の部署異動は、病院により異なりますが、3年目以降の看護師が一番多くあると言え、3年目、4年目、5年目の看護師の多くが初めての異動を経験しています。

病院により、アンケートを看護師に取り、異動を決定する場合や、告知されて異動を言われる場合など様々です。

病院側の看護能力・バランスの統一化や、看護師のスキルアップ、看護師不足の部署への補充などが理由で主に異動が行われます。

病院により様々ですが、一番多い時期は4月、10月の期の変わり目になります。

4月、10月入職で転職者や、新卒採用などが行われるため、部署異動も起こりやすいと言えます。

看護師への異動の告知は病院により異なりますが、1ヶ月ほど前に伝えられることが一般的です。

その看護師の病院への貢献度によりますが、病院を退職されるよりは異動を行ってもらった方が良いと考える場合も多く、異動希望は通りやすい職業だと言えます。

特に子育てや介護などの「家庭の事情」や、経験したい診療科があるなどの「スキルアップ」での異動理由は通りやすいと言えるでしょう。

そのため、複数の異動したい理由の中で、家庭の事情やスキルアップを中心に希望する理由として伝えると良いでしょう。

また、「異動しなければ退職を希望する」ということも伝えることは出来ますが、その後も働く中で退職をにおわせることは、今後働きにくくなる可能性もあるため、最終手段として取っておきましょう。

まとめ

看護師の異動と退職のメリット・デメリットを比較してきましたが、

  • 「自分にとって何が1番重要なのか」
  • 「今の職場で働いていて何を1番変えたいのか」

以上のことを考えて、選択することがおすすめです。

要望を全て望むことは難しいと言えますが、自分自身の一番の悩みを解決する方法は、異動か退職どちらが適切かを考えると良いでしょう。

是非、看護師としての働き方を模索してみてください。

参考文献等

関連記事

最新コンテンツ

看護師の転職準備

看護師の転職準備

看護師の転職求人

看護師転職求人

看護師の転職サイト

看護師転職サイト

看護師の転職必要書類

看護師の履歴書

看護師の病院見学(転職時)

看護師の病院・施設見学

看護師の面接対策

看護師の面接対策

看護師の退職

看護師の退職

看護師の内定・入職

看護師の内定・入職

看護師の転職後

看護師転職後の悩みやトラブル

看護師の年代別転職

年代別看護師転職

看護師のライフスタイル別転職

看護師のライフスタイル別転職

看護師の勤務先別転職

勤務先別の看護師転職

現役看護師「なるにわ」ガイド

現役看護師の「なるには」ガイド

看護師派遣

看護師の派遣

TOP

株式会社peko

法人番号:4010001168708

〒101-0048 東京都千代田区神田司町2-13 神田第4アメレックスビル 4F

 

当サイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。