看護師の転職準備

看護師転職のメリット・デメリットとお金に関するリスク!

看護師が転職する場合、転職するメリットもあれば、デメリットもあります

また、忘れてはいけないことが、転職することでお金に関するリスクがあることです。

看護師としての転職が成功する方もいれば、失敗したと感じる方も実際にはおり、転職する場合のデメリットやメリットを正しく理解することで、転職活動の不安を解消し、ご自身の状況に合わせて活動を行っていきましょう。

目次

看護師転職で生まれるデメリット

看護師転職で生まれるデメリット

行いたい看護などをすぐに実現できるとは限らない

看護師転職のリスクとして、自身が希望する看護を実践することが可能な職場だとしても、すぐにその診療科や部署に配属されるとは限りません

また、入職してイメージが違うことや、希望の部署や診療科に配属された場合でも異動の可能性もあり、注意が必要です。

入職後は新人看護師としての自覚が求められる

看護師転職によって経験がある診療科だったとしても職場の環境や評価制度、業務の行い方などが変わります。

ベテランの看護師だったとしても、業務の行い方や仕事内容の確認など、周囲のスタッフに聞くことが多くなります。また、場合によっては上司の看護師が年下の場合もあるでしょう。

そのため、入職後は新人看護師として謙虚な姿勢で新しくスタートすることが重要です。

自分の評価を一から築く必要がある

看護師として転職する場合、認定看護師や専門看護師などの特別な資格を保有していない限り、看護師としての評価を一から築く必要があります。

そのため、看護師として師長などを目指す場合は一からのスタートとなる場合が多いと言え、前職を辞めるリスクとなります。

新たな人間関係に悩まされる可能性がある

看護師にとって病院や施設に転職した場合でも、女性社会であることは変わらない場合が多いと言えます。

そのため、新しい職場で人間関係が悪い、又は上手く立ち回ることが出来なければ、新たな人間関係に悩まされる可能性があり、リスクとなります。

能力が発揮できない場合、駄目なジャッチメントが早い

中途採用の看護師の場合、基本的には即戦力として周囲のスタッフは考えます

また、新たな分野に転職した場合でも、臨床経験の基礎が求められる場合がほとんどであり、看護師としての仕事や能力が発揮できない場合には、新卒看護師よりも早く「仕事が出来ない看護師」だと思われる可能性があります。

特に自身が経験していない分野に転職する場合は、教育制度に注意して転職活動を行いましょう。

職場環境が変わることでストレスになる可能性がある

看護師転職によって、就業時間や残業、看護の行い方などすべての環境が変わります。

転職して3ヶ月程度は、職場環境が分かってしまうことでストレスになる場合が多いと言えます。

同期がいない寂しさを感じやすい

例えば、新卒看護師からずっと同じ病院で勤めていた場合、苦しい時も楽しい時も同期の助けがあった方も多いのではないでしょうか。

しかし、転職をした場合、規模の大きな病院を選択しない場合、同期はほとんどおらず、同期で中途採用者が他にいた場合でも、かならずしも同じ環境とは言えないため、同期の繋がりとは感じにくいです。

そのため、転職後に同期がいない寂しさを感じやすいと言えます。

現在の職場の方が働きやすい可能性がある

例えば看護師の転職理由である人間関係や待遇などの理由で転職した場合、以前の職場の方が働きやすかったという理由により「出戻り転職」を行ってしまう場合があります。

そのため、転職のデメリットとしては、現在の職場の方が看護師として働きやすい可能性があると言うことです。

転職しなければ解決しないことなのか、転職する目的は明確なのかを考えると良いでしょう。

お金等に関する転職でのリスク

お金等に関する転職でのリスク

給与や年収が下がる可能性がある

看護師として未経験の分野にチャレンジする場合や、都心部から地方に転職する場合、給与が比較的安い病院又はクリニックなどに転職する場合は、前職の給与から下がる可能性があります。

また、転職のタイミングによっては、ボーナス(賞与)が受け取ることが出来ない場合があるため、年収が下がる可能性があります。

住民税の負担

看護師として年収が下がった場合、住民税は「前年1月1日~12月31日の所得に対して計算」されます。

そのため、給与天引きである住民税が年収の高い時の計算で引かれる場合があるため注意が必要です。

住宅ローンなど審査が通りづらくなる

住宅ローンや車購入のローンを組む際に、転職直後であれば審査が通りづらい可能性があります。

理由としては、転職後は勤務年数が短いことが信用情報につながる可能性があるからです。

看護師として住宅ローンを組む場合や車購入を検討している場合は、慎重に転職活動を行いましょう。

退職金などに影響がある

退職金の金額は基本的に勤続年数で決まります。

看護師として転職する場合には、退職金の一部を前の職場らか受け取ることが可能な場合もありますが、3年以上や5年以上などの規定が決められていますので、受け取ることが出来ない可能性もあります

また、新しい職場でも、退職金制度があった場合でもゼロからのスタートとなります。

ただし、個人が積み立てる確定拠出年金(401K)の場合は転職の影響はありません。

退職後転職する場合は活動費用がかかる

現在勤務中の職場を一度退職し、転職活動を行う場合には、以下の費用が掛かります。

交通費面接や病院見学時に掛かる費用
(遠方で宿泊する場合は宿泊費)
服飾関係面接時に着用するスーツなど
書類・写真履歴書や職務経歴書、写真撮影に掛かる費用
郵送費履歴書等の郵送に掛かる費用

看護師の転職活動は1ヶ月から3ヶ月程度の時間が掛かるため、転職活動費用を確保しておきましょう。

また、一度退職している場合は、住民税や健康保険料などの税金関係と生活費が加算されます。

デメリットやリスクが多いのになぜ転職するのか?

デメリットやリスクが多いのになぜ転職するのか?

看護師転職のデメリット・リスクを先にお伝えしましたが、デメリットが多いのになぜ看護師は転職するのでしょうか。

それは、主に3つの要因が考えられます。

  • 転職にメリットがあると考えたため
  • 転職しなければ問題が解決しない状況だったため
  • ライフイベントにより、転職する必要があったため

看護師は女性が多い職種のため、退職理由は以下のようなことが多いと言えます。

  • 出産・育児のため
  • 結婚のため
  • 他施設への興味
  • スタッフ間の人間関係
  • 超過勤務(残業)が多いため
  • 休日・休暇が取れない、取りづらいため

(厚生労働省:看護職員として退職経験のある者の退職理由より)

以下で説明するメリットを確認しながら、看護師の転職活動を行う場合は「自己分析」を行い、転職目的を明確にしてから活動を行いましょう。

転職で得られる看護師のメリット

転職で得られる看護師のメリット

以下で、現在の自分が看護師として転職するメリットを考えていきましょう。

待遇面の向上が期待できる

高給与や希望の福利厚生が整った病院・施設に転職することで、業務量の変化はないまま、待遇面の向上が期待できる場合もあります。

また、看護師として働いた実績がある場合の転職は、新卒の時と違い、様々なことが目に見えています。

そのため、自分が考える希望条件を指定して転職活動も可能であり、現在よりも条件面が良い職場で働くことが可能となります。

特に休日や休暇が取れない、又は取りにくい場合や、看護師が不足していて残業が多い場合などもこちらの転職理由に当たります。

修復不可能な人間関係から脱却できる

看護師転職では、前職での人間関係のトラブルや修復不能な人間関係から脱却することが可能です。

リセットしてリスタートできるため、看護師転職の大きなメリットといえます。

また、新たな人間関係の構築に不安を覚える場合もありますが、気持ちを切り替えて仕事に取り組むことが可能です。

実際にはパワーハラスメントを受けていたことがある看護師の方や、上司からのいじめと思われる圧力を感じていた看護師の方なども、人間関係を理由に転職しています。

安定したライフワークバランスを保つことができる

特に結婚や出産、育児などで転職を希望する場合に多いですが、現在の職場では、

  • 夜勤を行わなければならない
  • 今までの地位や経験から仕事量が減らない
  • 同条件で働いているスタッフに休みなどをお願いしにくい
  • 子育てしている看護師が少なく、福利厚生も整っていない

など、上記のようなことから、希望するライフワークバランスを保つために転職する場合が多く、初めから条件を考慮して職場が探せるため大きなメリットと言えます。

育児休暇などで復帰した場合でも、新たに職場を探す方が多い理由でもあります。

新しい分野やポジションで仕事ができる

看護師転職の場合、病院・クリニック以外の施設を選ぶことや、病院勤務だった場合でも、病棟以外に、外来や手術室、ICUや透析室、救急外来や訪問看護などを選択することが出来ます。

さらに、働く看護師の職場は多様化しており、介護分野や一般企業で働くことも可能です。

そのため、新しい分野や診療科、勤務形態や雇用形態、施設形態を選択することができ、仕事が行えることがメリットと言えます。

希望の看護スキルを高めることができる

特に看護師として認定看護師や専門看護師を目指す場合や希望する分野がある場合、転職することによって、その分野の診療科や部署に配属されることで、自身の看護スキルを高めていくことが可能です。

この場合、部署異動の相談を現在の職場で行った方が無難ですが、異動が承認されない場合や、そもそもその分野が病院内にない場合などは転職に踏み切るきっかけとなり、大きなメリットと言えます。

看護師として視野が広がる可能性がある

病院から病院への転職でも、今までの環境が変わり客観的に仕事を見ることが可能になります。

そのため、当たり前に行っていたことが当たり前ではなかったことに気づき、転職により看護師としての視野が広がる可能性が高いといえます。

また、施設を変更する場合や新しい分野に挑戦する場合などは、確実に視野が広がると言えます。

仕事にやりがいを感じることができる

看護師が希望する仕事内容や目標である分野に転職が出来た場合、仕事にやりがいを感じながら勤務することが可能です。

「やりがい」は看護師の仕事を支える重要な充実感や手応えを与えてくれるため、モチベーションも上がりやすく、楽しい気持ちで仕事に取り組むことが出来ます。

新しい人との出会いがある

看護師転職により職場を変えることで、新しい人と出会い、看護師としての人脈も広がる可能性があります。

また、職場恋愛をされる方などは「あの時転職していなければ出会わなかった」と運命を感じることや、親友と呼べる友人が出来ることもあるでしょう。

医師、看護スタッフ、コメディカル、その他従業員など、新しい人脈を形成することが可能です。

看護師が転職を決断する最終チェック

看護師が転職を決断する最終チェック

以下の項目をご自身でチェックいただき、問題ないようであれば転職活動を行いましょう

質問1看護師転職の目的は明確でしょうか?
質問2転職によって何を得たいか答えることはできますか?
質問3看護師転職するデメリットは理解しましたか?
質問4お金のリスクはありませんか?
質問5転職で失うものを確認できていますか?
質問6行いたい仕事のイメージはできていますか?
質問7家族や友人などに一度相談はしましたか?

是非、失敗しない看護師転職を行ってください。

メリット・デメリットを理解し看護師転職サイトをフル活用!

メリット・デメリットを理解し看護師転職サイトをフル活用!

看護師転職での一般的なメリット・デメリットやリスクを理解したい上で、看護師に人気がある以下の看護師転職サイト(看護師専用の転職エージェント)をフル活用しましょう。

看護師転職サイトは、1社につき、希望条件を伝えると、希望条件に合わせて「3つから8つ程度の求人」を紹介してくれます。

そのため、多くの看護師求人と出会い、比較するために、以下の看護師転職サイトを3社とも登録し、比較しながら転職活動を進めていきましょう。

また、あなたをサポートする専任の担当者も合わせて比較しておきましょう。

求人数が豊富!看護のお仕事

看護のお仕事

転職相談面接対策条件交渉退職相談
2重丸2重丸2重丸2重丸
サイト名看護のお仕事
運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
公開求人数133,292件
(2022年5月12日時点)
非公開求人豊富
対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師
対応 雇用形態常勤(夜勤有り)、日勤常勤、夜勤専従常勤、夜勤専従パート、非常勤、派遣、紹介予定派遣
対応施設総合病院、一般病院、クリニック、特別養護老人ホーム(特養)、訪問看護、有料老人ホーム、デイサービス、重症心身障害者施設、保育園、検診センター
対応 診療科目内科、精神科、心療内科、小児科、外科、整形外科、皮膚科、産婦人科、眼科、歯科、美容外科、美容皮膚科
対応配属先病棟、外来、施設、訪問、手術室(オペ室)、透析、内視鏡
対応エリア北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴・看護師の転職求人が豊富
・転職支援サービスが手厚い
・転職の相談から行える
・院内・施設内情報に強い

看護のお仕事は、看護師求人数が断トツで多く、ハローワーク求人もカバーしているので、希望条件に合う求人と出会いやすい看護師転職サイトと言えます。

また、利用する看護師に人気も高く、担当者が丁寧に説明、サポートしてくれます。

転職支援サービスも充実しており、情報収集のみの登録でもOKな、必ず利用しておきたい看護師転職サイトです。

公式サイト:https://kango-oshigoto.jp/

丁寧なサポート!マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職相談面接対策条件交渉退職相談
2重丸2重丸2重丸2重丸
サイト名マイナビ看護師
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数58,927件
(2022年5月12日時点)
非公開求人とても豊富(保有求人全体の約40%非公開)
対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師、ケアマネジャー
対応 雇用形態正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託その他
対応 勤務形態常勤(二交替制)、常勤(三交替制) 、夜勤なし、夜勤専従
対応施設病院、クリニック・診療所、美容クリニック、施設、訪問看護ステーション、看護師資格・経験を活かせる一般企業、治験関連企業(CRA、CRCなど)、保育施設 、その他
対応 診療科目美容外科、小児科、産科、婦人科(レディースクリニック)、整形外科、循環器内科、心療内科、消化器外科、心臓血管外科、スポーツ整形外科、脳神経外科、眼科、形成外科、消化器内科、歯科、精神科、血液内科、外科、内科、神経内科
対応配属先病棟、外来、手術室、内視鏡室、ICU、透析、救急外来、訪問看護、管理職の仕事
対応エリア北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴・転職の相談から行える
・キャリアアドバイザー親切丁寧
・退職交渉も可能
・企業系のレア求人を豊富に保有

マイナビ看護師は、丁寧で親切なサポートで看護師に定評がある看護師転職サイトで、圧倒的に利用した看護師のクレームが少ないことが特徴です。

規模が大きな病院や施設の求人も豊富であり、転職活動をじっくり二人三脚で担当者と進めたい方には向いています。

上記で説明した「看護師のお仕事」と合わせて利用したい看護師転職サイトです。

公式サイト:https://kango.mynavi.jp/

相談から始める!ナースではたらこ

ナースではたらこ

転職相談面接対策条件交渉退職相談
まる2重丸2重丸三角
サイト名ナースではたらこ
運営会社ディップ株式会社
公開求人数94,324件
(2022年5月12日時点)
非公開求人豊富
対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師
対応 勤務形態常勤、非常勤、日勤のみ、夜勤専従
対応施設病院、クリニック、介護施設、デイサービス、訪問看護、企業その他
対応エリア北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴・非公開求人が豊富
・希望条件に合う求人が見つかりやすい
・希望する病院
・施設へ転職可能な逆指名転職がある

ナースではたらこは、ライフプランや看護師のキャリアプランから相談したいと考える方に向いている看護師転職サイトです。

自身の市場価値や、現在の看護師の転職事情など、気になる質問・相談を行いながら、転職活動を進めることが出来ます。

希望する病院・施設がすでに決定している場合は、必ず利用しておきましょう。

公式サイト:https://iryo-de-hatarako.net/

良くある質問

看護師として転職し後悔や失敗をする理由は、主に「自己分析不足」や「情報収集不足」が原因になる場合が多いと言えます。

そのため、不安なのはあなたに情報が少ないためです。

だからこそ、自分が行いたい仕事や看護、なぜ転職を行うのかを一度しっかり「看護師転職の自己分析」などを行い、考えてみると良いでしょう。

また、看護師転職サイト(看護師専用の転職エージェント)などを活用し、担当者に転職の相談を行うこともおすすめです。

看護師転職における一般的なメリットは以下の通りです。

  • 待遇面の向上が期待できるから
  • 修復不可能な人間関係から脱却できるから
  • 安定したライフワークバランスを保つことができる
  • 新しい分野やポジションで仕事ができる
  • 希望の看護スキルを高めることができる
  • 看護師として視野が広がる可能性がある
  • 仕事にやりがいを感じることができる
  • 新しい人との出会いがある

デメリットと比較するとメリットは少ない傾向にありますが、それ以上に得られるメリットが個人にとって大きい場合や、ライフスタイルの変化によって転職を行う看護師が多いと言えます。

一般的に看護師が転職で応じるデメリットとしては以下の可能性が挙げられます。

  • 行いたい看護などをすぐに実現できるとは限らないこと
  • 入職後は新人看護師としての自覚が求められること
  • 自分の評価を一から築く必要があること
  • 新たな人間関係に悩まされる可能性があること
  • 能力が発揮できない場合、駄目なジャッチメントが早いこと
  • 職場環境が変わることでストレスになる可能性があること
  • 同期がいない寂しさを感じやすいこと
  • 現在の職場の方が働きやすい可能性がある
  • 給与や年収が下がる可能性があること
  • 住宅ローンなど審査が通りづらくなること
  • 退職金などに影響があること
  • 退職後転職する場合は活動費用がかかること

看護師の年代や働く環境によって違いもあるため、自身が当てはまるデメリットを確認しておきましょう。

まとめ

資格を活用することができる看護師でも、新しい職場への転職や新しい分野へのチャレンジ転職などは不安が多くあります。

それが、初めての転職であれば、分からないことが多く「失敗してしまうのではないか」「今よりも環境が悪くなってしまうのではないか」という考えが浮かび、転職活動を行動に移せない方も多いのではないでしょうか。

しかし「人間は行動した後悔より、行動しなかった後悔の方が深く残る」(心理学者トーマス・ギロビッチ氏)という言葉はご存知でしょうか。

看護師として転職活動にチャレンジすることは勇気がいることで、当然失敗する可能性もありますが、転職活動をしないことで、後悔が強く残る可能性があります。

ただし、看護師が転職に感じるデメリットや、転職時のリスクは実はとても多いです。

まず、自分自身に該当するデメリットを確認し、現実を見ておくことや最悪の状況をイメージしておくことが看護師転職を成功させるためには必要です。

関連記事

看護師の転職準備

参考文献等

関連記事

最新コンテンツ

看護師の転職準備

看護師の転職準備

看護師の転職求人

看護師転職求人

看護師の転職サイト

看護師転職サイト

看護師の転職必要書類

看護師の履歴書

看護師の病院見学(転職時)

看護師の病院・施設見学

看護師の面接対策

看護師の面接対策

看護師の退職

看護師の退職

看護師の内定・入職

看護師の内定・入職

看護師の転職後

看護師転職後の悩みやトラブル

看護師の年代別転職

年代別看護師転職

看護師のライフスタイル別転職

看護師のライフスタイル別転職

看護師の勤務先別転職

勤務先別の看護師転職

現役看護師「なるにわ」ガイド

現役看護師の「なるには」ガイド

看護師派遣

看護師の派遣

TOP

株式会社peko

法人番号:4010001168708

〒101-0048 東京都千代田区神田司町2-13 神田第4アメレックスビル 4F

 

当サイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。