派遣看護師

看護師の紹介予定派遣のメリット・デメリット体験談

看護師として紹介予定派遣に挑戦したいけれど不安がある方も多いのではないでしょうか。

看護師の紹介予定派遣は実際に経験することで、不安も解消でき、本当にその病院・施設で続けていけるかを判断する材料にもなりますが、デメリットもあります。

しかし、今までに人間関係などが分からず、看護師転職して失敗した看護師の方にも体験してほしい働き方と言えます。

以下では、紹介予定派遣と派遣の違いや、紹介予定派遣で看護師が働くメリット・デメリットについて、看護師の体験談と共に説明していきます。

看護師の紹介予定派遣とは?派遣との違い

看護師の紹介予定派遣とは?派遣との違い

初めに、看護師の紹介予定派遣について、派遣(一般派遣)との違いについて説明していきます。

看護師の紹介予定派遣とは?

看護師の紹介予定派遣は、派遣先の病院や施設に直接雇用されることを前提として、働く派遣です。

紹介予定派遣は、人材派遣会社から紹介予定派遣を行っている勤務先を紹介してもらい、興味があり転職したいと思う職場に派遣という形で働き、その契約期間中に「雇用する側は契約期間終了後も雇用側が正社員として採用したいか」「雇用される側も正社員として働き続けたいか」を実際働いてみて判断できる働き方です。

契約期間中の賃金は、派遣契約のため人材派遣会社から時給で支払われることとなります。

直接の雇用契約(正職員の契約)を結ぶかどうかは、派遣先の病院・施設と看護師がそれぞれ検討し、双方の合意の元で雇用契約となります。

そのため、派遣される看護師が紹介予定派遣終了後に断ることも可能で、その逆もあり、必ず雇用されるとは限らないことが特徴です。

看護師が紹介予定派遣で働ける職場

看護師の派遣の場合、知らない方も多いですが、労働者派遣法(「労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律」)により禁止されている業務が存在し、医療機関と定義される職場で行う看護師業務「療養上の世話、診療の補助」は派遣が禁止されています。

しかし、産休代替派遣や紹介予定派遣の場合は、医療機関での看護師派遣も許可されており、通常の派遣よりも以下の職場で働くことが可能です。

  • 病院(20床以上)
  • クリニック(有床・無床問わず)
  • 健診センター
  • 助産所(助産院)
  • 介護医療院
  • 介護老人保健施設
  • 訪問看護等(患者の自宅で看護師業務を行う)

上記にプラスして、有料老人ホームやデイサービス、訪問入浴や保育園など、一般的な看護師派遣を行う職場も選択肢となります。

しかし、通常の派遣に比べると、紹介予定派遣は求人数が少ないことが一般的です。

派遣と紹介予定派遣の違い

看護師の派遣と、紹介予定派遣の違いは以下の通りです。

紹介予定派遣一般派遣
前提・直接雇用を前提にしていることを明示
・看護師も直接雇用を前提とした派遣であることを同意
・短期、中期、長期の派遣
選考・就業前の書類選考や面接が認められている・就業前の書類選考や面接は禁止
派遣期間・最長6ヶ月間・最長3年(例外あり)
雇用主
サポート
・派遣会社・派遣会社
給与・時給
(通常より高い場合も多い)
・時給
派遣期間中の
直接雇用
・派遣満了前に直接雇用が可能
(双方合意で正職員に切り替えることが可能)
・派遣期間中の直接雇用は契約違反
派遣終了後・直接雇用されるか意思決定を行う
・雇用側も拒否が可能
・特になし

また、以下の場合に看護師側も、雇用側も断ることが可能です。

  • 面接前や面接後に断れる
  • 意思確認の話が合ったとき(派遣終了)に断れる

紹介予定派遣の期間は最大6ヶ月と決められていますが、最大6ケ月のため1ヶ月の場合や3ヶ月の場合もあり、決められた派遣期間中でも双方の合意のもと、直接雇用に変更することも可能となっています。

差はありますが、大体3ヶ月間程働くと職場の雰囲気にも慣れ、色々なことも観察できてこれから仕事を続けていくかを決める判断材料は十分集めることができるでしょう。

看護師の紹介予定派遣のメリット

看護師の紹介予定派遣のメリット

看護師が紹介予定派遣で働く場合のメリットをご紹介します。

自分に合う職場や仕事かどうかを見極ることが出来る

看護師が紹介予定派遣で働くことで、仕事内容や人間関係などの内情も分かるため、普通に転職してから失敗したと感じる問題は無く安心感があるでしょう。

つまり、自分に合った仕事なのかどうかを見極める事が可能になります。

また、未経験の仕事なども紹介予定派遣で働くことが可能なため、新しいチャレンジをすることも出来き、正職員で勤務するよりもリスクが少ないことがメリットです。

看護師の体験事例

看護師の体験事例

看護師の体験事例消極的で受け身の姿勢では、職場の雰囲気はわかっても細かい内情や仕事内容まではわからないことがあるため、自分で色々見聞きし感じることも重要だと感じました。
契約期間中は派遣と変わりないため、基本的に時給で賃金が発生し、時間外手当も人材派遣会社から支払われました。
私が利用していた人材派遣会社は時給が良かったため、正社員として働くよりもらえる金額は多く、職場側からは残業はあまりしなくて良いように声掛けをしてもらっていました。
そのため、残業もそれ程ありませんでした。

直接雇用(入社)まで派遣会社がサポート

紹介予定派遣は派遣と同様に、入職するまで登録を行った派遣会社がサポートしてくれます。

また、正職員の転職エージェント(看護師転職サイト)と同様に、合否連絡、入社手続きなどすべて代行してくれるため、スムーズに直接雇用に進めることが可能であり、正規雇用の条件交渉も行ってくれます。

(ただし、派遣会社によってサポート内容は異なるので注意しましょう。)

就業にあたってのトラブルや悩み、疑問点の解決など、派遣会社が全面的にバックアップしてくれることが一般的です。

看護師の体験事例

看護師の体験事例

看護師の体験事例私が利用した人材派遣会社の担当者は半月から1か月おきに勤務先の職場に訪問してくれました。
その際に担当者が不安や不満はないか話を聞いてくれました。
普通の転職では転職後はフォローがないところが多いですが、定期的に相談に乗ってくれる点は紹介予定派遣のメリットだと感じました。
また、私が紹介してもらった職場は3ヶ月でした。
決められた期間が近づいてくると、このままその職場で働き続けたいかを人材派遣会社から聞かれました。

看護師側にも選択権があり、直接雇用を断る事も可能

紹介予定派遣派終了後に、「この病院や施設で働けない」と判断した場合、直接雇用を断る事が可能です。

(直接雇用は双方の合意が必要なため、看護師側にも選択権があることがメリットと言えるでしょう。)

紹介予定派遣はその勤務先で直接雇用されることが前提のため、断りにくいと感じますが、基本的に派遣会社が間に入って話をしてくれます

また、紹介予定派遣を行い、直接雇用されない場合でも、一般派遣の求人や新たな紹介予定派遣を紹介して貰うことが可能です。

派遣のため履歴書の職歴に記載不要

看護師が紹介予定派遣として働き、正職員にならず、その後転職活動を行った場合でも、履歴書の職歴には記載する必要はありません。

紹介予定派遣は、あくまで「派遣」のため、履歴書の職歴には正職員として働いた職歴のみで良いためです。

(アピールしたい経験などがある場合のみ、パート・アルバイトや派遣などの職歴を一般的に記載します。)

そのため、空白の期間が合った場合でも、「派遣として働いていた」と面接時に説明することで、面接官の印象が悪くなることがないのも紹介予定派遣のメリットとなります。

看護師の紹介予定派遣のデメリット

看護師の紹介予定派遣のデメリット

看護師の紹介予定派遣は、メリットよりもデメリットの方が多いと言えるでしょう。

しかし、注意点に気を付けておけば、十分に紹介予定派遣のメリットを活かすことが可能となります。

以下デメリットを確認しながら、対策を行っておきましょう。

直接雇用は正職員とは限らない

紹介予定派遣は、基本的に「直接雇用」の条件となるため、パート・アルバイト・契約職員の採用でも直接雇用の条件に当てはまります。

そのため、勤務する職場によっては、必ずしも正職員とは限らないことがデメリットとなります。

こちらのデメリットは、紹介予定派遣前に確認をすることで、デメリットを解消することが可能です。

働く職場の選択肢が少なくなる

紹介予定派遣で看護師を募集している看護師の派遣求人は「一般派遣」と比較しても少ない傾向にあります。

そのため、転職・就職を希望している看護師には選択肢が狭くなってしまうことが、紹介予定派遣の一番のデメリットとなります。

希望の病院や施設で紹介予定派遣を行っていれば一番良いですが、なかなかそのようなことはありません。

看護師の体験事例

看護師の体験事例

看護師の体験事例紹介予定派遣は求人の性質から、病院名や施設名が伏せられていることが多いです。
そのため、派遣会社に看護師として登録して初めて分かるので、少し厄介だなと私は感じました。

派遣中は職場側から評価される

紹介予定派遣で看護師が働く際は、直接雇用を前提にしているため、職場側から

  • 「仕事ができる人材(看護師)であるのか」
  • 「雇用し続けたい人材(かんごし)であるのか」

等を評価されます。

自分が行いたい仕事であり「頑張りたい」と感じたとしても、その職場で必要だと思ってもらえなければ働き続けることができないのはデメリットとなります。

看護師の体験事例

看護師の体験事例

看護師の体験事例私は紹介予定派遣で働き、そのまま正職員として働きましたが、派遣期間中は「評価されている」と感じることが多い印象でした。
管理職の看護師も、本当に雇用するかを見極めなければならないため、必要以上に出来る仕事や、私の仕事ぶりはチェックされました。

直接雇用時に条件が変わる可能性もある

デメリットにもメリットにもなりえますが、紹介予定派遣中に看護師の働きぶりをみて、直接雇用するための条件が変更される可能性があります。

良い方向に変更されることでメリットになりますが、基本的には評価を行っての判断となるため、悪い方に変更される可能性が高いと言えるでしょう。

また、派遣時の時給換算した月額給与よりも、少なくなる可能性もあり、直接雇用された場合の労働条件の確認は、派遣前に必ず行っておきましょう

派遣期間中は雇用が安定しているとはいえない

紹介予定派遣中は、あくまで看護師の派遣であるため正職員と同じ条件で働いていても、その間は雇用が安定しているとは言えません。

(社会保険などの最低限の福利厚生となり、福利厚生が充実はしていない場合が多いでしょう。)

また、紹介予定派遣が長ければ長いほど、正職員で働くことが先延ばしになってしまうため、少しの期間でも正職員でいることにこだわる場合は、デメリットに感じます。

特に紹介予定派遣先で入職できなかった場合、その不安も大きくなることでしょう。

派遣のメリットがなくなる

正職員と比較した場合、看護師派遣のメリットとしては、「仕事内容」と「勤務時間」、「働く期間」となります。

派遣看護師の仕事内容に置いては、担当業務以外の業務はあまり行わない場合が多く、勤務時間も希望日数や希望時間で働くことができ、働く期間も決まっているため割り切って看護師として働けることがメリットとなります。

しかし、紹介予定派遣の場合は、雇用されることが前提となるため、仕事内容は通常の正職員の看護師と同様、勤務時間もフルタイムと同様となる場合が多く、一般派遣で得られるメリットがなくなってしまうことがデメリットと言えます。

(入職前の面接等で交渉し、勤務時間に融通が利く場合もあります。)

根気よく続ける気持ちが薄れる

看護師として正職員として転職した場合、ある程度嫌なことや、合わないと感じた場合でも、多少は「もう少し頑張ってみよう」と続けることが可能です。

また、仕事内容や職場によっては、長く続けることで得られる充実感などもあるでしょう。

しかし、紹介予定派遣の場合、契約期間が終わればすぐに辞めることができるため、初めから正職員として入った場合より、根気よく続ける気持ちは薄れ、デメリットになる可能性もあります。

直接雇用に至らない場合もある

紹介予定派遣期間終了後、看護師から直接雇用を断る事もできますが、反対に病院・施設側が雇い入れないことを選択される場合もあります。

また、直接雇用に至らなかった場合その理由を明示されるため、理由を知った場合、ショックを受ける可能性があることがデメリットです。

(派遣会社によっては看護師に伝えない場合もあります。)

次の転職や紹介予定派遣に活かせると前向きに考えることで、デメリットではなくなりますが、採用に落ちるとやはりショックを受けるでしょう。

看護師の紹介予定派遣が多い派遣会社

看護師の紹介予定派遣が多い派遣会社

すべての看護師専用の派遣会社で紹介予定派遣を行っている訳ではありません。

また、紹介予定派遣は直接雇用を前提とするため、新しい勤務先に雇用されるための条件交渉が必ず必要となります。

そのため、なるべく看護師転職サイト(看護師専用の転職エージェント)を合わせて運営している派遣会社をおすすめします。

紹介予定派遣が豊富!看護のお仕事派遣

看護のお仕事派遣

相談求人数条件交渉フォロー
2重丸2重丸2重丸2重丸
サイト名看護のお仕事派遣
運営会社
(派遣登録)
レバレジーズメディカルケア株式会社
(労働者派遣事業 派13-310987)
派遣求人
(公開求人)
常時12,000件前後
非公開求人とても豊富
対応職種正看護師、准看護師、保健師、助産師
対応派遣一般派遣(登録型派遣)、産休代替派遣、紹介予定派遣、単発派遣
対応施設病院、クリニック、介護施設(介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、有料老人ホーム)、デイサービス、訪問看護、健診センター、保育園、障害者施設、地域包括支援センター
支店東京都(2)、大阪府、愛知県、埼玉県、広島県、千葉県、神奈川県、福岡県、京都府
対応エリア北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴・初回相談は来訪、電話等選べる
・担当者と相談の上、派遣先を提案・決定
・院内・施設内情報に詳しい
・派遣前の職場見学も可能
・LINEでのやり取りが可能
・出勤日から社会保険に加入できる

看護のお仕事派遣は、紹介予定派遣の看護師求人が、どの派遣会社よりも豊富です。

そのため、紹介予定派遣を考えた場合は、看護のお仕事派遣を必ず利用しておきましょう。

また、「看護のお仕事」という看護師転職サイトも運営しているため、条件交渉や待遇などの交渉も含め、すべて任せることが可能です。

公式サイト:https://kango-oshigoto.jp/feature/haken/

介護施設の紹介予定派遣なら!MCナースネット

MCナースネット

相談求人数条件交渉フォロー
まるまる三角2重丸
サイト名MCナースネット
運営会社
(派遣登録)
株式会社メディカル・コンシェルジュ
(労働者派遣事業 派13-070607)
派遣求人
(公開求人)
常時3,000件前後
非公開求人とても豊富
対応職種正看護師、准看護師、保健師、助産師
対応派遣一般派遣(登録型派遣)、産休代替派遣、紹介予定派遣、単発派遣
対応施設デイサービス、デイケア、介護施設、巡回入浴、イベント・ツアーナース、健診、クリニック、病院外来・病棟
支店東京都(3)、大阪府(3)、愛知県、埼玉県、広島県、千葉県(2)、神奈川県(2)、福岡県、京都府、北海道、宮城県、兵庫県、岡山県、香川県、静岡県(2)
対応エリア北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴・単発の派遣求人がとても豊富
・派遣登録後にシステムから派遣求人を選択できる
・担当者に相談、求人を提案してもらうことも可能
・入社時研修、年次研修がある
・給与先払いシステムがあり、先に貰うことが可能

MCナースネットは、単発の派遣求人も多いですが、介護施設の紹介予定派遣も豊富です。

さらに、看護師の働き方に合わせて、正職員、パート・アルバイト、一般派遣などにも切り替えることが可能なため、登録して損がない派遣会社と言えます。

こちらも余裕があれば、他の求人も比較できるため、合わせて登録しておきましょう。

公式サイト:https://mc-nurse.net/

派遣のプロ!ナースパワー

ナースパワー

相談求人数条件交渉フォロー
2重丸三角三角まる
サイト名ナースパワー
運営会社
(派遣登録)
株式会社ナースパワー人材センター
(労働者派遣事業許可番号:派43-300006)
派遣求人
(公開求人)
常時3,000件前後
(応援ナース:常時800件前後)
非公開求人あり
(公開している求人が非公開の場合が多い)
対応職種正看護師、准看護師、保健師、助産師
対応派遣一般派遣(登録型派遣)、産休代替派遣、紹介予定派遣
対応施設病院、クリニック、介護施設(特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、デイサービス、有料老人ホーム、小規模多機能)
支店北海道、宮城県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、長野県、京都府、大阪府、岡山県、広島県、愛媛県、福岡県、熊本県、沖縄県
対応エリア北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴・「応援ナース」という中期派遣のトラベルナースがある
引っ越し費用や、家賃などを完全負担

ナースパワーは「応援ナース(中期の看護師派遣)」で有名ですが、紹介予定派遣求人も取り扱っています。

看護師専用の派遣を行っている老舗の派遣会社のため、こちらも合わせて検討しておきましょう。

公式サイト:http://www.nurse-pw.jp/

まとめ

看護師の経験を元に紹介予定派遣として働くメリット・デメリット等について説明しましたが、積極的に転職活動する看護師におすすめの働き方だと言えます。

また、紹介予定派遣で働いている間にできるだけ色々な情報を収集し、正職員として働き続けられるかの判断をするために、できるだけ様々な人とコミュニケーションを取って内情を知ることも大切です。

しかし、派遣期間終了後に、採用を拒否される可能性もあるため、出来るだけ早く転職したい看護師にとってはタイムロスとなりデメリットになりえます。

ただ、自分の仕事ぶりに自信がない看護師でも、働きを見て採用してもらえるという点では採用が決まれば自信に繋がるでしょう。

気になる職種や職場がある場合は、紹介予定派遣の働き方を体験してみることがおすすめです。

参考文献等

関連記事

最新コンテンツ

看護師の転職準備

看護師の転職準備

看護師の転職求人

看護師転職求人

看護師の転職サイト

看護師転職サイト

看護師の転職必要書類

看護師の履歴書

看護師の病院見学(転職時)

看護師の病院・施設見学

看護師の面接対策

看護師の面接対策

看護師の退職

看護師の退職

看護師の内定・入職

看護師の内定・入職

看護師の転職後

看護師転職後の悩みやトラブル

看護師の年代別転職

年代別看護師転職

看護師のライフスタイル別転職

看護師のライフスタイル別転職

看護師の勤務先別転職

勤務先別の看護師転職

現役看護師「なるにわ」ガイド

現役看護師の「なるには」ガイド

看護師派遣

看護師の派遣

TOP

株式会社peko

法人番号:4010001168708

〒101-0048 東京都千代田区神田司町2-13 神田第4アメレックスビル 4F

 

当サイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。