年代別の看護師転職

50代からの看護師転職!働き方や難しいと悩む方はチャレンジを

50代看護師転職は管理職としてバリバリ働く方と夜勤のない介護施設などで比較的余裕を持って働く方とで分かれており、給与や年収の個人差が非常に大きくなっています。

子育ても一段落して収入よりも自分の働き方やライフスタイルを重視し、自分に合った仕事を探している方が多くなる中でニーズの高まる介護の分野に転職する方も増えています

50代の看護師転職では長年の経験から得られた確かな看護技術だけでなく、この年代だからこそ持っている安心感のある雰囲気も強みとなる大切な要素の一つとなります。

30代や40代の頃の転職と比較し、選択肢が多いわけではありませんが、自分の働き方に合った職場への転職を実現させるために、看護師50代からの働き方とキャリアの考え方や、おすすめの職場、転職するためのコツ、50代看護師に人気の看護師転職サイトを説明していきます。

目次

50代の看護師転職は難しくない!?

50代の看護師転職は難しくない!?

結論からお伝えすると、職場・雇用形態を限定しなければ希望条件に合わせて50代の看護師でも転職は可能であり、難しくないと言えます。

また、ブランクがある場合でも、パート看護師を選択することで求人の幅が広がり、実績を積んでから正職員へ転職の道もあります。(正社員での就職も可能です。)

理由1:50代看護師が活躍できる求人が豊富

20代後半や30代の看護師と比較すると、採用される求人数は少ないかもしれませんが、「50代を歓迎している」「50代が活躍している」求人や職場は多いと言えます。

主に、以下のような職場で50代看護師が転職し、活躍しています。

  • 病院(外来・病棟)
  • 老人保健施設
  • 特別養護老人ホーム
  • 有料老人ホーム
  • 訪問看護ステーション
  • サービス付き高齢者向け住宅
  • クリニック(診療所)

以上のことを考えると、30代、40代の看護師が転職で選択できる病院・施設と差がありません

そのため、50代の看護師転職の場合、病院・施設が求める50代看護師とマッチすることが大切となります。

理由2:50代看護師の転職率が高い

平成30年のナースセンターが出している「看護職の求職・求人・就職に関する分析報告書」では以下のような結果が出ています。

年代別看護師の転職数・転職率
24歳以下3.6%(2,439人)
25~29歳10.2%(6,878人)
30~34歳10.4%(7,013人)
35~39歳12.9%(8,692人)
40~44歳15.7%(10,591人)
45~49歳14.9%(10,083人)
50~54歳12.9%(8,722人)
55~59歳8.8%(5,966人)
60歳以上10.7%(7,213人)

50代前半の看護師は、30代前半の看護師よりも転職率が高い結果が出ています。

また、50代後半では職場に定着するため転職率が低くなっており、定年退職の年齢である60歳以上でまた、20代後半や、30代前半の看護師より高い転職率となっています。

そのため、50代看護師で転職する看護師の割合は多く、60代以降のキャリアを見据えて転職する必要があると言えます。

理由3:管理職や若手のまとめ役として重宝する

50代看護師は、雇用側から管理職、又は管理職候補の人材として見られることや、看護師としての経験から若手看護師のまとめ役として重宝される年代です。

転職する看護師としては、出来る限り今までの経験や知識をフル活用しながら自分らしく働ける職場を探すことが大切です。

50代看護師でブランクがない場合、雇用側と働く看護師の想いがマッチしやすく、スムーズに転職先を見つけることも可能といえます。

注意:50代でブランクがあり復職する場合

50代の看護師でブランクがあり復職を考えている場合は、ブランクの期間によっては転職・就職活動を苦労する可能性が高いと言えます。

理由として雇用側が求めている「看護師としての経験」に該当しない場合があるからです。

しかし、看護師免許を保有しており、過去に臨床経験がある場合は、介護施設関連の求人は多く、医療処置が比較的必要ない求人を選択することで、転職がスムーズにいく確率は上がると言えるでしょう。

看護師によってブランクの期間が違うため、復職に不安な場合は一度「ブランク明けの看護師の復職マニュアル!準備やおすすめの職場」を確認しておきましょう。

看護師50代からの働き方とキャリアの考え方

看護師50代からの働き方とキャリアの考え方

日本は超高齢化社会に入っており、ほぼ半数の日本人女性が90歳、男性は84歳まで生きることができます。(内閣府:高齢化の状況

そのため、今の日本は人生100年時代に突入したと言われています。

このような状況を踏まえ、職員が出来るだけ長く働き続けられるよう定年制を見直す病院・施設が増えています。

また、人生100年時代を見据えた場合、50代の看護師はちょうど人生の折り返し地点に立ったことになり、既存にとらわれない形や時代の変化に合わせてキャリアを積んでいく働き方が重要となるでしょう。

50代の看護師として、具体的にどのように働き方を考えるべきなのか、キャリアを積んでいくべきなのか働き方をご紹介します。

定年60歳を引退のゴールとして考えない

50代看護師が約10年の60歳で看護師を辞めた場合、平均寿命から考えて約30年間は何をして過ごすでしょうか。

現実的に定年後の30年、年金の受給額だけでは生活は難しい可能性が高く、看護師として収入を得ない限り貯蓄を切り崩して生活していくことになります。

そのようなことにならないために、50代の看護師転職では60歳定年での引退をゴールとして考えない方が良いと言えます。

そのため50代看護師は、年齢の影響で今の仕事を継続できなくなったら転職するという視点を持っておくと良いでしょう。

定年後に転職できるか考えて50代でキャリアを積む

看護師が定年後も現役を続けるといっても身体の衰えはつきもので、新しいことに適応しにくくなったり、近いものが見えにくくなったり、関節が痛くなるなど、仕事を満足にこなせなくなる状況も発生してくることでしょう。

しかし人生100年時代の今、看護師としてのキャリア形成は一生続くと考えてみましょう。

そのため、50代看護師転職を考える今だからこそ、定年後にどう転職できるかをある程度考えながら転職し、キャリアを積む必要があります

なお、看護師の仕事は頭も体も両方使うものですが、主に頭を使う、または体を使って働くという2通りの仕事に分類されます。

その2通りにより定年後の転職の仕方も異なり、次にそれぞれのキャリアの積み方をご紹介します。

主に「体」使う看護師のキャリアの積み方

体を使って臨床で患者ケアを続けていきたい看護師は、50代看護師転職の今だからこそ、定年後にどのような需要があるかを予測すると今後のキャリアの積み方がみえてきます。

今後、2025年問題で話題になっている通り、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者を迎え、医療・介護サービスを受ける人数は急激に増え、その後も緩やかに増え続けると予測されています。

さらに、高齢化率は最低でもあと50年間上昇し続けます。(厚生労働省/今後の高齢者人口の見通しについて

この社会背景を踏まえると、定年後も看護師として活躍できる場は、認知症ケア関連、高齢者単独世帯への医療サービス提供となっていくと予測できます。

体を使う看護師に50代からできることとして、まずは臨床からなるべく離れないことです。

そして、臨床で知識・技術を磨き続けながら、高齢者看護に関わるつもりで勉強会や研修会に参加し、知識を蓄えておくことをおすすめします。

臨床に関わることで高齢者を看る機会は沢山あり、基礎知識があれば日々の臨床で実践力に磨きをかけることができます。

また、状況は年々変わっていくため、国の方針、医療の面からみた社会制度の成り立ちと変化に関する情報を得続けることも大切です。

主に「頭」を使う看護師のキャリアの積み方

頭を使って働き続ける看護師とは、管理職・研究職等の、看護師免許を持っているものの臨床で患者ケアに直接あたらない看護師が主に想定されます。

体の衰えからくる仕事への影響がほとんどないため、定年の縛りがなければ現職を続けられるだけ続けるのが一番のキャリアの積み方でしょう。

主に頭を使う方を選んだ看護師が今の仕事に限界を感じたら、枠は少ないかもしれませんが同様の仕事ができる転職先を見つけるか、看護とは無関係の仕事でやりたいことをやる、という選択肢があるでしょう。

臨床技術から長年離れているため、定年後に直接的な患者ケアにシフトするのは難しいからです。

そのため、50代看護師のうちにキャリアを見据えた転職を行い、人脈を豊富に作り、定年という制限がきてもなるべく長く働けるような環境づくりを今からしておくことが必要です。

在宅ケアでも通用する看護師のキャリアを積む

大都市では特に、認知症ケア、高齢者単独世帯の増加に伴い、現在の医療サービスの枠を超えたサポートを必要とする人が増えてくると予測できます。

そのため、在宅ケアでも通用するキャリアを積んでおくことも、50代看護師転職では今後有利にはたらく場合があるでしょう。

まず在宅ケアでも通用するキャリアを積むために、看護師のジェネラリストを目指し、経験を積むことも大切です。

在宅ケアでは手術前後の患者も対象になり外科の知識も必要ですが、プライマリケアがメインになるため、様々な疾患の内科的・精神科的な知識が役立ちます。

幅広く様々な診療科・分野をカバーするのはとても大変ですが、ひとつの診療科に偏らず様々な経験がある方が有利だと言えます。

家族看護のスキルを身に付けることも検討しよう

在宅ケアの分野おいては、家族看護のスキルも求められます。

理由として在宅ケアでは、家族の力に頼る部分が病院と比較して大きくなるからです。

もちろん一人暮らしの患者もいますが、家族がいる患者は患者と家族をひとつのセットとしてケアするため、家族看護の知識があると在宅ケアに役立ちます。

50代の看護師転職で病院を希望している場合、家族看護が必要な患者のプライマリーナースに積極的に立候補するなどして、出来るところから経験を積んでいくと良いでしょう。

医療・介護制度の知識も学べる職場へ

看護師が医療・介護制度の知識を得ることも、在宅ケアで通用するキャリアを積むために必要なことです。

病院にいると患者が支払う料金について看護師はあまり気にしなくて済みますが、在宅では患者が受けられるサービスが制限されたり、自分たちの介入自体が患者の経済的負担になったりすることもあります。

そのため、医療・社会制度を知り、どの方法をとるのが患者にとって最善かを考える必要があるのです。

看護師が在宅ケアに携わるうえで、

  • 病院受診が必要なのか
  • 在宅のままで良いのか
  • 生活の場を施設に移した方がよいのか

なども、一人一人の状況に合わせて考える必要があり、医療・介護の仕組みを知らないと患者に最善を尽くせません。

看護師で居続けることにこだわる必要はない

50代の看護師転職では、まだ看護師免許を利用して転職活動を行う方がスムーズに行えることは間違いありません

しかし、60歳、65歳となったときに極論を言ってしまえば、看護師で居続けることにこだわる必要はありません

そのため、10年先、20年先のキャリアや看護師の働き方を見据え、50代の看護師転職を行うと良いでしょう。

定年は多くの職業に訪れますが、その後の人生は長く続きます。

50代看護師転職を考えている今だからこそ、定年を仕事のゴールと考えず、その後も転職し仕事を継続できるよう、今から知識とスキルを磨き、人脈作りをしておくと後に違いが出るでしょう。

50代の看護師は雇用側にはどう見られるか?

50代の看護師は雇用側にはどう見られるか?

50代の看護師転職時に病院・施設などの雇用側から、一般的にどのように見られているかを説明していきます。

50代看護師が雇用側に期待されること

50代看護師が雇用側に期待されることとしては、以下の内容が挙げられます。

  • 若手の教育目的での採用
  • 看護師の経験・即戦力
  • 管理職候補、又は管理職
  • 離職率の低さ

50代の看護師の場合は、仕事でもプライベートでも豊富ない経験があることが一番のメリットであると考える雇用主が多く、看護師を教育した経験も重宝してきます。

また、一部の介護施設等では組織を活性化してほしい(マニュアルの整備や新人の指導等)という目的の場合もあります。

50代看護師を採用する場合、ベテラン看護師の良い人材を見つけることが今後の病院・施設や若い看護師のためにはとても重要なことだと考えている雇用主だと言えます。

50代看護師が雇用側に不安視されること

50代看護師を雇用側が採用される場合、不安視されることは以下の3点です。

  • 人件費の高さによる懸念
  • 扱いづらさによる懸念
  • 職場によっては夜勤ができるのか懸念

人件費に関しては特に介護施設などが多く不安視しており、50代の看護師平均年収は看護師のキャリアの中でピークを迎えるためとても高いためです。

そのため、実力や経験値が高い看護師を採用した場合は、人件費が問題となり、経験値が浅い看護師を採用した場合、年齢による扱いづらさの懸念や、周囲と上手く仕事が行えるかの不安が出てきます。

50代看護師の転職時の注意点として、転職理由は雇用先が納得できる理由を伝えること、給与の交渉は適度に行うことが大切です。

また、はじめて仕事を教わる場合は自分より若い看護師に教わることを覚悟しておきましょう。

看護師の年齢別平均年収

看護師の年齢別平均年収(2021年度版)

年代平均年収平均給与
20歳~24歳3,488,000円
(賞与:429,200円)
254,900円
25歳~29歳4,179,800円
(賞与:785,000円)
282,900円
30歳~34歳4,506,000円
(賞与:844,800円)
305,100円
35歳~39歳4,661,800円
(賞与:845,800円)
318,000円
40歳~44歳4,915,300円
(賞与:969,700円)
328,800円
45歳~49歳5,285,800円
(賞与:1,049,800円)
353,000円
50歳~54歳5,661,600円
(賞与:1,167,600円)
374,500円
55歳~59歳5,445,100円
(賞与:905,500円)
378,300円
60歳~64歳5,206,300円
(賞与:972,700円)
352,800円
65歳~69歳3,895,900円
(賞与:454,300円)
286,800円
70歳~4,570,800円
(賞与:0円)
380,900円
  • 出典:2021年度発表 厚生労働省:令和2年賃金構造基本統計調査より
  • 計算方法:平均年収の計算方法は「所定内の給与金額×12+年間賞与・その他特別給与額」となります

50代看護師の転職理由と伝え方

50代看護師に良くある転職理由は以下の通りです。

体力面での限界年齢を重ねたことにより、体力的に現在の仕事を続けることが不可能になったため」「持病が悪化して現在の仕事を続けることが困難になったため」などが理由として挙げられます。
能力面での限界「年齢を重ねたことにより、能力的に現在の仕事を続けることが不可能になったため」「職場のシステムが改善され、新しいことに対応できないため」などが理由として挙げられます。
親の介護子どもが自立している家庭が多い反面、50代になると親の看護を原因で働く時間を制限しなければならない場合や、雇用形態を変更して働こうと考える看護師が40代より圧倒的に増え、転職する理由となります。
人間関係一般的なトラブル以外にも「管理職ゆえの人間関係のトラブルに耐えられないため」「上層部とスタッフの板挟みになる状況に精神的な限界を感じたため」など、役職に携わる機会の多い50代ならではの理由が挙げられます。
待遇の不満「年齢や功績に応じた給与が支払われないため」「上が詰まっており管理職として働くことができない」などの待遇面での転職理由となります。
残業の多さ50代では残業や拘束時間の長い勤務も、体力的にも精神的にも辛くなります。残業の有無は職場にとってかなり違うため、残業のない生活が魅力で転職する看護師もいます。
仕事内容体力的な問題もありますが、年齢的にハードな第一線を退いて療養系の病院や介護施設など、それほど忙しくない職場への転職を希望する人が多くなります。また、希望の職場に転職することや、自分の年齢が高くなったことで、介護などの分野に関心を持つ場合もあります。

50代看護師の転職理由は、40代看護師と似ていますが事態の深刻さは40代よりも50代の方がより深刻であるといえます。

40代に感じていた職場での不満や体力的な問題が加速するため50代の看護師は転職したいという思いが強く、理由も明確であるというのが大きな特徴となり、雇用する側も理解している場合が多いと言えます。

そのため、転職するための転職理由・退職理由の伝え方としては「家庭の事情」や「年齢的な問題」「学ぶための転職」であることを説明すると良いでしょう。

自身で転職するための目的を考え、間違っても職場環境や待遇面などの話をしないでおきましょう。

50代看護師転職でおすすめの職場

50代看護師転職でおすすめの職場

50代看護師の転職でおすすめの職場は「50代の看護師が活躍している」職場となります。

管理職を募集している介護施設・病院

管理職を募集している介護施設・病院

看護師の管理職求人は少ないですが、実際には実在します。

主に病院や介護老人保健施設、介護老人福祉施設で管理職、管理職候補の50代看護師に適した求人があります。

(経験がある場合は管理職、未経験の場合は管理職候補となります。)

ただし、管理職の求人の場合、外部から募集するため「非公開求人」となる場合が多く、看護師転職サイトの利用は必須と言えます。

以下、50代看護師に人気の看護師転職サイトに登録し、条件に合う管理職求人を探してもらいましょう

50代看護師が活躍している介護施設

50代看護師が活躍している介護施設

介護施設の場合、管理職の看護師を目指さなくても50代看護師がスタッフナースとして活躍しています。

例えば、以下のような介護施設がおすすめです。

  • 特別養護老人ホーム(特養)
  • 介護老人保健施設(老健)
  • 有料老人ホーム
  • サービス付き高齢者住宅
  • デイケア
  • ショートステイ(小規模多機能型居宅介護等)

医療処置も少なく介護士がメインで働く職場のため、介護の仕事は介護士が一般的に行ってくれるため、体力的にも余裕を持って働くことが可能です。

ただし、介護施設には体力的にハードな現場も一部あり、待遇の良い施設を厳選すれば、勤務時間や働き方を調整することも可能です。

また、オンコール対応や夜勤、又は介護の仕事を看護師が行う施設もあるため、仕事内容の詳細はしっかりと確認しておきましょう

小規模なクリニック(診療所)

小規模なクリニック(診療所)

50代看護師は多くクリニックで活躍しています。

クリニックに転職を考える場合は、自分の経験がある診療科、又は眼科、皮膚科、耳鼻科など急変の少ない診療科を選択することがおすすめです。

手術などを取り扱わない小規模なクリニックでの仕事は体力的に楽であり、残業も少ない傾向があります。

また、覚えなければならないことも限られているため、50代で初めてクリニックで働く場合でも適応しやすいと言えます。

ただし、看護師が病院で行う以外の仕事や、給与・年収が低い傾向があるため納得した上で選択するようにしましょう。

ただ、給料が低めであるのが一般的ですので、納得した上で仕事を選ぶようにしましょう。

デイサービス(通所介護)

デイサービス(通所介護)

デイサービスは日勤のみであり、新しく覚えなければならないことも限られているため、50代看護師にはおすすめの職場だと言えます。

主な仕事内容としては、以下となり医療行為が少ないことが特徴です。

  • 利用者の体調管理
  • 持参薬の管理
  • 利用者の日常生活援助
  • 利用者とのコニュニケーション

また、働く時間も決まっている場合が多く、残業も基本はない施設が多いと言えます。

ただし、第一線で働いてきた看護師にとっては仕事が物足りないと感じる場合もあるため、注意しましょう。

健診センター

健診センター

健診センターは基本的には日勤のみで、仕事内容もパターン化しているため、50代看護師が初めて転職しても適応しやすい職場だと言え、おすすめです。

さらに、採血が得意なベテラン看護師は重宝され、今まで経験で培ったコミュニケーション能力も発揮することが出来ます。

健診センターは仕事が一定で覚えやすく50代看護師でも、精神的に安定して業務をすることができます。

さらに詳しくは「健診センターへ転職する看護師のメリット・デメリット!楽な仕事ではない?」を確認しておきましょう。

訪問看護ステーション

訪問看護ステーション

在宅医療を学びたい方や、仕事や人間関係に疲れたという50代看護師には訪問看護ステーションがおすすめです。

個人で行動する機会が多い仕事であるため、これまでの経験や知識を活かしてマイペースで仕事を行うことが可能です。

また、60歳以降でも採用を行っている施設も多く、今後のキャリア形成も見据えることが可能です。

ただし、車や自転車(電動自転車の場合もある)で、訪問先を移動しなければならないため、移動手段や活動範囲に関しては各訪問看護ステーションで詳細を確認しておきましょう。

詳しくは「看護師転職時の訪問看護ステーションの選び方!11つの確認項目」を参考にしてください。

比較的規模が大きい病院の外来

比較的規模が大きい病院の外来

50代の看護師には、今まで培ったコミュニケーション能力や、経験を発揮することが可能な病院の外来もおすすめです。

比較的規模の大きな病院の外来であれば、自身が経験した診療科に合わせて外来を選択することも可能なため、専門的な分野の知識を活かすことも可能です。

また、勤務時間も決まっている場合が多く、日勤のみが基本となり体力的には楽と言えます。

患者さんと関わっていたい、アセスメント力を活かして仕事をしたいと考える場合は、候補の1つに入れておきましょう。

50代看護師の転職のコツ

50代看護師の転職のコツ

50代看護師ならではの、看護師転職のコツを説明していきます。

これまでの経験が活かし、キャリアが積める仕事を選ぶ

50代看護師転職の場合、一番の武器は「これまでの看護経験」となります。

また、経験を活かすことにより精神的にも楽であり、記憶力が衰えてもこれまで培った知識や経験が支えとなって自分自身を助けてくれます。

そのため、

  • これまでの経験を活かすことができる仕事
  • 自分が得意だと感じる仕事
  • これまでの看護師人生でこの仕事が好きだと感じられた仕事

以上の仕事を選択し、(定年のその先を考えて)キャリアを積むことができる職場を選択すると良いでしょう。

退職後のことも視野に入れること

定年退職後にどのような人生を送るか、転職前に一度必ず考えましょう。働き続けることでも、趣味を充実させることでも構いません。

50代でかつ正規雇用の看護師転職の場合は数多く行えるものではありません。

今後のライフプランを考えた転職をするように心がけましょう。

50代看護師のネガティブなイメージを持たれないようにする

20代や30代の看護師なら、病院・施設側もこれからじっくり育てていこうと考えるかもしれませんが、50代の看護師を採用する場合、そのように考える雇用主は少ないでしょう。

50代の看護師転職では雇用主は以下のようなネガティブなイメージを持つことがあります。

  • 体力や適応力の低下があること
  • 自己主張が強く扱いにくい
  • 若い看護師たちになじめない

そのため、ネガティブなイメージを払しょくするために、

  • 長期で働く意志があること(定年まで)
  • 転職理由は周囲が納得する理由であること
  • 仕事に取り組む姿勢をPRすること
  • 今までの経験や知識を活かせること
  • 即戦力で働けること
  • 若手の教育を行えること

以上のことを、履歴書・職務経歴書や面接時にアピールすると良いでしょう。

このポイントを押さえた転職活動を行うことが50代看護師転職成功の秘訣となります。

50代看護師転職の心構えを持っておく

50代ともなると前職でかなり長い期間働いていたという看護師も多いかもしれません。

50代の看護師転職では以下のことを覚悟し、転職する心構えが大切です。

  • 前職における居心地の良さを失うことは覚悟する
  • 新人看護師の気持ちで仕事を教えてもらう必要がある
  • 自分より若い看護師に指示される可能性があること
  • 嫌で逃げていた看護師の仕事も行う必要があること
  • 看護師免許がなくても出来る仕事も行わなければならないこと

以上のことは覚悟しておきましょう。

ベテラン看護師だからと許されていたこと、後輩看護師たちが気をつかってくれていたこと、我慢してくれていたことなどがあったかもしれません。

転職先でのあなたの立場は「新人看護師」となるため、転職先で立場が逆転することにより、この事実を思い知らされることもあるでしょう。

以上を理解していない場合、転職先でストレスとなり、うまくいかずに転職を繰り返す可能性があります。

あきらめる必要はないが無理もできないと悟る

50代になってこれまでの経験を活かしてさらにステップアップしたいという志の高い方もいらっしゃるかもしれません。

もちろん、50代であっても最大限、努力することは必要であり、年齢を言い訳にして甘えたり逃げたりするべきではないでしょう

しかし一方で、体力面や適応力などにおいて若い頃のように無理がきかないという事実も理解しておくべきです。

がむしゃらに頑張ればなんとかなったあの頃とは違うのだと自覚しておかないと、体調を崩して後悔するような事態を招きかねません。

努力は惜しまないが無理もできないことを悟り、ベストな転職先を選びましょう。

看護師転職サイトを使い倒す

50代看護師転職の場合、無料で利用できる看護師転職サイト(看護師専用の転職エージェント)を複数登録し、使い倒す気持ちで利用しておきましょう。

会員登録すると希望条件や年齢に合わせて、求人を提案してくれますが、より多くの求人を比較するために複数登録は必須と言えます。

例えば、ハローワーク等で探すことでも良い求人に出会える場合もありますが、「本当は若手の看護師が欲しい」などの場合でも、雇用主は募集要項に年齢を制限することはできません。(募集・採用における年齢制限禁止

しかし、看護師転職サイト利用することで、専任の担当者が病院・施設が「希望する看護師の年齢や経験」を確認、又は情報を持っているため、50代看護師が、より採用されやすい求人に多く出会うことが可能となります。

また、看護師専用の転職エージェントのため、以下のサービスを無料で受けることが可能です。

  1. 転職の相談
  2. 条件に合う求人の提案
  3. 履歴書や職務経歴書の添削
  4. 模擬面接の実施
  5. 面接などの設定・同行
  6. 内定手続きの紹介

待遇面や勤務条件、今後のキャリアを見据えた場合は必ず利用しておきましょう。

50代看護師に人気の看護師転職サイト

50代看護師に人気の看護師転職サイト

50代看護師に人気の看護師転職サイト(看護師専用の転職エージェント)の条件は以下の通りです。

  • 担当者が親切で丁寧であること
  • 50代看護師が転職可能な求人情報が豊富であること
  • 病院以外にも選択できる職場が豊富なこと
  • 転職完了までしっかりとサポートしてくれること
  • 正職員以外の雇用条件が豊富にあること

以上のことが挙げられます。

上記の点を踏まえ、利用した50代看護師に人気の転職サイトを3つご紹介します。

先ほどお伝えしたように、多く求人を選択できるように3社とも無料会員登録(複数登録)を行い、求人を比較しながら転職活動を進めましょう。

丁寧な転職のプロ「マイナビ看護師」

マイナビ看護師

転職相談面接対策条件交渉退職相談
2重丸2重丸2重丸2重丸
総合評価担当対応求人の質サービス
3.83.93.73.7
サイト名マイナビ看護師
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数58,927件
(2022年5月12日時点)
非公開求人とても豊富(保有求人全体の約40%非公開)
対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師、ケアマネージャー
対応
雇用形態
正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託その他
対応
勤務形態
常勤(二交替制)、常勤(三交替制) 、夜勤なし、夜勤専従
対応施設病院、クリニック・診療所、美容クリニック、施設、訪問看護ステーション、看護師資格・経験を活かせる一般企業、治験関連企業(CRA、CRCなど)、保育施設 、その他
対応
診療科目
美容外科、小児科、産科、婦人科(レディースクリニック)、整形外科、循環器内科、心療内科、消化器外科、心臓血管外科、スポーツ整形外科、脳神経外科、眼科、形成外科、消化器内科、歯科、精神科、血液内科、外科、内科、神経内科
対応配属先病棟、外来、手術室、内視鏡室、ICU、透析、救急外来、訪問看護、管理職の仕事
対応エリア北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴・転職の相談から行える
・キャリアアドバイザー親切丁寧
・退職交渉も可能
・企業系のレア求人を豊富に保有

マイナビ看護師は、丁寧で親切な担当者が転職活動をプロとしてサポートしてくれる看護師転職サイトです。

様々な年代の看護師から、一番苦情やクレームが少ないことが特徴で、50代看護師にも人気があります。

求人も病院以外の求人が豊富にあり、非公開求人も豊富にあることから、50代看護師でも求人を見つけやすく、必ず利用しておきたい看護師転職サイトです。

公式サイト:https://kango.mynavi.jp/

50代看護師求人が豊富な「看護のお仕事」

看護のお仕事

転職相談面接対策条件交渉退職相談
2重丸2重丸2重丸2重丸
総合評価担当対応求人の質サービス
3.94.13.64.0
サイト名看護のお仕事
運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
公開求人数133,292件
(2022年5月12日時点)
非公開求人豊富
対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師
対応
雇用形態
常勤(夜勤有り)、日勤常勤、夜勤専従常勤、夜勤専従パート、非常勤、派遣、紹介予定派遣
対応施設総合病院、一般病院、クリニック、特別養護老人ホーム(特養)、訪問看護、有料老人ホーム、デイサービス、重症心身障害者施設、保育園、検診センター
対応
診療科目
内科、精神科、心療内科、小児科、外科、整形外科、皮膚科、産婦人科、眼科、歯科、美容外科、美容皮膚科
対応配属先病棟、外来、施設、訪問、手術室(オペ室)、透析、内視鏡
対応エリア北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴・看護師の転職求人が豊富
・転職支援サービスが手厚い
・転職の相談から行える
・院内・施設内情報に強い

看護のお仕事は、看護師転職サイトの中でも一番多くの看護師求人を保有している会社です。

また、ハローワークに出てくる看護師求人も把握しているため、50代でも転職可能な求人が豊富に見つかりやすいといえます。

40代、50代看護師からの人気も高く、担当者が丁寧に説明、転職までサポートしてくれます。

公式サイト:https://kango-oshigoto.jp/

非公開求人もある「ナースではたらこ」

ナースではたらこ

転職相談面接対策条件交渉退職相談
まる2重丸2重丸三角
総合評価担当対応求人の質サービス
3.73.83.53.8
サイト名ナースではたらこ
運営会社ディップ株式会社
公開求人数94,324件
(2022年5月12日時点)
非公開求人豊富
対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師
対応
勤務形態
常勤、非常勤、日勤のみ、夜勤専従
対応施設病院、クリニック、介護施設、デイサービス、訪問看護、企業その他
対応エリア北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴・非公開求人が豊富
・希望条件に合う求人が見つかりやすい
・希望する病院・施設へ転職可能な逆指名転職がある

ナースではたらこは、対応する担当者の年齢が他の看護師転職サイトより高く、50代看護師の転職に関しての内容や今後のキャリアについて、働き方について相談しながら転職活動を進めることが可能です。

また、非公開求人も豊富なことから50代での管理職を考えている方にもおすすめです。

担当するキャリアアドバイザーも丁寧に対応してくれ、転職完了までのサービスも充実しています。

公式サイト:https://iryo-de-hatarako.net/

良くある質問

一般の50代(女性)の転職と比較すると、50代の看護師転職は比較的容易であると言えます。

理由として、以下のことが挙げられるからです。

  • 50代看護師が活躍できる求人が豊富であること
  • 50代看護師の転職率(転職数)が各年代の中で一番高いこと
    平成30年のナースセンター調べ)
  • 管理職や若手のまとめ役として重宝されること

以上のことが挙げられます。

美容外科や美容皮膚科への50代の転職は、基本的に募集要項に年齢制限がありませんので、転職は可能と言えます。

しかし、美容外科や美容皮膚科クリニックで働いている50代の看護師は管理職である場合が多く、美容クリニック特融の経験が求められる場合があり、初めての場合は転職しにくい場合が多いといえます。

おすすめとして、美容皮膚科と一般の保険診療である皮膚科を併設しているクリニック求人を探し、美容クリニックを経験してみると良いでしょう。

看護師免許があれば復職することは可能です。

しかし、ブランクの期間や個人の看護技術、復職を希望する職場によって大きく変わるため、「ブランク明けの看護師の復職マニュアル!準備やおすすめの職場」を確認しておきましょう。

また、職場を探すのではなく、ナースセンターや病院が独自で行っている復職支援研修をまずは受けることをおすすめします。

夜勤がある職場であれば、50代でも夜勤を行えた方が採用されやすくなると言えるでしょう。

しかし、夜勤を行いたくない、体力的に厳しいと考える場合、アクシデントが起こる可能性もあるため、夜勤がない職場や日勤常勤などの働き方を一度検討して探してみましょう。

また、50代で看護師転職する場合は、3年、5年と夜勤を続けていくイメージを持てるかどうかで、夜勤の選択をしましょう。

まとめ

50代の看護師転職は、求人に応募しても受からないというわけではありませんが、なかなか求人に応募することや転職することも勇気が必要となる年代です。

しかし、超高齢化社会を迎えており、働く看護師の平均年齢も年々上がってきています。

そのため、50代の看護師は即戦力や多くの経験から、採用される傾向にあり、50代看護師が活躍する職場が増え、メリットを大きく感じている雇用主も多いと言えます。

最後まで看護師としての成長を諦めることなく、前向きに進んでいける素晴らしい職業であり、50代の看護師転職では、定年後の働き方につながる職場や看護師としてキャリアを積むことが出来る職場をおすすめします。

関連記事

年代別看護師転職

参考文献等

関連記事

最新コンテンツ

看護師の転職準備

看護師の転職準備

看護師の転職求人

看護師転職求人

看護師の転職サイト

看護師転職サイト

看護師の転職必要書類

看護師の履歴書

看護師の病院見学(転職時)

看護師の病院・施設見学

看護師の面接対策

看護師の面接対策

看護師の退職

看護師の退職

看護師の内定・入職

看護師の内定・入職

看護師の転職後

看護師転職後の悩みやトラブル

看護師の年代別転職

年代別看護師転職

看護師のライフスタイル別転職

看護師のライフスタイル別転職

看護師の勤務先別転職

勤務先別の看護師転職

現役看護師「なるにわ」ガイド

現役看護師の「なるには」ガイド

看護師派遣

看護師の派遣

TOP

株式会社peko

法人番号:4010001168708

〒101-0048 東京都千代田区神田司町2-13 神田第4アメレックスビル 4F

 

当サイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。