看護師の転職準備

看護師が上京で転職する前の注意点!メリット・デメリットや後悔

地方や田舎で育った場合、一度は上京したいと考える看護師も少なくありません。

多くの方が東京への憧れや、東京で働いてみたい・生活してみたいと感じ、上京しています

看護師の場合は、転職先に病院を選択することで看護寮や職員寮が完備されている場合も多く、比較的負担なく上京することも可能と言えます。

このページでは、看護師が上京するメリット・デメリットや後悔、看護師が上京で転職する注意点・ポイントについて、看護師の体験事例も交えながら説明していきます。

目次

看護師が上京するメリット

看護師が上京するメリット

看護師が上京するメリットを体験事例も含めながら説明していきます。

地方と比較して給与・賞与・年収が高い

地方と比較して給与・賞与・年収が高い

東京都の看護師平均年収は高く、2021年度発表の厚生労働省 令和2年賃金構造基本統計調査では、全国で4位の5,191,100円となっています。(1位は青森、2位は岐阜、3位は神奈川)

そのため、他の地方と比較して看護師の平均年収は高い傾向にあり、看護師が上京するメリットと言えます。

看護師の平均年収・平均給与(2021年度版)

平均年収5,191,100円
平均給与362,600円
平均賞与839,900円
平均年齢39.3歳
平均勤続年数7.3年
勤務看護師数85,910人

出典:厚生労働省:令和2年賃金構造基本統計調査
計算方法:平均年収=所定内の給与金額×12+年間賞与・その他特別給与額

看護師の体験事例

看護師の体験事例

看護師の体験事例どの職場に転職しても、東京都の23区内や1都3県は看護師の給与は高いと思います。
選べば高給与の求人は多いです。
また、地方に比べて、看護師免許を持っており、仕事ができる状態であれば、職に困ることはないと思います。

看護師の体験事例

看護師の体験事例東京で看護師が働く場合、パート・アルバイトや、派遣看護師でも生活できると思うぐらい時給や給与が高いと思います。
住む家賃だけ何とか出来れば稼ぐことはできると思います。

職場によって先端医療を学べる・スキルアップできる

職場によって先端医療を学べる・スキルアップできる

厚生労働省が伝えている最先端医療を実施している医療機関一覧の中には、東京都の病院が多く記載されています。

また、看護師としてスキルアップを考えた際に、希望する分野の専門病院にさほど困ることはありませんし、職場によっては認定看護師も多く、ロールモデルとして目標にすることも可能です。

そのため、上京することで選択肢が増えやすく、最先端医療を学ぶ機会も職場によっては確実に増えるでしょう。

看護師の体験事例

看護師の体験事例

看護師の体験事例私は地方の看護学校を卒業後に新卒看護師として上京しました。
その後、結婚をしましたが、夫の仕事の都合で転勤が多く、各都道府県で仕事をしました。
その時に、東京の病院でしっかりと看護技術を身に付けておいて良かった、同僚とも切磋琢磨して勉強しておいて良かったと感じました。
一部の地方は看護師の教育制度が整っていない場合も多く、働く病院によっては、看護技術や看護の考え方、看護観に多少差があると思います。

看護師として様々は働き方を知ることができ選択肢も多い

看護師として様々は働き方を知ることができ選択肢も多い

東京で看護師として働くことで、様々な経歴や職歴を持った看護師と出会い、様々な看護師免許を利用した働き方を知ることができます

例えば、企業看護師(一般企業で勤める看護職)などの求人も、地方に比べて格段に東京は多く、病院以外の看護師が働くことが可能なクリニックや介護施設、企業、治験関連なども多いです。

そのため、看護師として病院に勤務しながら役職をステップアップしていくだけではなく、様々なキャリアを考えることが可能になります。

また、地方と比べてクリニック数も多いため、看護師として働く場所が多く転職も比較的楽にできると言えます。

看護師の体験事例

看護師の体験事例

看護師の体験事例私は上京して4年間病院勤務した後に、院内で治験に触れる機会がありました。
その後、興味が出て、現在では治験コーディネーター(CRC)として働いています。
地元にそのまま看護師として働いていたら、結婚して退職して、出会わない仕事だったなぁと感じます。

看護師の体験事例

看護師の体験事例私は上京して、そのまま知り合った方と結婚しました。
結婚して子どもを産んだ後に、非常勤看護師として現在も働いています。
地方にいたら、そのまま専業主婦になっていたかと思うと、看護師のキャリアやライフプランを考える上で、田舎よりも選択肢が多いと思います。

遊べる場所が多く流行は最先端

遊べる場所が多く流行は最先端

東京は看護師として遊べる場所が地方に比べてとても多く、東京ディズニーランド(千葉県)にも行きやすいと言えます。

また、エリアによってはオシャレな人も多く、ファッションなどの流行は最先端であることがメリットです。

ただ、勤務中は病院が忙しく遊ぶ暇がなく、休日は家でゆっくりしたいと考える場合は、あまり上京するメリットにはなりにくいでしょう。

看護師の体験事例

看護師の体験事例

看護師の体験事例上京して8年目の看護師ですが、東京も慣れてしまえば、「遊ぶ場所がない」と感じる場合もあると思います。そのため、夜勤明けの休日は家でゆっくりしていることが一番の癒しです。
また、上京したての頃は、見るものすべてが新鮮だったため、上京する価値はあったと思いますが、物価も高くオシャレをしようと思うと、洋服は目が飛び出るように高い場合もあります。
そのため、低価格帯のお店で服を揃え、最終的にはインターネットで購入しています。
ただ、低価格帯のお店も多く、選択肢が豊富なことがメリットだと思います。

出会いも多く、様々な価値観に触れることができる

出会いも多く、様々な価値観に触れることができる

看護師に限らず、上京して驚くことの一つは、(どこに行っても)人が多いことです。

そのため、看護師が働く勤務先や、プライベートでの出会いは地方にいる時よりも増え、様々な価値観に触れることが可能となります。

地方にいる場合でも、様々な価値観に触れることは可能ですが、(地方から)色々な人が集まっている東京では、自分の価値観と人の価値観の違いをより認識できるため、「人との価値観の違い」と言うものに敏感になります。

その結果、価値観の近い人が見つかりやすくなることがメリットです。

看護師の体験事例

看護師の体験事例

看護師の体験事例上京して病院で勤務していますが、シングルマザーの看護師が多いことにとても驚きました。
(私が勤務している病院だけかもしれませんが・・・)
東京の病院で働いていても、神奈川とか埼玉とかに住めば、シングルマザーとしても十分生活は成り立ちます。
色々な人が働いているのだなと、初めはびっくりしました。

地元の良さも分かり、今後のキャリアプランが立てやすい

地元の良さも分かり、今後のキャリアプランが立てやすい

上京経験がある看護師と、そうではない看護師では、キャリアプランを考える上での選択肢が異なります

看護師としてキャリアが長くなればなるほど、「上京しよう」と考える看護師は少なくなり、地元で看護師としてどのように働いていくかを考えるものです。

上京した看護師は、このまま東京都や関東で働いていくのか、またUターン転職などを行い、地元で看護師として働くなどの選択肢が増えます。

地元には地元の良さがあり、東京には東京の良さがあると気づくことで、看護師としてのキャリプランやライフプランは立てやすくなるでしょう。

看護師の体験事例

看護師の体験事例

看護師の体験事例私は上京して看護師として勤務した後、仕事に疲れてしまったため、地元に帰りました。
都内で看護師として働いた経験があるからこそ、やっぱり地元が良い、地元に帰るという選択肢が出来たと思います。
多くの友人もでき、良い経験だったと感じます。

看護師が上京して後悔することやデメリット

看護師が上京して後悔することやデメリット

看護師が上京するデメリットや、上京後に東京に行かなければ良かったと後悔することを体験事例も含めながら説明していきます。

家賃や生活費などの物価が高いこと

家賃や生活費などの物価が高いこと

看護師が上京して東京都に暮らす場合、まず家賃が高いことがデメリットとなります。

また、家賃が高いことより、飲食店やスーパーなどの物価も上昇しやすく、田舎と比べたら格段に高くなります。

このことから、東京で暮らしていると「家賃のために働いている」と思う看護師も多く後悔する場合がります。

東京23区内の家賃相場

例として、以下は東京23区内の家賃相場です。

ワンルーム70,454円/月
1K/1DK80,863円/月
1LDK/2K/2DK121,272円/月
2LDK/3K/3DK156,863円/月
3LDK/4K~194,686円/月

出典:SUMO東京都の家賃相場(2022年5月18日時点)
計算式:23区内の平均家賃相場÷23

23区内でも中央区、港区、渋谷区、千代田区、品川区、目黒区は上記よりさらに高くなり、別途「敷金と礼金(各家賃1ヶ月分~2ヶ月分が相場)」が掛かり、2年などに一度「更新料」も取られます。

最低でも上記以上の金額が掛かると思っておくと良いでしょう。

看護師の体験事例

看護師の体験事例

看護師の体験事例上京して困るのが家賃です。
看護師として年収500万円ある場合でも、東京23区に住もうと思うと、ほとんどが家賃に飛んでいくぐらい高いです。
また、部屋が狭いです。地方で住んでいた家と同じ広さの物件を借りようとすると月18万円とか・・・、地域にもよりますが、ありえない高さです。
さらに、高い敷金・礼金に加え、数年に1度「更新料」も取られるので、唖然とします。
20代の看護師が上京するなら看護寮一択です。

看護師の体験事例

看護師の体験事例上京して看護師として病院に勤務する場合、看護寮がおすすめです。
私が住んでいた看護寮の入り口はオートロックで安心のセキュリティーであり、共有部分のフロアはホテルのフロントのようにソファが並び、同じ寮の看護師と話すことや休むこともできました。
さらに、室内は一人で生活するには十分な広さと、備え付けの家具。
それでいて水道代込みで寮費は2~3万円でした。

孤独感や疎外感、ホームシックになること

孤独感や疎外感、ホームシックになること

上京する看護師が孤独感や疎外感、ホームシックなるケースは、以下の2つが多いと言えます。

  • 職場で人間関係が上手くいかなかった場合
  • 近くに友人・知人がいない場合

1人で海外旅行に行ったら、不安や孤独感を感じるのと同じのように感じます。

また、東京都は地方出身者の寄せ集めでもあり、良い意味でも悪い意味でも他人に興味をあまり示さない場合が多く、疎外感を感じるケースもあります。

こちらは、後悔でもデメリットでもなく、自分から人との関わりを持つことで解消されるため、頑張りましょう。

さらに、人のことを気にしない、東京には色々な人がいると思っておくことも大切です。

何かあった時に頼れる人がいないこと

何かあった時に頼れる人がいないこと

上京した場合、家族が近くにいないため、何かあった際に頼れる人がいないことがデメリットとなります。

特に、病気や怪我をした場合に感じることが多く、今回のような新型コロナウィルス感染症などの場合でも、サポートしてくれる人が周りにいないことは不安に感じます。

また、看護師として結婚し、子どもが生まれた場合でも、子どもを預かってくれる家族もいないため、改めて東京で働く難しさを感じます。

看護師の体験事例

看護師の体験事例

看護師の体験事例コロナ渦の際に頼れる人がおらず、とても不安な気持ちが大きかったです。
地元で一緒だった方で上京している方と、その勢いもあり結婚しました。
人生どうなるか分からないものですね。

事前に転職先の病院・施設や近隣の情報が薄いこと

事前に転職先の病院・施設や近隣の情報が薄いこと

上京し、新しい職場を見つける場合、転職先の病院・施設の情報を集めることに苦労します。

さらに、土地勘がないため、「どのエリアに勤務した方が良いのか」という判断基準がないため、難航します

東京の情報があまりなく上京する場合は、看護師転職サイト(看護師専用の転職エージェント)を利用して、担当者に周辺情報を聞くことや、自分でよく調べるようにしましょう。

また、一部の限られた場所ですが、繁華街などは治安の面で、女性一人で通らない方が良い道もあるため、近隣地域に詳しくなるまで注意しておきましょう。

看護師の体験事例

看護師の体験事例

看護師の体験事例上京した私がそうでしたが、地方出身者でも知っている東京でも人気のエリア(原宿、新宿、表参道などなど)に憧れて、近く住まないことをおすすめします。
もちろん賃料が高いですし、遊びに行ける距離(電車で1時間程度)で十分だと思います。
それよりは、上京した病院で看護師としてどのようなことを身に付けたいかを考えて、病院を選択して言った方が良いと感じます。

何をするにも東京は人が多すぎる

何をするにも東京は人が多すぎる

東京で暮らしていく一番のデメリットですが、何をするにも人が多いことです。

例えば、以下のことが挙げられます。

  • 来院する患者が多い
  • 救急で運ばれる患者が多い
  • ラッシュ時は満員電車で身動きが取れない
    (交通網は発達していますが、移動は不便)
  • 電車が止まるとタクシーが捕まらない
  • 飲食店のお店は並んで待つことが多い
    (お店の予約は当たり前)
  • 人で込み合う繁華街が多い
  • 人が多いため、変な人も多い
  • スーパー、コンビニでさえ、人との交流は避けられない

看護師の仕事や生活で「人が多い」と感じることが多く、上京したことにストレスを感じ、後悔する方もいます。

1ヶ月~3ヶ月程度で慣れる方であれば、問題ないと思いますが、人混みが特に苦手な方は注意しましょう。

看護師の体験事例

看護師の体験事例

看護師の体験事例東京は人が多いことで、田舎出身者である私はストレスを感じることも多かったです。
ただ、病院に勤務している場合は、みんなが働いている時に休みになるので、比較的空いている場合が多いです。
それでも人は多いと思いますが。

看護師が上京で転職する注意点・ポイント

看護師が上京で転職する注意点・ポイント

看護師として上京し、転職する場合の注意点やポイントについて説明していきます。

上京するための転職理由は工夫して伝える

上京するための転職理由は工夫して伝える

看護師が上京して働く場合、地方から東京に来て働く大変さに耐えられるかどうかを確認するため、一般的に志望動機が知りたいために聞かられる場合が多いと言えます。

そのため、看護師はその意図を汲み取り、「なぜ上京して働くのか」という納得できる理由を面接時に伝える必要があります。

上京する方の多くの理由は「東京で仕事がしたいから」「東京への憧れがあるから」(※1データ参照)などが主な理由となりますが、ストレートに伝え不利になる必要はありません

そのため、看護師の仕事と合わせながら説明することがベストとなり、例えば以下の通りです。

  • 貴院では様々な疾患の患者がおり、人も患者も症例も多い東京で働くことに看護師としてメリットを感じたからです。
  • 安易な考えですが、地方で働くより東京の教育制度が整っている貴院で働くことで看護師として成長できると感じたためです。

以上のような例を参考に、上京する理由は看護師の仕事に置き換えて説明することが大切です。

※1 東京都に上京した理由

※1 東京都に上京した理由

コロナ前の2019年のデータとなりますが、

  1. 東京で働きたかったから
  2. 新しい生活を始めたいと思ったから
  3. 東京に色々なチャンスがあると思ったから

などが上位を占めていることが分かります。

看護寮(職員寮)がある病院も検討する

看護寮(職員寮)がある病院も検討する

地方の看護寮や職員寮(社員寮)の場合、あまり設備が整っていないイメージもありますが、東京都内の病院の場合、オートロック・宅配ボックス完備や備え付け家具がある看護寮も増えています。

また、マンション全体を借り上げている場合もあるため、東京都に住む物価を考えるのであれば、綺麗な看護寮がある病院も検討しましょう。

注意点として、看護寮を利用するための条件や利用のルールがあるため、転職前に確認しておきましょう。

ルームシェアで家賃を抑えるのも一つ

友人や知人とのルームシェア、又は不動産会社が管理しているルームシェア型の物件を検討することで、東京の高い家賃を抑えることが可能です。

また、近くに知り合いがいない看護師の場合は、すぐに友人が出来る可能性が高いといえ、疎外感も感じにくいと言えます。

※新型コロナウィルス感染症の影響で、ルームシェア型の物件は数が減っていますので注意してください。

働く場所は東京で、他県に住んでも構わない

働く場所は東京で、他県に住んでも構わない

特に田舎から上京する看護師への注意点になりますが、東京都内は特に交通の便が良いです。

そのため、日勤のみや2交替制の病院・施設を選択している場合、神奈川県、千葉県、埼玉県などの近隣の都道府県で住んでも通勤は可能です。

(だたし、3交替制の場合は深夜に帰宅しなければならないため注意しましょう。)

また、通勤ラッシュの時間帯の8時頃や、帰宅ラッシュの時間帯の17時~18時頃に電車を利用しない場合であれば、そこまで通勤も苦ではありません。

家賃が驚くほど違うため、家を探す場合は通勤できる路線も含めて検討すると良いでしょう。

上京に利用できる福利厚生はしっかりと確認しよう

上京に利用できる福利厚生はしっかりと確認しよう

看護師として特に病院に転職して上京する場合、様々な福利厚生が整っている病院が存在します。

例えば、以下のような福利厚生例です。

  • 転職者に対して引っ越し費用を負担してくれる福利厚生
  • 低価格な社員食堂を利用できる福利厚生
  • 温泉やトレーニングジム、カラオケなども低価格で利用できる福利厚生
  • 就職お祝い金を出してくれる病院

など、看護師を採用するために様々な工夫を行っている病院が多数存在するため、福利厚生はしっかりと確認しましょう。

ただし、看護師不足で採用が難しいために行っている福利厚生もあるため、病院・施設の評判は確認しておきましょう。

看護師として上京することで不安であれば先に解消しおく

看護師として上京することで不安であれば先に解消しおく

看護師ではない場合でも、上京するのはとても不安です。

不安な理由としては、「知らないから、情報が足りないから」という理由がほとんどであり、分からないから不安になります。

裏を返せば、分かっていれば「不安」ではなく、どうしようと「悩む」はずです。

そのため、看護師として上京することが不安であれば、先に調べて解消しておくこと、悩んでおくことをおすすめします。

現在の職場を辞めなくても転職活動はできる

現在の職場を辞めなくても転職活動はできる

上京したい看護師の多くは、決意して東京で働くことを決める方が多いです。

そのため、現在働いている職場を一度退職し、上京するためにどうしたら良いかと考えます。

しかし、その場合はとてもリスクが大きいため、現在の職場で働きながら上京するための看護師求人を探すことがおすすめです。

(自分が現在住んでいるエリアでより良い場所に転職しようと思うと、働きながら行うことと同じです。)

有給休暇などを利用し、3日間程度で面接を受ければ、問題なく上京するための転職を行うことは可能です。

看護師が上京転職するおすすめの流れ

看護師が上京転職するおすすめの流れ

上記で説明したいことを踏まえて、看護師が上京転職を行うおすすめの流れは以下の通りです。

職場探し家探し
3ヶ月前
  • 看護師転職サイトに登録
  • 求人情報の情報収集
  • 履歴書・職務経歴書の作成
(看護寮の場合は不要)
2ヶ月前
  • 有給休暇を利用し面接を受けるため上京
  • 職場の決定
  • 現在の勤務先に対して退職願を提出
  • 物件探し(内見・申し込み・審査など)
1ヶ月前
  • 退職するための手続きを進め、引継ぎ業務
  • 新しい職場の入職準備等
  • 新しい物件の契約
  • 現在の住んでいる物件の退去申請
2週間前
  • 勤務先病院・施設を退職(最終出勤)
  • 残っている有給休暇を取得
1週間前(地元にお別れをする)
  • 物件の初期費用の支払い
3日前
  • 上京(東京に向かう)
  • 初出勤の準備など
  • 住民票の変更など各種手続き
  • 鍵を受け取りに不動産会社へ
  • 水道・ガス・電気の手続き
上京後
  • 初出勤

なるべく上京する前に、職場を決めておくことがポイントとなります。

現在、看護師として病院・施設に勤務している場合は、最低でも3ヶ月ほど余裕をもって活動することで心のゆとりがあります。

上京してから転職する場合でも問題はありませんが、無職になる期間があることや、先に住む家を決めてしまうため、限られた病院や施設での転職を余儀なくされます。

また、勤務先が決まっている方が、物件探しの条件が明確になるため探しやすいと言えます。

看護師転職サイトは必ず活用する

看護師転職サイトは必ず活用する

看護師として上京転職する場合、看護師転職サイト(看護師専用の転職エージェント)は必ず活用してください

利用する理由としては、以下のような上記で説明した注意点やポイントの相談がすべて行えるためです。

  • 面接のアポイント設定を短い日数で入れてくれること
  • 周辺地域の情報や院内情報を収集できること
  • 履歴書や職務経歴書、面接対策を行ってくれること
  • 自分で探すより希望条件に合わせて楽に転職出来ること
  • キャリアや転職の相談に乗ってくれること

ただし、上記のことをすべて行ってくれる転職会社は限られるため、以下でご紹介する看護師転職サイトを活用しておきましょう。

自分で選択し、自分自身で選ぶことは忘れない

看護師転職サイトを頼ることで、上京のための看護師転職は比較的スムーズに進みますが、自分で選択し、自分自身で選んだことは忘れないでください。

何が伝えたいかと言うと、自分自身で責任を持って選択し、選択するための情報収集は自分自身でも行ってほしいと言うことです。

上京が楽しいものになるために、又は後悔しないために、自分自身でしっかりと選択していきましょう。

看護師の上京で活用したい!丁寧・親切な転職サイト

看護師の上京で活用したい!丁寧・親切な転職サイト

看護師の上京するための転職で活用したい丁寧・親切な看護師転職サイト(看護師専用の転職エージェント)を厳選してご紹介します。

利用するポイントは以下の通りです。

  • 2社以上登録し、求人情報を比較し最終的に1社に絞り込みましょう
  • 登録時の備考欄に「上京」を希望することをしっかりと記載しましょう
  • 可能であれば担当者の年齢が自分と近い方に担当してもらうようにお願いしましょう
    (伝えるのが難しければ、備考に書きましょう。)

看護師として上京する場合、希望条件が多くなる傾向にあり、希望の求人に出会えない可能性もあります。

そのため、各社保有している看護師求人が違うという理由から、複数登録はおすすめします。

上京看護師の転職はお任せ!看護のお仕事

看護のお仕事

転職相談面接対策条件交渉退職相談
2重丸2重丸2重丸2重丸
サイト名看護のお仕事
運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
公開求人数134,284件
(2022年6月08日時点)
非公開求人豊富
対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師
対応 雇用形態常勤(夜勤有り)、日勤常勤、夜勤専従常勤、夜勤専従パート、非常勤、派遣、紹介予定派遣
対応施設総合病院、一般病院、クリニック、特別養護老人ホーム(特養)、訪問看護、有料老人ホーム、デイサービス、重症心身障害者施設、保育園、検診センター
対応 診療科目内科、精神科、心療内科、小児科、外科、整形外科、皮膚科、産婦人科、眼科、歯科、美容外科、美容皮膚科
対応配属先病棟、外来、施設、訪問、手術室(オペ室)、透析、内視鏡
対応エリア北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴・看護師の転職求人が豊富
・転職支援サービスが手厚い
・転職の相談から行える
・院内・施設内情報に強い

看護のお仕事は、東京都内での看護師求人数が一番多く、上京する看護師は必ず利用したい看護師転職サイトです。

また、20代~30代のスタッフも多く、看護師自身の年齢とも近い担当者が多いため、東京で働くエリアの相談や、各地域の傾向も同年代の感覚で教えてもらうことが可能です。

担当者と相談しながら転職先を決め、上京完了まで転職に関して完全にサポートしてくれるため、必ず利用しましょう。

公式サイト:https://kango-oshigoto.jp/

担当者が丁寧で親切!マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職相談面接対策条件交渉退職相談
2重丸2重丸2重丸2重丸
サイト名マイナビ看護師
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数59,647件
(2022年6月08日時点)
非公開求人とても豊富(保有求人全体の約40%非公開)
対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師、ケアマネジャー
対応 雇用形態正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託その他
対応 勤務形態常勤(二交替制)、常勤(三交替制) 、夜勤なし、夜勤専従
対応施設病院、クリニック・診療所、美容クリニック、施設、訪問看護ステーション、看護師資格・経験を活かせる一般企業、治験関連企業(CRA、CRCなど)、保育施設 、その他
対応 診療科目美容外科、小児科、産科、婦人科(レディースクリニック)、整形外科、循環器内科、心療内科、消化器外科、心臓血管外科、スポーツ整形外科、脳神経外科、眼科、形成外科、消化器内科、歯科、精神科、血液内科、外科、内科、神経内科
対応配属先病棟、外来、手術室、内視鏡室、ICU、透析、救急外来、訪問看護、管理職の仕事
対応エリア北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴・転職の相談から行える
・キャリアアドバイザー親切丁寧
・退職交渉も可能
・企業系のレア求人を豊富に保有

マイナビ看護師は、大手病院・施設の看護師求人が多く、東京都内の求人保有数が多いと言えます。

さらに、利用する看護師に人気があり、担当者が丁寧で親切に対応してくれます。

現在悩んでいる場合や、ゆっくり相談しながら求人を探し、上京したい看護師は利用しておきましょう。

公式サイト:https://kango.mynavi.jp/

キャリアの相談から可能!ナースではたらこ

ナースではたらこ

転職相談面接対策条件交渉退職相談
まる2重丸2重丸三角
サイト名ナースではたらこ
運営会社ディップ株式会社
公開求人数94,502件
(2022年6月08日時点)
非公開求人豊富
対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師
対応 勤務形態常勤、非常勤、日勤のみ、夜勤専従
対応施設病院、クリニック、介護施設、デイサービス、訪問看護、企業その他
対応エリア北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴・非公開求人が豊富
・希望条件に合う求人が見つかりやすい
・希望する病院・施設へ転職可能な逆指名転職がある

ナースではたらこは、看護師のキャリアから相談を行える看護師転職サイトです。

上京を迷っている場合や、東京都内の求人情報が取り敢えず知りたい場合、情報収集したい場合、キャリアの相談からじっくり行いたい場合などは利用しておきましょう。

プロのコンサルタントが転職完了までサポートしてくれます。

公式サイト:https://iryo-de-hatarako.net/

まとめ

看護師免許は、全国どこにいっても仕事があることがメリットと言えます。

上京する理由は様々ですが、プライベートの理由であった場合でも、看護師としてのキャリアプランを考えながら転職先を決定してください。

また、面接時にはプライベートの理由はそのまま伝えずに、仕事と組み合わせながら転職理由(東京で頑張ろうとしている理由)を伝えていきましょう。

上京を希望するする看護師の方が、少しでもこの時期で不安を軽減できれば幸いです。

参考文献等

関連記事

最新コンテンツ

看護師の転職準備

看護師の転職準備

看護師の転職求人

看護師転職求人

看護師の転職サイト

看護師転職サイト

看護師の転職必要書類

看護師の履歴書

看護師の病院見学(転職時)

看護師の病院・施設見学

看護師の面接対策

看護師の面接対策

看護師の退職

看護師の退職

看護師の内定・入職

看護師の内定・入職

看護師の転職後

看護師転職後の悩みやトラブル

看護師の年代別転職

年代別看護師転職

看護師のライフスタイル別転職

看護師のライフスタイル別転職

看護師の勤務先別転職

勤務先別の看護師転職

看護師の診療科別転職

診療科・部署別の看護師転職

現役看護師「なるにわ」ガイド

現役看護師の「なるには」ガイド

看護師派遣

看護師の派遣

TOP

株式会社peko

法人番号:4010001168708

〒101-0048 東京都千代田区神田司町2-13 神田第4アメレックスビル 4F

 

当サイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。