看護師転職の良くある質問

看護師として転職することが不安で怖いです。対策や解消方法はありますか?

看護師転職時の質問看護師として初めて転職するのですが、特に新しい職場に馴染めるのか不安で、今後の人間関係も怖いと感じており、その他、様々なことが不安です。
そのため、どうしても転職活動への一歩を踏み出すことが出来ません。何かよい解消方法はありますか?(26歳/看護師)

回答看護師として転職する場合、2つの不安や怖さがある場合が多く、「転職活動する前に不安に感じること」と「内定後に新しい職場を想像し、不安や怖さを感じること」です。
これは、今まで勤務していた職場を離れるため、誰もが不安や怖いと感じる場合が多くあり、自分自身で解決できることは解決し、解決できない場合は他人に相談することがおすすめです。
また、多くの場合、看護師転職で不安や怖いと思う理由は、その内容を自分自身が正確に知らない、情報が少ないためです。
以下で詳しく看護師転職に関して不安や怖さの対策、対処方法を説明していきますので、確認しておきましょう。

看護師転職活動前の不安と解消方法

看護師転職活動前の不安と解消方法

看護師として転職活動を行う前に不安に感じることは多く、以下で不安例と解消方法について解説していきます。

転職先が決まらなければ働き口を失う不安

現在勤務している病院・施設を一度退職し、看護師転職を行う場合、働き口を失う不安や、もしも新しい職場が決まらなかった場合の生活費の不安などを感じる方も多いと言えます。

その場合、看護師として働きながら転職活動を行うことで、不安は解消します。

(一般的に働きながら転職活動をする看護師も多いといえ、職場としても法的にも問題は一切ありません。ただし、職場にバレると面倒なため、注意して活動することが大切です。)

多少、ハードなスケジュールになりますが、看護師転職サイト(看護師専用の転職エージェント)等を活用することで、ある程度の負担は軽減できると言えます。

詳しくは「一度辞めてから?看護師が働きながら転職活動をするコツや注意点!」を参照してください。

簡単に転職できるか不安

看護師に限らず、転職はそもそも簡単に出来るわけではありません。

ただ、看護師は不足している地域もあり、簡単に転職出来るイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。

そのため、「簡単に転職できるか不安だ」という気持ちで転職に挑めば、失敗することも少なくなるため、「自分にとって良い不安である」と、捉えておきましょう。

ただし、希望条件が多い場合や、人気がある職種・業種・業界の場合は簡単に転職とはいかないため、注意してください。

 

転職するための準備をしっかりと行おう!

看護師として転職する場合、準備を怠らず、対策しておくことは大切です。

準備する内容としては、以下の通りです。

  1. 自己分析:転職の目的を明確にする
  2. 転職サービスや求人媒体の選択
  3. 転職活動予算の確保
  4. 働きながら転職するか一度退職するか検討
  5. 退職までにかかる日数を確認する
  6. 看護師転職のスケジュールを立てる

詳しくは「看護師転職に必要な6つの準備!転職スケジュールと期間を解説!」も合わせて確認しておきましょう。

履歴書や職務経歴書の不安

看護師転職時に履歴書や職務経歴書に不安がある方は、

  • 初めての看護師転職の場合
  • 転職を繰り返しており、回数が多い場合

以上のいずれかの場合が多いと言え、不安の解消方法を説明していきます。

 

初めての看護師転職の場合

看護師として初めて転職する場合、まずは「履歴書」「職務経歴書」の一般的なルールを知っておきましょう

履歴書や職務経歴書を面接官に好印象を持たれるように工夫することは大切ですが、マナーやルールを守れない場合はマイナスとなるからです。

また、看護師転職サイト(看護師専用の転職エージェント)を利用すると、添削やアドバイスを貰えるため、必ず利用しておきましょう。

 

転職を繰り返しており、回数が多い場合

転職を繰り返し、転職回数が多い看護師の場合、履歴書や職務経歴書はとても不安となります。

しかし、看護師は経験豊富であることも強みとなるため、こちらの「看護師の多い転職回数がマイナスにならないコツ!志望動機例文と悩みを解消」を確認し、弱みを強みに変えるような履歴書、職務経歴書を作成しましょう。

また、面接対策も行っておくことをおすすめします。

年齢や看護経験の不安

看護師は資格職のため、一部の美容クリニックなどを除いて、幅広い年齢で採用してくれますし、介護施設や訪問看護ステーションなどを検討する場合は、さらに問題がなくなります。

看護師の場合は年齢より「経験」が左右される場合が多いと言えます。

しかし、それでも年齢によって面接後に落ちることはありますが、年齢の不安を抱えていても仕方がないため、自分の希望する条件で求人を探し続けることをおすすめします。

また、例え60代の看護師でも転職先はあり、以下の年代別の看護師転職マニュアルを確認しておきましょう。

経験が長いベテランでも、経験が浅い看護師でも、求人探しを頑張ることで希望の求人は見つかりやすいと言えます。

勤務先に転職活動がバレないか不安

勤務先に転職活動がバレてしまうケースは以下の通りです。

  1. 転職活動中に職場の人と出会った
  2. 自分から知人に言って広まった
  3. 関連する病院・施設に面接してしまいバレてしまう

一番気を付けるべきは、2番目と3番目です。

本来関連する病院の面接官が伝えるという訳ではありませんが、たまたま研修に来ていた師長などに見られたなどのケースが多いようです。

また、職場の看護師には退職も転職も決まるまで、黙っておくことである程度安全です。

考え方ひとつですが、すでに転職しようと決意している場合、現在の勤務先にあえて伝える必要はありませんが、バレたとしてもさほど気にせずに新しい転職先を探すことに注力すると良いでしょう。

未経験の業種や職種に転職できるか不安

未経験の業種や職種の求人を探し、実際に応募してみることで解決します。

転職先が決まったら、退職するようなイメージで転職活動することで、不安が解消することが出来ます。

ただし、内定を貰ったら速やかに退職希望を出し、必ず条件の期日までに退職することが求められるため、ビジネスマナーとして必ず厳守しましょう。

 

未経験の業種・職種にチャレンジすることが不安な場合

未経験の業種・職種にチャレンジすることが不安な場合、現時点では転職することは控えたほうが良いと言えます。

理由としては、

  • 情報収集が不足しているため
  • 新しい分野にチャレンジする自信がないため

以上の2つが、あなたに不足しているためです。

新しい業種や職種は、今までの看護師の仕事とは違うケースも多く、努力することが必要であり、不安なまま新しい仕事を行う場合には、失敗する可能性が高まるからです。

ただ、何も根拠がない自信があるよりは良い状態のため、業界の勉強をしながら、本当に自分はチャレンジして良いかをゆっくり考えていきましょう。

希望の求人が見つかるか・後悔・失敗しないか不安

希望の求人が見つかるか不安な場合、「希望しているところに行けなくて、転職に失敗したらどうしよう」、「失敗はしたくない」という漠然とした怖さがある場合が多いと言えます。

その場合には、実際に転職を経験した看護師の話を聞いてみることも1つの解決方法です。

実際に転職した看護師が、転職で失敗したと思ったことや失敗しないためにどのようなことに気をつけたのかを聞いてみることで、自分なりの「失敗しない対策」が可能になります。

また、希望条件が多い場合や、理想が高いほど転職活動が難航することもあり、他人の経験と照らし合わせることは大切です。

他の人に聞くことができない場合は、こちらの「看護師転職の失敗から学ぶ成功のコツ!転職成功事例集」を確認しておきましょう。

 

看護師が転職を後悔・失敗しないためには

看護師として転職し、後悔や失敗をする理由は、主に「情報収集不足」が原因となる場合が多いと言えます。

すべての不安に該当しますが、不安なのは情報がないため、どのようになるか自分で見えていないからです。

そのため、なるべく転職先(新しい勤務先)の以下の情報収集を行うことを考えて行動しましょう。

  • 仕事内容や配属先の詳細確認
  • 看護師の給与や賞与についての詳細確認
  • 看護師の年齢や人間関係の確認
  • 勤務先の経営方針や看護方針の確認
  • 教育制度やキャリアアップ制度の確認
  • 雇用条件の詳細確認

特に以上の確認を行うことが大切です。

内定通知書を受け取って返事をする前にしっかりと確認をした方が良いでしょう。

また、雇用条件に関しては「雇用条件通知書(又は、雇用契約書)」に記載なき事項は、記載してもらうか、電話等で確認をしてメモを取るなどを行っておきましょう。

キャリアアップ・スキルアップ出来るか不安

比較的規模の大きな病院へ転職を行えばキャリアアップやスキルアップは可能になります。

ただ、「自身がどのような看護師を目指すのかを明確に」していなければ、求人探しの時点で失敗する可能性があります。

  • 専門看護師や認定看護師が多い職場が良い
  • クリニカルラダーが中途採用でも採用してくれる、又は引き継げる職場が良い
  • プリセプター制度が中途採用でも適用される職場が良い
  • 希望の診療科へ配属できる職場が良い

などの条件を考えてみましょう。

注意点としては、一部の大学病院では新人看護師の研修は整っているのもの、キャリアアップやスキルアップの制度が薄い場合もあるので必ず確認しましょう。

転職先が内定した後の不安と解消方法

転職先が内定した後の不安と解消方法

看護師として転職活動を終了し、内定先が決まった場合に感じる不安例と解消方法を説明していきます。

可能であれば、内定承諾書(内定を承認する返事)を提出する前に確認しておきましょう。

転職先の人間関係に不安

人間関係は看護師の中で不安な方も多いと思いますが、規模が大きな病院であれば配属される診療科などによっても違いますし、実際のところは働いてみなければ分からない場合も多いと言えます。

そのため、入職するまでや、内定に合意するまでに以下のことを確認しておきましょう。

  • 病院・施設の口コミ等をチェックする
  • 病院・施設見学を改めて行わせてもらう
  • 看護師転職サイトなどの担当者に聞いてもらう
  • クリニックの場合は友人等に診察に行ってもらう

以上のことを行っておけば、ある程度人間関係をイメージしながら入職することが可能です。

また、注意点としては、「面接で人間関係が良い」「看護師転職サイトの担当者が人間関係は大丈夫」と言われても、本当に良いかは個人の感覚もあり、正確に分かりません。

そのため、自分自身で調べることが大切です。

 

補足説明

今の職場でも人間関係で悩みがある場合、新しい職場に向け、自分自身がどのような部分で悩んでいるのかを明確にしておきましょう。

また、人とうまく付き合えない、怖いと感じているとき、意外と自分だけでなく相手も同じように関している場合があります。

その場合は、新しい職場では自分の振る舞いを変えてみる努力をしても良いでしょう。

新しい職場に馴染めるか不安

初出勤前などは、新しい職場に馴染むことが出来るか不安になる場合も多いでしょう。

その場合は、以下のことを注意すること心がけてください。

  • 全員への挨拶を心がけること
  • スタッフの顔と名前を早く覚えること
  • 職場のルールを覚え、守ること
  • 積極的に自分から話しかけること
  • 新人看護師のような謙虚な気持ちで臨むこと
  • プライベートのことは話さないこと
  • 仕事内容に意見をしないこと

以上のことが初出勤で大切なことです。

さらに詳しくは「看護師転職で新しい職場で最高のスタートをきるための4つのポイント」を確認しておきましょう。

現在の勤務先を退職できるか不安

看護師として転職することも不安ですが、現在の勤務先を退職できるか、過度な引き止めに合わないか不安であると言う方もいるでしょう。

法律上(民法第627条第1項)、病院や施設の承認がなくても退職を申し出た日から14日経過した場合は退職することが可能です。

しかし、このことを盾に交渉するとトラブルとなってしまうケースも多く、以下を確認しておきましょう。

また、看護師転職サイト(看護師専用の転職エージェント)の中には、退職交渉や、退職時のアドバイスを貰える場合もあるため、活用しておきましょう。

看護師転職が怖い場合は行動してみることがおすすめ

看護師として転職が怖い場合は、以下のことを実践、行動してみることがおすすめです。

面接担当者に不安をぶつけてみる

特に今まで職場環境や勤務形態、人間関係などで悩むことがあった看護師の場合、余計に新しい場所で仕事が可能なのかという怖さが増すことでしょう。

その場合、思い切って面接担当者にその不安をぶつけてみると良いでしょう。

(場合によって採用はされないかもしれませんが)不安なまま、怖いまま働くよりは良いと言えます。

また、面接担当者は多くの入職希望者の看護師や、その後の働きぶりなども見ており、怖いと感じることに共感し、説明してくれる可能性があります。

特に初めての転職で不安がある場合、面接時に素直に不安な気持ちを伝えましょう

病院内・施設内を見学してみる

面接のときにも病院・施設見学はしているかもしれませんが、内定を承諾する前に不安や怖さが残る場合は、別の日にあらためて見学さしてもらえるよう、お願いしてみましょう。

また、転職前に、以下のチェックポイントを参考に病院・施設見学は必ず行いましょう。

転職活動をしているときと、実際に入職できることが決まってからの見学では見る視点が変わり、より具体的な部分をチェックできると言えます。

前回の見学では見ることができなかった部分や、自分自身が実際に働くことをイメージして見学することにより、怖さは軽減することが可能でしょう。

友人・知人に相談してみる

看護師の友人の中で転職を経験している方は何人かいるはずです。(特に看護学生時代の友人が良いでしょう。)

同じ職場ではない看護師に、転職時の経験を聞くことで、ある程度自分の怖さを解消することが可能で、色々と質問と相談をしてみましょう。

友人に相談ができない場合

看護師の実体験や誰でもコメントができるようなサイトが最近は沢山あります。

そのようなツールを活用して、転職を経験した看護師の実体験を見てみるとよいでしょう。

しかし、すべてが良い話や、ためになる話とは言えません。

中には辛いことや、その人特有の失敗談を書いている看護師もいるため、「良い情報だけを取り入れる」という気持ちで覗いてみましょう。

看護師転職サイトを利用する

看護師が利用する転職サイトの中で、専任の担当者が付くエージェントタイプの転職サイト(以下、看護師転職サイト)があり、完全無料で利用できるため活用しましょう。

転職の相談から、退職の相談、面接対策、履歴書・職務経歴書のアドバイスも行ってくれるため、「転職が怖い」「転職が不安だ」という気持ちを伝えながら、第三者から意見を聞くと良いでしょう。

ただし、転職を決定するのも、転職先で働くのも「あなた」であることに変わりはありません

そのため、すべてを鵜呑みにせずに、このような考え方もある、アドバイスを貰ったら、この方法は良いのではないかと、自分で1つ1つゆっくり決断していきましょう。

転職のプロである第三者に相談しよう!おすすめの転職サイト

転職のプロである第三者に相談しよう!おすすめの転職サイト

看護師転職サイト(看護師専用の転職エージェント)は、多くの会社が運営していますが、転職が不安である場合は以下の条件がおすすめです。

  • 看護師の転職の相談から行ってくれること
  • 退職の相談もできること
  • 転職を急かされることなく不安を解消してくれること

上記の3つを重視した場合、以下の看護師転職サイトがおすすめとなります。

いずれか、又は2社程度、無料会員登録を行い、担当者とやり取りを行ってみましょう。

(世の中のすべての看護師転職サイトが上記の3つを網羅していないので注意してください。)

転職相談から始められる!看護のお仕事

看護のお仕事

転職相談面接対策条件交渉退職相談
2重丸2重丸2重丸2重丸
サイト名看護のお仕事
運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
公開求人数133,292件
(2022年5月12日時点)
非公開求人豊富
対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師
対応 雇用形態常勤(夜勤有り)、日勤常勤、夜勤専従常勤、夜勤専従パート、非常勤、派遣、紹介予定派遣
対応施設総合病院、一般病院、クリニック、特別養護老人ホーム(特養)、訪問看護、有料老人ホーム、デイサービス、重症心身障害者施設、保育園、検診センター
対応 診療科目内科、精神科、心療内科、小児科、外科、整形外科、皮膚科、産婦人科、眼科、歯科、美容外科、美容皮膚科
対応配属先病棟、外来、施設、訪問、手術室(オペ室)、透析、内視鏡
対応エリア北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴・看護師の転職求人が豊富
・転職支援サービスが手厚い
・転職の相談から行える
・院内・施設内情報に強い

看護のお仕事は、転職の相談から始めることが可能な看護師転職サイトです。

転職の情報収集のみでもOKのため、転職時に感じている不安等はとても相談しやすいと言えます。

また、取り扱っている看護師求人は、どの看護師転職サイトよりも多く、ハローワーク求人もカバーしているため、必ず利用しておきましょう。

公式サイト:https://kango-oshigoto.jp/

キャリアの相談も丁寧に!ナースではたらこ

ナースではたらこ

転職相談面接対策条件交渉退職相談
まる2重丸2重丸三角
サイト名ナースではたらこ
運営会社ディップ株式会社
公開求人数94,324件
(2022年5月12日時点)
非公開求人豊富
対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師
対応 勤務形態常勤、非常勤、日勤のみ、夜勤専従
対応施設病院、クリニック、介護施設、デイサービス、訪問看護、企業その他
対応エリア北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴・非公開求人が豊富
・希望条件に合う求人が見つかりやすい
・希望する病院
・施設へ転職可能な逆指名転職がある

ナースではたらこは、看護師のキャリアプランから相談できるコンサルタントが多く在籍している看護師転職サイトです。

看護師としてのキャリアプラン、自分のライフプランに悩んでいる場合は、利用しておきましょう。

また、ナースではたらこは、逆指名転職という、求人募集がなくても行きたい病院へ交渉してくれるサービスがあるため、転職する職場の幅が広がります。

公式サイト:https://iryo-de-hatarako.net/

多様な働き方なら!MCナースネット

MCナースネット

転職相談面接対策条件交渉退職相談
2重丸マルマル三角
サイト名MCナースネット
運営会社株式会社メディカル・コンシェルジュ
公開求人数14,525件
(2022年5月12日時点)
非公開求人とても豊富
対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師
対応 雇用形態常勤、派遣、非常勤・パート、委託
対応施設病院、クリニック、訪問看護、デイサービス、訪問入浴、介護施設、企業、コールセンター、ツアーナース、巡回健診、学校・保育園、行政、イベント、薬局、その他
対応エリア北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴・全国26拠点
・派遣と常勤(正社員)求人に強い
・全国の求人が豊富
・基本的にほとんどが非公開求人

MCナースネットは、看護師の派遣で有名ですが、正職員、パート・アルバイトの求人も取り扱っています。

そのため、看護師個人のライフプランに合わせて、働き方を変更することが可能で、転職時の不安を相談しながら、多様な働き方を模索することが可能です。

ただし、派遣やパート・アルバイトは、臨床経験(看護経験)3年以上はあった方が良いため、該当する方は利用しておきましょう。

公式サイト:https://mc-nurse.net/

まとめ

今よりも高い給与や待遇の職場に転職を行い、成功だと考える看護師の方もいれば、人間関係の良い職場で給料は低くても転職が成功したと思う方もいます。

もっと成功のハードルが低い方は「今の職場から変われるのであれば成功」と考える方もいるでしょう。

このように、看護師としての転職成功は人それぞれで、条件が1つとも限らず、転職の不安や怖さも人それぞれであることが言えます。

そのため、何が不安で何が怖いのかを考えながら、第三者に相談する際に説明できるように自己分析を行っておきましょう。

看護師、誰もが慣れた環境から新しい環境に飛び込み、知らないスタッフたちの中で働くことは勇気がいります。

それに転職してみなければわからない人間関係や仕事の内容など、考えれば考えるほど「怖い」という感情ばかりが高まってしまいます。

そのため、自分だけが特別勇気がない、怖がりだという風に思う必要はありません。

誰でもみな、そのような時期を何とか自分なりに乗り越えているだけなのです。

みなさんも極度に不安や怖さを感じるのではなく、新しい職場での新しい自分探しを楽しんでみてください。

参考文献等

関連記事

最新コンテンツ

看護師の転職準備

看護師の転職準備

看護師の転職求人

看護師転職求人

看護師の転職サイト

看護師転職サイト

看護師の転職必要書類

看護師の履歴書

看護師の病院見学(転職時)

看護師の病院・施設見学

看護師の面接対策

看護師の面接対策

看護師の退職

看護師の退職

看護師の内定・入職

看護師の内定・入職

看護師の転職後

看護師転職後の悩みやトラブル

看護師の年代別転職

年代別看護師転職

看護師のライフスタイル別転職

看護師のライフスタイル別転職

看護師の勤務先別転職

勤務先別の看護師転職

現役看護師「なるにわ」ガイド

現役看護師の「なるには」ガイド

看護師派遣

看護師の派遣

TOP

株式会社peko

法人番号:4010001168708

〒101-0048 東京都千代田区神田司町2-13 神田第4アメレックスビル 4F

 

当サイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。