看護師の体験談

内分泌内科で働く看護師の仕事内容と体験談

当ページには広告リンクが含まれます。

株式会社pekoが運営する「看護師転職ガイド」は、複数の企業と提携しており、当サイトの記事にて紹介したサービスが登録申し込みされた際に、各企業から支払いを受け取ることがあります。ただし、当サイト内に掲載するサービスの評価やランキングに対しては、提携の有無・支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。
なお、閲覧ユーザーの方に課金を求めるサービスの掲載は行っておりません。 また、当サイトで得た収益は、看護師の方々に役立つ情報やコンテンツを提供することでも活用・還元しており、「コンテンツポリシー」を定め運営しております。

内分泌内科は、体の中で働くホルモン物質の異常によって引き起こされる病気の診断と治療を行う診療科です。

内分泌内科は長期的な入院や通院をする患者が多いため、看護師として患者ひとりひとりとコミュニケーションを取りやすい診療科だと感じます。

私が看護師として内分泌内科病棟で働いた経験をもとに、仕事内容の詳細と働いて感じたことを説明していきます。

執筆・監修看護師
執筆・監修看護師
杉山 看護師
杉山 看護師
  • エリア:静岡県在住
  • 保有資格:看護師
  • 施設経験:総合病院、特別養護老人ホーム
  • 専門分野:循環器科、内分泌内科、救急外来、小児科、整形外科

2人の男の子の育児真っ最中の現役看護師です。小さな頃に見たテレビドラマに憧れ、看護の道に進みました。総合病院の循環器科・内分泌内科を含む総合内科、救急外来、小児科、整形外科の勤務を経て、現在は特別養護老人ホームの施設看護師として働いています。看護職は現在活躍場所が幅広くあり、働き方もある程度選択できるとても良い職業です。病院勤務と施設勤務の違いや、子育てしながら働くことなど、私が経験した中でなにか役立てる情報がひとつでもあればと思っています。

著作・監修記事一覧

内分泌内科病棟で働く看護師の仕事内容

内分泌内科病棟で働く看護師の仕事内容

内分泌内科病棟の患者は、

  • ホルモンの分泌が過剰で起こる疾患
  • ホルモンの分泌が不足して起こる疾患
  • ホルモンは正常だが、ホルモンを分泌する臓器に問題がある疾患

等の疾患で入院しています。

代表的な疾患名を挙げると、糖尿病・高血圧・高脂血症・甲状腺機能行進症・甲状腺機能低下症などです。

私が勤務した内分泌内科病棟では、多くの疾患を内分泌内科で扱うため、患者の年齢層は幼児から高齢者まで様々でした。

また、基本的には内科的な診療・治療を行いますが、まれにオペが適用される疾患があるため、その際は担当する診療科が外科となり、患者は病棟移動していました。

以下で、私の経験をもとに、内分泌内科病棟で働く看護師の仕事内容の詳細を説明していきます。

患者の投薬管理

患者の投薬管理

内分泌内科病棟での治療は、患者への投薬などによって行われることが多く、看護師はその投薬管理や説明などを行います。

特に、処方された内服薬を自己管理ができない患者の場合、看護師が薬の管理を行うことが仕事です。

内分泌内科病棟では、内服薬による治療や疾患コントロールが主な治療となるため、日常業務での患者の内服管理は重要です。

採血による数値チェック

採血による数値チェック

内分泌内科病棟は、患者の内服薬の種類や量の増減が細かく数値によっても変わりやすいです。

薬の決定はすべて採血による数値が判断基準の中心にあるため、看護師として患者の採血を行い、数値をチェックすることが仕事です。

内分泌疾患の治療は、内服などの内科的治療がメインとなるため、採血による数値チェックは、患者状態の把握のために必須です。

 

看護師の体験談

疾患別に関連する血液検査項目とその数値を読解していくことが、患者の病状や治療効果の評価に直接つながっていきます。

カンファレンスも、データを基に患者の病状評価をしていくため、内分泌内科病棟で働く看護師として、疾患別に関係する血液データ項目とその数値に対する理解力が必要でした。

患者へ特殊な検査説明

患者へ特殊な検査説明

内分泌内科病棟では、視床下部・下垂体疾患、副甲状腺疾患、甲状腺疾患、糖尿病などの症例が扱われ、このような疾患は採血の他にも特殊な検査を行うことがあります。

例えば、

  • 内分泌検査
    (ブドウ糖負荷試験、インスリン分泌能評価、下垂体機能評価、副腎機能評価など)
  • 糖尿病合併症の検査
  • 甲状腺超音波検査

など、その他特殊な検査を行います。

そのため、内分泌内科で働く看護師は、特殊な検査に関する知識や技術の習得を求められ、患者に対して説明することが仕事になります。

患者の精神的な看護ケア

患者の精神的な看護ケア

内分泌内科病棟では、自分の病気を受け入れられない患者に対して精神的な看護ケアを行うことも看護師の仕事です。

患者は完治できない病気に対し、事実を知ったときにとても落ち込み、受け入れるのに時間がかかります。

 

看護師の体験談

私が勤務した内分泌内科病棟では、病気に対して精神的に病んでしまう患者も多い印象でした。

少しでも患者の気持ちを楽にしてあげるためのケアをしなければなりませんが、解決の糸口を見つけるのがとても大変でした。

生活指導の計画

生活指導の計画

私が勤務していた内分泌内科病棟では、自分の受け持つ患者への指導の内容を自分がプランニング・実行(教育)・評価することが看護師の仕事でした。

また、入院中は間食禁止、食事内容の制限や副作用が強く出る薬を継続的に内服するなど、なにかと患者に多くのストレスもかかります。

しかし、患者自身が努力しながら計画通りに行った結果、検査数値が改善し目に見えて結果につながると、患者とともに看護師は喜ぶことが出来ます。

 

看護師の体験談

私が考えて一生懸命作った資料を患者が、指導の後にベッドで見直してくれることや、退院時に大切に持ち帰ってくれることなど、嬉しい思い出です。

生活指導の患者教育

生活指導の患者教育

内分泌内科の疾患は、治療がひと段落しても一生付き合っていかなければならない患者もおり、長期間にわたり内服と受診を継続していかなければなりません

そのような患者の教育を行うのが内分泌内科病棟で働く看護師の仕事です。

 

看護師の体験談

内分泌内科の疾患は、患者の退院後の生活の仕方によって病気が悪くも良くもなります。

疾患に対しての正しい知識や健康的な生活を送るための具体的な方法も、患者に理解してもらう必要があり、看護師はその教育をしなければなりませんでした。

疾患と長い付き合いになる患者や、その家族との信頼関係は欠かすことができず、看護師は相手の気持ちを思いやりながらも時には厳しく注意することも必要でした。

内分泌科病棟で看護師として働いて感じたこと

内分泌科病棟で看護師として働いて感じたこと

私が内分泌内科病棟の看護師として働いて感じたことを説明していきます。

患者と向き合えるやりがいを感じた

患者と向き合えるやりがいを感じた

内分泌科病棟の場合は、長期的な入院や通院をする患者が多いため、看護師にとっても患者ひとりひとりとコミュニケーションを取りやすい診療科でした。

私は「患者としっかり向き合った看護がしたい」という希望があったため、非常にやりがいのある診療科だと感じました。

  • 患者と密に関わることができたこと
  • 看護計画を自分で考えることができたこと
  • 患者と一緒に一喜一憂できたこと

など、患者との深いつながりが私のやりがいに直結していました。

また、糖尿病などの疾患を扱い、内分泌疾患に関する知識も身につき、今後内科や糖尿病科に勤務することになった際は役立ちました。

しかし、内分泌内科の治療は、他科目と比べると「病気が完治して元気になった患者を見送る」というよりは、「これ以上悪くならないように現状維持に努める」という仕事がメインになるため、看護師としてのやりがいを感じにくい部分もありました。

患者の急変はあまりなかった

患者の急変はあまりなかった

内分泌内科で扱う疾患は、患者の急激な体調の変化をきたす疾患よりも、慢性的に病気が進行することが多い印象でした。

そのため、管理や投薬・生活習慣をきちんと指示通りに守っていれば患者の急変はほとんどありませんでした。

私が勤務した内分泌内科病棟では急変が少ないため、「仕事が忙しい」と感じたことは、ありませんでした。

ルーチンワークが多い印象だった

ルーチンワークが多い印象だった

内分泌内科病棟で働いた際の看護師の仕事は、決められた時間で行うことが多いため業務がルーチンであり、忙しくありませんでした。

内分泌内科が初めてでも、日常業務自体は覚えやすく、業務に慣れると忙しくない時間帯に必要な記録を残せるため、定時で帰れました

しかし、私は内分泌内科病棟で長く勤務していたためか、業務をテキパキこなすことが苦手になり、その後の転職先でスピード感をもって業務に当たることが苦手になりました。

希望の診療科への求人探しは看護師転職サイトを活用しよう

希望の診療科への求人探しは看護師転職サイトを活用しよう

看護師が病院へ転職を検討した際に調べる看護師求人は、一般的に病棟、オペ室、外来等では区分されています。

そのため、看護師が病院への転職時に希望の診療科への配属を考えた場合、面接時に交渉する必要があります。面接時に交渉は行ったことがない、どうやって交渉して良いか分からない看護師の方が大半だと思います。

だからこそ、交渉の代行を行ってくれる看護師転職サイト(看護師専用の転職エージェント)の活用をおすすめします。

看護師転職サイトは、あらかじめ条件に合う(希望の診療科に配属される)病院求人をピックアップしれくれますし、面接を含めた前後に交渉も行ってくれるため、スムーズに希望の診療科への転職活動を進めることができます。

注意点としては、希望の診療科へ配属された場合でも、病院によっては数年に1度、部署異動を行っている場合もあるため、合わせて確認を行ってもらいましょう。さらに詳しくは「看護師転職で希望部署・希望の診療科への配属されるためには?」を確認してください。

以下では、交渉能力が高い、看護師転職サイトをご紹介します。希望の診療科の募集がある病院も探してもらう必要があり、まずは2社とも登録しておきましょう。

病院求人数No.1!レバウェル看護

レバウェル看護(旧 看護のお仕事)

転職相談面接対策条件交渉退職相談
2重丸2重丸2重丸2重丸
サイト名レバウェル看護(旧:看護のお仕事)
運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
公開求人数154,079件
(2024年5月3日時点)
非公開求人豊富
対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師
対応 雇用形態常勤(夜勤有り)、日勤常勤、夜勤専従常勤、夜勤専従パート、非常勤、派遣、紹介予定派遣
対応施設総合病院、一般病院、クリニック、特別養護老人ホーム(特養)、訪問看護、有料老人ホーム、デイサービス、重症心身障害者施設、保育園、検診センター
対応 診療科目内科、精神科、心療内科、小児科、外科、整形外科、皮膚科、産婦人科、眼科、歯科、美容外科、美容皮膚科
対応配属先病棟、外来、施設、訪問、手術室(オペ室)、透析、内視鏡
対応エリア北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴・看護師の転職求人が豊富
・転職支援サービスが手厚い
・転職の相談から行える
・院内・施設内情報に強い

レバウェル看護(旧 看護のお仕事)は、看護師転職サイトの中でも断トツに病院の看護師求人が豊富で、ハローワークの看護師求人もカバーしています。

さらに、年間5,000件以上、病院等に対してインタビューや情報収集を行っているため、看護師転職時の希望部署・希望の診療科への転職交渉も容易です。

また、担当者も丁寧にヒアリングを行ってくれるため、利用する看護師にも定評があり人気があります。

そのため、希望部署・希望の診療科への看護師転職を考えた場合、必ず活用しておきましょう。

公式サイト:https://kango-oshigoto.jp/

丁寧なアドバイス!マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職相談面接対策条件交渉退職相談
2重丸2重丸2重丸2重丸
サイト名マイナビ看護師
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数81,589件
(2024年5月3日時点)
非公開求人とても豊富(保有求人全体の約40%非公開)
対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師、ケアマネジャー
対応 雇用形態正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託その他
対応 勤務形態常勤(二交替制)、常勤(三交替制) 、夜勤なし、夜勤専従
対応施設病院、クリニック・診療所、美容クリニック、施設、訪問看護ステーション、看護師資格・経験を活かせる一般企業、治験関連企業(CRA、CRCなど)、保育施設 、その他
対応 診療科目美容外科、小児科、産科、婦人科(レディースクリニック)、整形外科、循環器内科、心療内科、消化器外科、心臓血管外科、スポーツ整形外科、脳神経外科、眼科、形成外科、消化器内科、歯科、精神科、血液内科、外科、内科、神経内科
対応配属先病棟、外来、手術室、内視鏡室、ICU、透析、救急外来、訪問看護、管理職の仕事
対応エリア北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴・転職の相談から行える
・キャリアアドバイザー親切丁寧
・退職交渉も可能
・企業系のレア求人を豊富に保有

マイナビ看護師は、丁寧で親切な対応と、的確な転職のアドバイスを行ってくれることから、利用する看護師にとても人気が高い看護師転職サイトです。

また、掲載している看護師求人の40%は非公開求人(インターネット上に出ない、担当者から紹介してもらえる求人)となるため、採用側(病院側)とのやり取りもとてもスムーズです。

そのため、希望部署・希望の診療科へ転職を希望する看護師は併せて活用しておきたい転職サイトです。

公式サイト:https://kango.mynavi.jp/

まとめ

内分泌内科は、規模の大きな病院やクリニックでも看護師として働くことが可能です。

  • 専門性の高い治療に関わる場合:規模の大きな病院(総合病院)
  • どうしても内分泌内科で働きたい場合:専門のクリニック

などを目指してみてください。

糖尿病などの内分泌疾患に関する知識も身につくことで、今後内科や糖尿病科に勤務することになっても役に立つことが多く、「患者としっかり向き合った看護がしたい」という志を持つ看護師には非常にやりがいのある診療科ではないでしょうか。

私の経験ですが、内分泌内科は、経験がない看護師・ブランクがある看護師でも比較的働きやすい診療科であり、患者と深く関われる、楽しく明るい職場で働くことができる、ゆとりを持った勤務ができるように思います。

興味がある看護師の方は、是非一度働いてみることをおすすめします。

このサイトの運営者情報

運営会社株式会社peko
会社ホームページhttps://peko.co.jp/
所在地〒107-0052 東京都港区赤坂3丁目1-16 BIビル6F
代表取締役辻󠄀 昌彦
設立2015年6月
資本金14,000,000円
事業内容
  • 有料職業紹介事業
  • キャリアメディア事業
  • インターネット広告事業
  • SEOコンサルティング事業等
厚生労働大臣許認可有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-314509
(厚生労働省職業安定局: 職業紹介事業詳細
特定募集情報等提供事業:51-募-000760
連絡先03-5324-3939 (受付時間:休日、祝日を除く10:00~17:00)
お問い合わせhttps://peko.co.jp/inquiry
監修者情報著作者・監修者情報・コンテンツポリシー

参考文献等

総合監修者

キャリアコンサルタント(国家資格)真下彩花

キャリアコンサルタント(国家資格)真下彩花

新卒で東証スタンダードに上場している会社に入社し、個人事業主・税理士などの経理・税務サポートを担当後、半導体・電子部品等の最大手(東証プライム上場)に転職し、営業支援に従事する。その後、ベンチャー企業での経理・採用経験を経て、2019年から株式会社pekoにて、キャリアアドバイザーとして看護師の転職支援を始め、多くの転職者のサポートを担当中。

関連記事

最新コンテンツ

看護師の転職準備

看護師の転職準備

看護師の転職求人

看護師転職求人

看護師の転職サイト

看護師転職サイト

看護師の転職必要書類

看護師の履歴書

看護師の病院見学(転職時)

看護師の病院・施設見学

看護師の面接対策

看護師の面接対策

看護師の退職

看護師の退職

看護師の内定・入職

看護師の内定・入職

看護師の転職後

看護師転職後の悩みやトラブル

看護師の年代別転職

年代別看護師転職

看護師のライフスタイル別転職

看護師のライフスタイル別転職

看護師の勤務先別転職

勤務先別の看護師転職

看護師の診療科別転職

診療科・部署別の看護師転職

現役看護師「なるにわ」ガイド

現役看護師の「なるには」ガイド

看護師派遣

看護師の派遣

TOP

株式会社peko

法人番号:4010001168708

〒107-0052 東京都港区赤坂3丁目1-16 BIビル6F

株式会社pekoは、厚生労働大臣より有料職業紹介事業の許可うけ、人材紹介・転職支援サービス関連等を提供している企業です。

職業紹介事業者許可番号:13-ユ-314509

当サイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。