看護師の体験談

大学病院で働く看護師の給与・年収・昇給事情の体験談

当ページには広告リンクが含まれます。

株式会社pekoが運営する「看護師転職ガイド」は、複数の企業と提携しており、当サイトの記事にて紹介したサービスが登録申し込みされた際に、各企業から支払いを受け取ることがあります。ただし、当サイト内に掲載するサービスの評価やランキングに対しては、提携の有無・支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。
なお、閲覧ユーザーの方に課金を求めるサービスの掲載は行っておりません。 また、当サイトで得た収益は、看護師の方々に役立つ情報やコンテンツを提供することでも活用・還元しており、「コンテンツポリシー」を定め運営しております。

大学病院での給与や年収、昇給は、他病院に比べて高い傾向にあるでしょう。

しかし、多くの大学病院では、中途採用で入職した看護師は、看護の経験年数ではなく、大学病院で勤務年数を優先させる場合が多いでしょう。(近年、看護経験を優先する場合も増えています。)

そのため、勤続年数が長くなればなるほど、基本給は上がる可能性が高く、大学病院でずっと働いていくと決めている看護師にとっては、給与や年収は期待できる職場でしょう。

このページでは、中途採用を検討する看護師の方に向けて、大学病院の勤務経験がある看護師の体験事例を含め、働く看護師の給与・年収・昇給事情について説明していきます。

複数の看護師の体験事例は、弊社の独自調査となり、すべて看護師資格、職務経歴を確認済みです。

大学病院で働く看護師の平均年収・給与

大学病院で働く看護師の平均年収・給与

大学病院で働く場合の看護師の平均年収・平均給与を調査した結果、以下のようなデータとなりました。

厚生労働省:令和3年賃金構造基本統計調査の企業規模1,000人以上に勤務する看護師の平均年収・給与であり、大学病院を限定しておりません。
平均年収5,409,800円
平均給与366,500円
平均賞与(ボーナス)1,011,800円
平均年齢/勤続年数36.9歳/9.4年
  • 出典:厚生労働省「令和3年賃金構造基本統計調査 結果の概況
  • 分類:看護師企業規模1,000人以上の「きまって支給する現金給与額」「年間賞与、その他特別給与額」等
  • 年収計算:きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与、その他特別給与額

2022年に発表された、厚生労働省の「令和3年賃金構造基本統計調査 結果の概況」では、看護師の平均年収は、平均年収は4,986,200円、平均月給は344,300円、平均賞与額は854,600円となっており、看護師は平均より約42万円高い結果となります。

看護師全体の平均年収等については、「2022年版!看護師平均年収498万円(厚生労働省 賃金構造基本統計調査)」を確認してください。

年齢別:大学病院勤務の看護師平均年収

年齢平均給与平均賞与平均年収
20歳~24歳293,700円/月507,900円/年4,032,300円/年
25歳~29歳341,700円/月917,100円/年5,017,500円/年
30歳~34歳364,200円/月989,000円/年5,359,400円/年
35歳~39歳374,700円/月1,096,500円/年5,592,900円/年
40歳~44歳402,400円/月1,249,200円/年6,078,000円/年
45歳~49歳417,100円/月1,262,900円/年6,268,100円/年
50歳~54歳426,200円/月1,402,600円/年6,517,000円/年
55歳~59歳433,600円/月1,434,700円/年6,637,900円/年
60歳~64歳351,900円/月941,100円/年5,163,900円/年
65歳~69歳351,900円/月375,000円/年4,597,800円/年
70歳~152,000円/月0円/年1,824,000円/年
  • 出典:厚生労働省「令和3年賃金構造基本統計調査 結果の概況
  • 分類:看護師企業規模1,000人以上の年齢別「きまって支給する現金給与額」「年間賞与、その他特別給与額」等
  • 年収計算:きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与、その他特別給与額

年齢別の最高平均年収は、55歳~59歳の約663万円となり、役職者が多いことが予想されます。60歳を超えると、嘱託社員(契約社員)等が増える傾向になり、年収は25歳~29歳の時よりも下がります。

25歳~29歳で、ほぼ看護師全体の平均年収に近くなることから、大学病院で働く看護師の平均年収は高いでしょう。

大学病院の給与・年収についての看護師の体験事例

慶應義塾大学病院/病棟勤務/看護師
看護師1年目の給与で400万くらいでした。2年目になると450万くらいまで年収が上がります。1年目と2年目の違いは1年目より夜勤が増えることが大きな違いで、それによって毎月の給与が上がっています。ただ、賞与の額は他の病院と比べても高いため、その点は満足しています。
近畿大学病院/病棟勤務/看護師
年収や給与で不満はなく、国内でもトップクラスの給与水準だと感じます。看護師10年目で月4回夜勤程度、給与40万程度。ボーナスは基本給6ヶ月以上+αで貰えました。
手当もかなり充実しています。
愛知医科大学病院/ICU勤務/看護師
4年目で年収は約550万。基本給と地域手当、住宅手当、通勤手当、夜勤手当6〜7回分で、手取りは月30万円弱です。私はICU系勤務のため、夜勤回数が多かったです。
賞与については、年間で約4ヶ月分でした。
九州大学病院/病棟勤務/看護師
年収は、配属される部署により手当等が変わります。私は10年目で年収は550万円でした。
1年目の基本給は20万7千円に地域手当、特殊勤務手当、夜勤手当、時間外勤務手当、住宅手当等が付き、総支給額が月27万円でした。
ボーナスは1.8〜1.9倍です。
兵庫医科大学病院/病棟勤務/看護師
看護師2年目で、年収は450万以上あったと思います。
ですが、これはほとんど夜勤手当と残業手当が大きかったと思います。夜勤を月5~6回行っていました。
ボーナスは比較的多く、夏は1.5ヶ月分、冬は2.0ヶ月分でした。
名古屋市立大学病院/病棟勤務/看護師
私は看護師4年目で正職員として働き、夜勤もしていました。3交代でしたが、準夜勤と深夜勤を合わせて夜勤は月に10~12回ほど行っていました。
このような勤務で、年収は約490万円くらいでした。ボーナスは6月と12月に支給され、1回約40万円だったため、約80万円が年間で支給されていました。

大学病院で働く看護師の昇給事情を解説(体験談)

大学病院で働く看護師の昇給事情を解説(体験談)

大学病院で働く看護師の昇給額は、率直に言うと良い場合が多いでしょう。

私は、大学病院から国立病院機構へ看護師として転職しました。大学病院の昇給額が当たり前と思っていましたが、(福利厚生が良いと言われる)国立病院機構では、大学病院の3分の1程度減額した昇給でした。

大学病院で働く看護師は、一般的に忙しい勤務・勤務外の付帯業務も多く、昇給額はそれらを含めて考えれば妥当と言えるでしょう。

大学病院での看護師の昇給額については詳細を明らかにしているところは少なく、また入職する際、お金のことは直接聞きにくいものであるため、ここでは、私の勤務していた大学病院での看護師の昇給額の実態について紹介していきます。

各大学病院で異なる昇給形態のため、参考程度に確認してください。
執筆・監修看護師
執筆・監修看護師
こまき 看護師
こまき 看護師
  • エリア:神奈川県在住
  • 保有資格:看護師
  • 職務経験:大学病院、国立病院、訪問入浴サービス
  • 診療科経験:小児内科・外科、整形外科、脳外科、耳鼻科、形成外科

都内大学病院にて特別病棟(全科)と小児科病棟で7年間勤務。結婚を機に約10ヶ月休職し、その間スポット看護師アルバイトを経験。その後、横浜市内の国立病院へ再就職。外科病棟で働いていました。第一子の産後育休から復帰し、外来へ復職。第二子出産とともに市外への転居も決まり退職。現在2人の子育てをしており休職中。子どもが就学したら復職したいと、今からウズウズしています。看護師の仕事が大好きなので魅力をお伝えし、困った時のアドバイスなど、私の経験を率直にお伝えできればと思います。

著作・監修記事一覧

昇給平均額は毎年1万円弱?

大学病院で働く看護師の昇給平均額は、「役職を持たない看護師」「中途採用の看護師」「管理職(主任)の看護師」「パート看護師」それぞれ以下の通りでした。

役職なし
(スタッフナース)
年間で1万円弱の昇給
中途採用年間で1万円弱の昇給
(役職がない状態のため、役職なしと同様)
(専門・認定看護師の資格を持っている場合は資格手当が支給される)
管理職(主任)年間で1万円強の昇給
(役職がある場合、毎月役職手当が支給される)
パート・アルバイト年間で時給100円の昇給

年に1度の昇給は、大学病院へ入職してからの経験年数で決まるケースがほとんどです。そして、長く大学病院へ勤務している看護師は、管理職等にならない場合でも、確実に基本給は上がっていくシステムです。

一般的に、中途採用で大学病院に入職した看護師の場合、看護の経験年数があった場合でも、大学病院での経験年数には換算されませんでした。

そのため、私が勤務している大学病院では、経験が多い看護師よりも、大学病院で長く勤務している看護師の方が、基本給が高い設定でした。

また、大学病院の看護師は「看護専門学校・看護短大の卒業」と「看護大学卒業」では、初任給に1万~1.5万円ほどの差がありますが、基本給が異なるだけで昇給額は同じでした。

大学病院で働く看護師の昇給額は高い?

一般社団法人日本経済団体連合会が行った「昇給・ベースアップ実施状況調査結果」では、一般企業における2021年の月例賃金引き上げ額は平均6,038円(1.96%)となっています。

そのため、大学病院に勤務する看護師の昇給は、毎年1万円弱の昇給が行われる場合が多く、一般企業と比較しても高いことが分かります。

大学病院へ中途採用で看護師転職して昇給するためには

一般的に、大学病院では、スペシャリストとなりえる資格等(専門看護師、認定看護師、診療看護師(NP)、特定行為研修修了者)を持っており、手当を支給される場合や、管理者として入職するか以外で、中途採用で昇給することは、めったにないと言えるでしょう。

私が勤務していた大学病院の昇給額は、努力したら上がるものでもないため、ひたすら長年勤務し、基本給を上げることが必要でした

また、大学病院へ中途採用にて転職を考える方は、メリット・デメリットもあるため、「大学病院へ看護師の中途採用で転職する場合の注意点」を一度確認しておきましょう。

大学病院の看護師が給与を上げるためには

大学病院の看護師として給与を上げたい場合は、以下のことがおすすめです。

  • 役職につけるよう努力をする
  • 認定・専門看護師等の資格の取得をし、役職・資格手当てをもらう
  • 日勤・夜勤でリーダーを行い、リーダー手当をもらう
  • 手術室・救命病棟・ICU・CCU等で、危険手当をもらう
  • 夜勤が多い部署に異動する

賞与(ボーナス)は、「基本給×査定(評価)」という給付額のため、基本給が上がることで賞与も高額になっていく大学病院でした。

そのため、賞与査定(5段階評価)を行う上司に対し、日頃から良い人間関係を築いておくことも重要でした。

その他の看護師の体験事例

九州大学病院/病棟勤務/看護師
昇給は1年に1回、1月に5千円昇給していきます。給与は今思えば良かったと思います。
愛知医科大学病院/ICU勤務/看護師
基本給は年間で少額ずつ(6,000円ぐらい)上がっていきます。
東京女子医科大学病院/手術室勤務/看護師
看護学校卒と4年制大学卒や経験年数での基本給の差があります。また、ここ数年は、定期昇給なしになりました。その理由は赤字によるものだから仕方ないといったような説明でした。
名古屋市立大学病院/病棟勤務/看護師
看護師の勤務年数が上がるごとに、2~4万くらいは昇給されていたと思います。

大学病院で働く看護師の教育体制(研修制度)を解説(体験談)

大学病院で働く看護師の教育体制(研修制度)を解説(体験談)

私が勤務していた大学病院では、実に多くの研修を実施していました。

また、中途看護師に行われる大学病院の研修の例を紹介していきます。

あくまで一般的な大学病院の例となり、必ずしも以下のような研修が行われるわけではありません。
執筆・監修看護師
執筆・監修看護師
さよ 看護師
さよ 看護師
  • エリア:京都府在住
  • 保有資格:看護師
  • 施設経験:大学病院(混合病棟)、総合病院
  • 専門分野:脳神経外科、呼吸器内科、腎臓内科、放射線治療科、皮膚科、麻酔科、血液内科、内分泌内科

地方の大学病院で約6年勤務し、その間妊娠・出産も経験し出産後も子どもを保育園に預けながら中核病院で正社員として働いていました。その後京都に移り住み現在は子育てしながら訪問入浴・デイサービス・健診など派遣看護師として働いています。私自身子どもを育てながら色々な勤務形態で勤務した経験があるのでママさんナース、これから結婚・出産を経験する方々に私の経験をもとに情報を発信していきたいと思います。

著作・監修記事一覧

新人研修(転職した中途看護師も対象)

中途看護師でも新卒看護師でも、大学病院に入職し、最初に受ける必須研修が「新人研修」でした。

研修は1日かけて行うことが多く、研修は出勤とみなされます。

1年間を通し毎月開催されており、研修では接遇に始まり、医療機器や医薬品の取り扱い方、採血や点滴ラインの挿入など実技研修も充実しています。

中途採用の看護師は新人研修で大学病院での看護技術を深め、今まで行ってきた看護基本が試されるとともに、大学病院での業務の行い方を覚えていきます。

 

メンタルフォローも充実している

私が勤務した大学病院では、メンタルフォローも充実しており、看護師同士でグループワークを行い、職場でのストレス対処方法などを共有したりしました。

また、他部署と交流ができ、他部署の同士で仲良くなり食事に行ったり、情報交換をしたり、同部署の看護師には話せないことも話せたりしました。

プリセプター研修も充実

私が勤務していた大学病院では、新人看護師を対象にプリセプター研修が実施されます。

もちろん、中途採用の看護師でも、違う病院でプリセプター研修の経験がある場合でも、必須の研修となっておりました。

研修内容は心理学を用いたティーチングとコーチングの使い分けや、新人看護師の対応の仕方、プリセプターの役割についてでした。

2年目看護師研修

2年目看護師研修では、症例を用いて看護診断を立案することや、プライマリーナーシングの役割について学びます。

大学病院にもよりますが「プライマリーナーシング」、「チームナーシング」や「パートナーシップ・ナーシング・システム(PNS)」を導入している場合が多いでしょう。

私が勤務した大学病院では、プライマリーナーシングと、チームナーシングを掛け合わせた「プライマリーチームナーシング」を行っていました。

プライマリーチームナーシングを行うことによって看護師と患者との間により信頼関係が生まれ、より細かでかつ個別性のある看護ケアを行うことができていました。

中途採用の看護師でも、2年目研修を受けます。

プライマリーナーシング:1人の看護師が1人の患者の入院から退院までを担当し、一貫して看護ケアを提供する看護方式。
チームナーシング:チーム単位で一定の患者を受け持ち、一定水準の看護ケアを提供する看護方式。
パートナーシップ・ナーシング・システム(PNS):看護師が質の高い看護を共に提供することを目的に、良きパートナーとして、対等な立場で、互いの特性を活かし、相互に補完し合って、その成果と責任を共有する看護方式。

認定・専門看護師による研修

私が勤務していた大学病院では、認定看護師及び専門看護師による研修が多々行われていました。

頻度は大学病院により異なりますが、毎週何かしらの研修が行われているのが一般的です。(研修はすべて無料です。)

例えば、「がん看護研修」等では、がん看護の認定看護師が、がんの患者の疼痛コントロールについて詳しく解説してくれます。

資料も丁寧に作成されており、研修を受けた内容をすぐに臨床で活かすことができます。

認定看護師による研修は、私が勤務した大学病院では、強制ではなく、自分で興味のある分野の研修に申し込み、自主的に参加していました。

年間を通じて30種類程度の研修がある

私が勤めた大学病院では、その他にも「糖尿病、インスリンについて」や「患者の急変時の対応」「認知症患者の対応」「生体移植後の患者の管理」等、研修内容は多岐に渡り、およそ30種類程度が年間を通して開催されていました

看護師としてステップアップしていきたい、知識や教養を増やしたい、という方には大学病院は良い環境です。

その他の看護師の体験事例

慶應義塾大学病院/病棟勤務/看護師
看護師の教育制度はかなり整っています。どの年代になっても、次のステップへいくための研修が用意されています。先輩からもかなりたくさん指導してもらえるため、看護師としての成長はあると思います。しかし、病棟それぞれ特有の課題などもあり、常に勉強し続けないといけないです。
九州大学病院/病棟勤務/看護師
看護部の教育制度は整っていると思います。感染症の影響もあり、研修がほとんどなくなりましたが、現在は行っています。中途採用を含む、新人看護師に対しては通常3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月のフォローアップ研修に加え、毎月何かしらの題材で講義や実践研修を行っています。
看護経験5年目以上となると、1〜2年間研修を受け、条件をみたすと院内認定看護師となることができます。糖尿病、皮膚排泄ケア、感染症などのジャンルがあり、院内認定看護師は各病棟でのスタッフ教育も率先して行っています。
兵庫医科大学病院/病棟勤務/看護師
教育制度や研修はかなりしっかりしています。新卒で入職した1ヶ月は研修棟で研修してから病棟に配属されます。基礎を学んでから患者様を受け持つことができるので、そこは安心していました。また、ラダー制度を導入、年に何度も勉強会や研修がありました。また、パートナーシップ・ナーシング・システム(PNS)導入しており、後輩とパートナーになることも多く質問を多くうけるため、自然と勉強を行っていました。
東京女子医科大学病院/手術室勤務/看護師
全体教育として、大学の教員が講義をしてくれる場合や、エキスパートナースや認定、専門看護師からの、沢山のスキルアップ研修を受けることができます。外部などの看護師の研修の費用を申請すれば、上限はありますが後々病院が負担してくれる制度もあり、学会等に参加する看護師も多かったです。
部署別の教育については医師やコメディカルに依頼し勉強会を開いてもらうこともありましたし、充実していたと思います。

大学病院の看護師求人が多い転職サイト(中途採用)

大学病院の看護師求人が多い転職サイト(中途採用)

大学病院の採用ページから、看護師が中途採用で直接応募する場合、どのような看護師が応募してくるか分からないため、一定の採用試験や書類選考を設ける場合がほとんどです。

そのため、履歴書・職務経歴書の書類選考、小論文や適性検査などが行われる場合もあります。

ただし、看護師転職サイト(看護師専用の転職エージェント)を活用することで、書類選考や適性検査を行うことなく面接までたどり着くことが可能になるケースが多いです。

これは、あらかじめ看護師転職サイトの担当者が、看護師の職歴や人柄、今までの経験と大学病院へ中途採用を希望する理由等、あらかじめ採用担当者に伝えているためです。

そのため、看護師転職サイトを活用することで、(すでに担当者との話の中で選考されているため)面接から行うことが可能となり、採用される可能性も向上します

以下で、中途採用の大学病院求人が多く、転職支援サービスが充実している看護師転職サイトをご紹介します。

大学病院の(中途採用)看護師求人数はとても少ないため、以下の3社をまずは登録して、希望するエリアで大学病院の中途採用の看護師求人があるか、担当者に確認することがおすすめです。(各社保有している求人が異なり、インターネット上に出ない非公開求人も様々です。)

大学病院の看護師求人が豊富!レバウェル看護

レバウェル看護(旧 看護のお仕事)

転職相談面接対策条件交渉退職相談
2重丸2重丸2重丸2重丸
サイト名レバウェル看護(旧:看護のお仕事)
運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
公開求人数154,079件
(2024年5月3日時点)
非公開求人豊富
対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師
対応 雇用形態常勤(夜勤有り)、日勤常勤、夜勤専従常勤、夜勤専従パート、非常勤、派遣、紹介予定派遣
対応施設総合病院、一般病院、クリニック、特別養護老人ホーム(特養)、訪問看護、有料老人ホーム、デイサービス、重症心身障害者施設、保育園、検診センター
対応 診療科目内科、精神科、心療内科、小児科、外科、整形外科、皮膚科、産婦人科、眼科、歯科、美容外科、美容皮膚科
対応配属先病棟、外来、施設、訪問、手術室(オペ室)、透析、内視鏡
対応エリア北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴・看護師の転職求人が豊富
・転職支援サービスが手厚い
・転職の相談から行える
・院内・施設内情報に強い

レバウェル看護(旧 看護のお仕事)は、看護師転職サイトの中でも断トツに看護師求人数が多く、掲載中の求人のみでも大学病院の看護師求人が一番多いです。

また、利用する看護師に人気が高く、転職支援サービス内容も充実しており、求人はハローワーク求人もカバーしています。

そのため、大学病院に中途採用を考える看護師の場合、必ず活用しておきたい転職サイトです。

公式サイト:https://kango-oshigoto.jp/

主要な大学病院の看護師求人なら!マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職相談面接対策条件交渉退職相談
2重丸2重丸2重丸2重丸
サイト名マイナビ看護師
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数81,589件
(2024年5月3日時点)
非公開求人とても豊富(保有求人全体の約40%非公開)
対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師、ケアマネジャー
対応 雇用形態正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託その他
対応 勤務形態常勤(二交替制)、常勤(三交替制) 、夜勤なし、夜勤専従
対応施設病院、クリニック・診療所、美容クリニック、施設、訪問看護ステーション、看護師資格・経験を活かせる一般企業、治験関連企業(CRA、CRCなど)、保育施設 、その他
対応 診療科目美容外科、小児科、産科、婦人科(レディースクリニック)、整形外科、循環器内科、心療内科、消化器外科、心臓血管外科、スポーツ整形外科、脳神経外科、眼科、形成外科、消化器内科、歯科、精神科、血液内科、外科、内科、神経内科
対応配属先病棟、外来、手術室、内視鏡室、ICU、透析、救急外来、訪問看護、管理職の仕事
対応エリア北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴・転職の相談から行える
・キャリアアドバイザー親切丁寧
・退職交渉も可能
・企業系のレア求人を豊富に保有

マイナビ看護師は、大学病院の看護師求人数は少ないですが、全体の40%が非公開求人となるため、好条件の求人がとても豊富です。

また、看護学生用のマイナビ看護学生を運営していることから、大学病院ともつながりが深く、合わせて利用しておきたい転職サイトです。

担当者が丁寧で的確なアドバイスを行ってくれるため、利用した看護師に定評があります。

公式サイト:https://kango.mynavi.jp/

常に大学病院の看護師求人を更新!看護roo!

看護roo!

転職相談面接対策条件交渉退職相談
まるまる2重丸三角
サイト名看護roo!
運営会社株式会社クイック
公開求人数85,343件
(2024年5月3日時点)
非公開求人豊富
対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師、看護学生
対応 雇用形態正社員、パート・アルバイト、一般派遣
対応 勤務形態常勤(夜勤あり)、常勤(日勤のみ)、非常勤
対応施設一般病院、大学病院、一般+療養、療養型病院、精神病院、クリニック、訪問看護、介護施設、健診センター、保育園・学校、その他施設
対応配属先病棟、外来、オペ室(手術室)、救急外来、ICU系、透析、訪問看護、介護・福祉系、健診・検診、保育園・学校、訪問診療、内視鏡、その他
対応エリア北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴・転職支援ツールの提供が豊富

看護roo!は看護師転職サイトの中でも、いち早く大学病院の看護師求人を掲載していた実績がある転職サイトです。

現在では、常時100件近くの大学病院求人を掲載しているため、こちらも合わせて利用しておきましょう。

利用する看護師や地域によっては、利用した看護師の満足度も高いため、求人を探してもらうために利用してきましょう。

公式サイト:https://www.kango-roo.com/

まとめ

大学病院は、看護師として最先端の医療を学べる環境であり、中途採用で入職する看護師も少なくありません。

また、有名病院が多く、ブランド的なイメージを持っている大学病院は、多くの看護師が、一度は勤めてみたいと思うのではないでしょうか。

大学病院で働く看護師は、福利厚生も充実しており、教育体制も申し分ないです。

さらに、給与や平均年収が良く、自分の看護へのモチベーションをあげる上で大切な条件にもなりえますが、自分がなぜ大学病院へ就職したいのかよく考えてから転職しましょう。

中途採用で大学病院に転職する場合、メリット・デメリットがあり、必ず確認を行いましょう。

詳しくは「大学病院へ看護師の中途採用で転職する場合の注意点」も合わせて確認してください。

このサイトの運営者情報

運営会社株式会社peko
会社ホームページhttps://peko.co.jp/
所在地〒107-0052 東京都港区赤坂3丁目1-16 BIビル6F
代表取締役辻󠄀 昌彦
設立2015年6月
資本金14,000,000円
事業内容
  • 有料職業紹介事業
  • キャリアメディア事業
  • インターネット広告事業
  • SEOコンサルティング事業等
厚生労働大臣許認可有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-314509
(厚生労働省職業安定局: 職業紹介事業詳細
特定募集情報等提供事業:51-募-000760
連絡先03-5324-3939 (受付時間:休日、祝日を除く10:00~17:00)
お問い合わせhttps://peko.co.jp/inquiry
監修者情報著作者・監修者情報・コンテンツポリシー

参考文献等

総合監修者

キャリアコンサルタント(国家資格)真下彩花

キャリアコンサルタント(国家資格)真下彩花

新卒で東証スタンダードに上場している会社に入社し、個人事業主・税理士などの経理・税務サポートを担当後、半導体・電子部品等の最大手(東証プライム上場)に転職し、営業支援に従事する。その後、ベンチャー企業での経理・採用経験を経て、2019年から株式会社pekoにて、キャリアアドバイザーとして看護師の転職支援を始め、多くの転職者のサポートを担当中。

関連記事

最新コンテンツ

看護師の転職準備

看護師の転職準備

看護師の転職求人

看護師転職求人

看護師の転職サイト

看護師転職サイト

看護師の転職必要書類

看護師の履歴書

看護師の病院見学(転職時)

看護師の病院・施設見学

看護師の面接対策

看護師の面接対策

看護師の退職

看護師の退職

看護師の内定・入職

看護師の内定・入職

看護師の転職後

看護師転職後の悩みやトラブル

看護師の年代別転職

年代別看護師転職

看護師のライフスタイル別転職

看護師のライフスタイル別転職

看護師の勤務先別転職

勤務先別の看護師転職

看護師の診療科別転職

診療科・部署別の看護師転職

現役看護師「なるにわ」ガイド

現役看護師の「なるには」ガイド

看護師派遣

看護師の派遣

TOP

株式会社peko

法人番号:4010001168708

〒107-0052 東京都港区赤坂3丁目1-16 BIビル6F

株式会社pekoは、厚生労働大臣より有料職業紹介事業の許可うけ、人材紹介・転職支援サービス関連等を提供している企業です。

職業紹介事業者許可番号:13-ユ-314509

当サイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。