看護師転職の良くある質問

看護師の転職面接で「いつから働けるか」を聞かれた場合のベスト回答は?

当ページには広告リンクが含まれます。

株式会社pekoが運営する「看護師転職ガイド」は、複数の企業と提携しており、当サイトの記事にて紹介したサービスが登録申し込みされた際に、各企業から支払いを受け取ることがあります。ただし、当サイト内に掲載するサービスの評価やランキングに対しては、提携の有無・支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。
なお、閲覧ユーザーの方に課金を求めるサービスの掲載は行っておりません。 また、当サイトで得た収益は、看護師の方々に役立つ情報やコンテンツを提供することでも活用・還元しており、「コンテンツポリシー」を定め運営しております。

看護師転職時の質問現在働きながら看護師として転職活動を行っており、来週に面接が3件入っています。面接で「いつから働けますか?」と聞かれた場合、どのように回答すれば良いでしょうか。
また、現在の職場に退職も伝えていない状態です。(32歳/看護師)

回答転職先が決まってから、今の職場に退職を伝えることは、ご自身の生活のことを考えると問題ありません。ただし、おおよそ退職にかかる引継ぎ期間・退職手続きの期間を考慮しておくと良いでしょう。(就業規則の確認や同じ職場の同僚がどれぐらい退職に時間がかかったかを、あらかじめ確認しておきましょう。)
また、看護師の方が転職する場合、面接でいつから働けるかを確認された場合、以下のポイントで説明することがおすすめです。

  • 入職できる予定日を「月」で伝えること
  • その予定日になる理由を伝えること
  • 入職に対して前向きな姿勢を見せること
  • 予定であることを伝え、改めて回答することを伝える

具体例文としては「10月から入職すること(働くこと)を予定としており、お時間をいただきたいです。いち早く入職を行い、御院で学び、貢献したいと考えておりますが、現在勤務中のため、引継ぎ・退職手続きの期間と考えております。内定をいただき次第、現在の勤務先と調整・日程交渉し、改めて入職可能な日時をお伝えいたします。」
看護師が転職する施設(病院・クリニック・介護施設等)にもよりますが、一般的には内定をもらってから2ヶ月~3ヶ月ぐらいは入職するまで待ってもらえます
(場合によって6ヶ月先や1年間先まで、待ってもらうことも可能ですが、双方の状況によるでしょう。)

以下で、さらに詳しく説明していきます。

執筆・監修
監修・執筆者
おすすめの転職サイト3選
順位転職サイト名評価登録
おすすめ1位 レバウェル看護(旧 看護のお仕事) 3.9無料登録
おすすめ2位マイナビ看護師3.8無料登録
おすすめ3位ナースではたらこ3.7無料登録

転職先が「いつから働けるか」の質問をする採用側の意図

転職先が「いつから働けるか」の質問をする採用側の意図

看護師の転職先である病院・クリニック・施設等が「いつから働けるか」ということを聞く、採用側の意図を説明していきます。

「いつから働けるか」は合否に関係はない?

看護師転職面接時に、採用担当者から「いつから働けるか?」と聞かれた場合、「採用がほぼ決定した!」と考える看護師も多いですが、そのようなことはありません

「いつから働けるか」という質問は、すべての転職者に確認していますので、採用担当者が必ず聞く項目です。

転職する施設の人員の状況によって、採用まで余裕がある場合や、すぐにでも採用したい場合など、置かれている状況が様々なため、面接をした看護師全員に確認します。

そのため、この質問は合格には関係ありませんが、「看護師が伝える期間によって」不合格になる可能性が秘めている質問であると言えます。

また、面接から採用するまでに期間が空けばあくほど、辞退される場合も多くあります。そのため、「採用をした場合、自分の職場に転職をしてくれるか」という意思確認を行っています。

もしも、「いつから働けるか」の質問がなかった場合

看護師転職面接時において、「いつから働けるか?」などの質問がなかった場合、採用時期が決まっている募集以外は、「不合格のフラグ」が立っていると考えて良いでしょう。

そのため、次の転職先を探すことに注力しておきましょう。

また、採用時期について面接で質問されない場合でも、後日、面接は合格で、採用したい旨を伝えられる場合もあります。

しかし、そのような場合は「採用したい第一希望の人が入職を辞退した」「急遽採用しなければいけない理由ができた」「採用担当者が面接に慣れていない」などの問題がある可能性があります。そのため、転職するかどうかを改めて検討しましょう

入職するか、看護師の意志確認

「いつから働けるか」という質問は、入職する気持ちがどのぐらいあるのか、看護師の意志を確認している場合もあるため、注意が必要です。

例えば、以下のような看護師は不採用になるケースが多いと言えるでしょう。

  • 自己都合で入職日を先延ばしする方
  • 入職可能日が曖昧な方
  • 入職意欲や意志が確認できない方

看護師から前向きな回答が返ってこなかった場合、熱意や入職意欲を感じない返答だった場合、曖昧な返答が多く本心をはぐらかしている回答の場合は、面接官も入職意志がないと判断します。そのため、そのような対応をしてしまった場合、不合格になる場合も多いでしょう。

「いつから働けるか」の看護師が回答するマナー・NG例

「いつから働けるか」の看護師が回答するマナー・NG例

看護師が転職時に面接で「いつから働けるか」ということを聞かれた場合のマナーと、NG例について説明していきます。

内定から入職日まで待てる期間は1ヶ月~3ヶ月

看護師が病院・クリニック・施設等に転職する場合、一般的に内定から1ヶ月~3ヶ月程度の期間が、雇用先が待てる期間だと考えておきましょう。

雇用先の募集時期を指定されている以外で、それ以上の期間となる場合、周囲の誰もが納得する理由が必要となります。(特別な理由がある場合は、誠心誠意、理由と共に説明しておきましょう。)

そのため、働きながら看護師として転職活動をする場合は、少なくとも4ヶ月前から求人を探し、転職希望日の3カ月前から面接などの転職活動することをおすすめします。

詳しくは「看護師転職に必要な6つの準備!転職スケジュールと期間を解説!」を確認してください。

現在の勤務先の就業規則等を確認しておく

看護師として現在勤務している場合で、就業規則等がある場合は、確認をしておきましょう。

就業規則には、「退職日の2カ月前までに告知する」などの規則が設けられている可能性があり、なるべくルールに従うことで円満退職を行いましょう。

さらに詳しくは「看護師 円満退職の方法!退職理由やスケジュール」を確認しておきましょう。

また、法的(民法第627条第1項)には、看護師が退職を申し出た日から通算して2週間(14日)を経過した場合に退職とすることは可能ですが、トラブルの原因となる可能性もあり、まずは円満退職を心がけましょう。

民法第627条第1項

民法第627条第1項

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。
出典:民法第627条

避けるべきNGな回答例

「いつから働けるか」という質問を看護師が面接時に受けた場合、以下のような回答を避けた方が良いと言えるでしょう。

面接時の印象が悪くなることはもちろん、働きたいと感じた病院・施設等の場合でも、不採用になる可能性があります。

NG例1「他の病院・施設も面接の予定が入っており、すみませんが、選考状況次第となります。」
NG例2「現在の勤務先の上司に確認しなければいけないので、今は予定が分かりません。後日ご連絡しても良いでしょうか。」
NG例3「現時点では分かりませんが、おそらく内定から2ヶ月程度だと思います。」
NG例4「現在離職中ですが、転職先をしっかりと検討している段階なので、1ヶ月ほどお時間が欲しいです。」
NG例5「現在の勤務先退職後に、有給消化となるため、入職は3ヶ月後になりそうです。」
NG例6「転職するか迷っており、入職予定日は現時点で分かりません。」

上記のような回答は避けておきましょう。

曖昧な回答を行うと、無計画の看護師だと思われてしまう可能性もあるため、注意しておきましょう。

「いつから働けるか」の看護師のベストな回答例文

「いつから働けるか」の看護師のベストな回答例文

看護師が転職時に面接で「いつから働けるか」を質問された場合のベストな回答例文とそのポイントを解説していきます。

勤務中の看護師の回答例文

例文

「10月から入職すること(働くこと)を予定としており、お時間をいただきたいです。いち早く入職を行い、御院で学び、貢献したいと考えておりますが、現在勤務中のため、引継ぎ・退職手続きの期間と考えております。内定をいただき次第、現在の勤務先と調整・日程交渉し、改めて入職可能な日時をお伝えいたします。」

ポイント解説

現在勤務中の場合は、まずは「予定日を月単位で伝えること」が大切です。

月単位で伝える理由としては、雇用先の入職準備などを考えての発言と受け取られ、好印象を相手に与えられます。「内定から」と伝えてしまうと自分ことしか考えていないと受け取られかねません。そのため、「内定から〇か月」と伝えるよりは、「〇月」に入職できる予定だと伝える方が丁寧な印象を与えられるでしょう。

そのため、例え今の職場を退職する日程が決まっていなくても、おおよその予定日を伝えておくことがポイントです。

以下のような項目を伝えると良いでしょう。

  • 何月から入職(働くこと)を予定しているか
  • 入職に対して前向きな姿勢を見せる
  • その予定日になる理由を伝えること
  • 予定であることを伝え、改めて回答することを伝える

また、現在在職中であるため、予定がずれてしまうこともあるでしょう。そのため、あくまでも予定であるということは必ず伝えておきましょう。

離職中の看護師の回答例文

例文1

「現在離職中のため、御院のご都合に合わせることが可能です。」
「現在離職中のため、いつでも入職することが可能です。」

例文2(理由がある場合)

「現在離職中ではありますが、来月の7月から入職を希望しています。家庭の事情で恐縮ですが、現在、親が介護施設に入っており、その施設を変更する予定で、移転の準備等で時間をいただきたいと考えています。6月末までには問題なく終わっていますので、7月には入職が可能です。」

ポイント解説

基本的に離職中の場合、「明確な理由」や「周囲が納得する理由」がない限りは、勤務希望先に合わせることが無難です。

理由もなく、入職日を引き伸ばした場合には、他の病院・施設の結果待ちではないかと考えられてしまうためです。

合格が出た後でも内定を断ることは可能なため、無難な回答を行っておきましょう。

まとめ

看護師の場合、勤務する職場によっても「いつから働けるのか」という回答を考える必要があります。

例えば、比較的、規模が大きな病院や介護施設などはある程度、内定から看護師の入職までの期間は待つことが可能かもしれません。しかし、クリニックで急に人材が不足している場合は、内定から入職までの期間。待ってもらうことが難しい可能性もあります。

希望する転職先によっては、看護師として退職してから転職活動をした方が良いケースもありますし、自身の生活を考えて働きながら転職した方が良いケースもあります。

そのため、自分が働きたい施設を検討した上で、ライフスタイルも検討し、適切な回答をするように心がけていきましょう。

当サイトおすすめの看護師転職サイト3選!

当サイトおすすめの看護師転職サイト3選!

看護師転職ガイドを運営する株式会社pekoがおすすめする、看護師転職サイト(看護師専用の転職エージェント)3選をご紹介します。

こちらでご紹介する看護師転職サイトは、以下のサービス内容が充実しています。

  • 看護師の転職支援実績が豊富
  • 転職支援サービスの内容が充実
  • 履歴書・職務経歴書の添削、面接対策が充実
  • 保有する看護師・看護職求人の多さ
  • 担当者や紹介される求人の質の良さ

特に迷われる方は、2社から3社程度無料会員登録を行い、ご自身で比較しながら利用する看護師転職サイトを最終的に一つに絞り込みましょう。

 

看護師求人数が断トツで豊富!レバウェル看護(旧 看護のお仕事)

レバウェル看護(旧 看護のお仕事)

転職相談面接対策条件交渉退職相談
2重丸2重丸2重丸2重丸
サイト名レバウェル看護(旧:看護のお仕事)
運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
公開求人数154,079件
(2024年5月3日時点)
非公開求人豊富
対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師
対応 雇用形態常勤(夜勤有り)、日勤常勤、夜勤専従常勤、夜勤専従パート、非常勤、派遣、紹介予定派遣
対応施設総合病院、一般病院、クリニック、特別養護老人ホーム(特養)、訪問看護、有料老人ホーム、デイサービス、重症心身障害者施設、保育園、検診センター
対応 診療科目内科、精神科、心療内科、小児科、外科、整形外科、皮膚科、産婦人科、眼科、歯科、美容外科、美容皮膚科
対応配属先病棟、外来、施設、訪問、手術室(オペ室)、透析、内視鏡
対応エリア北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴・看護師の転職求人が豊富
・転職支援サービスが手厚い
・転職の相談から行える
・院内・施設内情報に強い

公式サイト:https://kango-oshigoto.jp/

 

丁寧で的確なアドバイス!マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職相談面接対策条件交渉退職相談
2重丸2重丸2重丸2重丸
サイト名マイナビ看護師
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数81,589件
(2024年5月3日時点)
非公開求人とても豊富(保有求人全体の約40%非公開)
対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師、ケアマネジャー
対応 雇用形態正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託その他
対応 勤務形態常勤(二交替制)、常勤(三交替制) 、夜勤なし、夜勤専従
対応施設病院、クリニック・診療所、美容クリニック、施設、訪問看護ステーション、看護師資格・経験を活かせる一般企業、治験関連企業(CRA、CRCなど)、保育施設 、その他
対応 診療科目美容外科、小児科、産科、婦人科(レディースクリニック)、整形外科、循環器内科、心療内科、消化器外科、心臓血管外科、スポーツ整形外科、脳神経外科、眼科、形成外科、消化器内科、歯科、精神科、血液内科、外科、内科、神経内科
対応配属先病棟、外来、手術室、内視鏡室、ICU、透析、救急外来、訪問看護、管理職の仕事
対応エリア北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴・転職の相談から行える
・キャリアアドバイザー親切丁寧
・退職交渉も可能
・企業系のレア求人を豊富に保有

公式サイト:https://kango.mynavi.jp/

 

転職・キャリアの相談なら!ナースではたらこ

ナースではたらこ

転職相談面接対策条件交渉退職相談
まる2重丸2重丸三角
サイト名ナースではたらこ
運営会社ディップ株式会社
公開求人数95,593件
(2024年5月3日時点)
非公開求人豊富
対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師
対応 勤務形態常勤、非常勤、日勤のみ、夜勤専従
対応施設病院、クリニック、介護施設、デイサービス、訪問看護、企業その他
対応エリア北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴・非公開求人が豊富
・希望条件に合う求人が見つかりやすい
・希望する病院・施設へ転職可能な逆指名転職がある

公式サイト:https://iryo-de-hatarako.net/

 

このサイトの運営者情報

運営会社株式会社peko
会社ホームページhttps://peko.co.jp/
所在地〒107-0052 東京都港区赤坂3丁目1-16 BIビル6F
代表取締役辻󠄀 昌彦
設立2015年6月
資本金14,000,000円
事業内容
  • 有料職業紹介事業
  • キャリアメディア事業
  • インターネット広告事業
  • SEOコンサルティング事業等
厚生労働大臣許認可有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-314509
(厚生労働省職業安定局: 職業紹介事業詳細
特定募集情報等提供事業:51-募-000760
連絡先03-5324-3939 (受付時間:休日、祝日を除く10:00~17:00)
お問い合わせhttps://peko.co.jp/inquiry
監修者情報著作者・監修者情報・コンテンツポリシー

参考文献等

総合監修者

キャリアコンサルタント(国家資格)真下彩花

キャリアコンサルタント(国家資格)真下彩花

新卒で東証スタンダードに上場している会社に入社し、個人事業主・税理士などの経理・税務サポートを担当後、半導体・電子部品等の最大手(東証プライム上場)に転職し、営業支援に従事する。その後、ベンチャー企業での経理・採用経験を経て、2019年から株式会社pekoにて、キャリアアドバイザーとして看護師の転職支援を始め、多くの転職者のサポートを担当中。

関連記事

最新コンテンツ

看護師の転職準備

看護師の転職準備

看護師の転職求人

看護師転職求人

看護師の転職サイト

看護師転職サイト

看護師の転職必要書類

看護師の履歴書

看護師の病院見学(転職時)

看護師の病院・施設見学

看護師の面接対策

看護師の面接対策

看護師の退職

看護師の退職

看護師の内定・入職

看護師の内定・入職

看護師の転職後

看護師転職後の悩みやトラブル

看護師の年代別転職

年代別看護師転職

看護師のライフスタイル別転職

看護師のライフスタイル別転職

看護師の勤務先別転職

勤務先別の看護師転職

看護師の診療科別転職

診療科・部署別の看護師転職

現役看護師「なるにわ」ガイド

現役看護師の「なるには」ガイド

看護師派遣

看護師の派遣

TOP

株式会社peko

法人番号:4010001168708

〒107-0052 東京都港区赤坂3丁目1-16 BIビル6F

株式会社pekoは、厚生労働大臣より有料職業紹介事業の許可うけ、人材紹介・転職支援サービス関連等を提供している企業です。

職業紹介事業者許可番号:13-ユ-314509

当サイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。