看護師の体験談

看護師が皮膚科クリニックで働いて感じたメリット・デメリット

当ページには広告リンクが含まれます。

株式会社pekoが運営する「看護師転職ガイド」は、複数の企業と提携しており、当サイトの記事にて紹介したサービスが登録申し込みされた際に、各企業から支払いを受け取ることがあります。ただし、当サイト内に掲載するサービスの評価やランキングに対しては、提携の有無・支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。
なお、閲覧ユーザーの方に課金を求めるサービスの掲載は行っておりません。 また、当サイトで得た収益は、看護師の方々に役立つ情報やコンテンツを提供することでも活用・還元しており、「コンテンツポリシー」を定め運営しております。

看護師がクリニックに勤務しようと考えたとき、皮膚科クリニックは人気の診療科ではないでしょうか。

しかし、皮膚科クリニックは、他の診療科のクリニックよりも求人が少なく、募集が出ていてもすぐに採用が決定し、募集締め切りになる傾向があります。

私は複数の皮膚科クリニックで、看護師として5年間働いた勤務経験があります。

病院勤務になると人気の落ちる皮膚科ですが、なぜ皮膚科クリニックは他の診療科のクリニックよりも看護師に人気が高いのでしょうか。

複数の皮膚科クリニックで働いた私の経験をもとに、メリット・デメリット、看護師が転職するためのポイントを説明していきます。

また、一般診療の皮膚科クリニックと異なる「美容皮膚科クリニック」に関しては「美容皮膚科の看護師になるには?仕事内容や転職注意点・体験事例」を参照してください。

執筆・監修看護師
執筆・監修看護師

皮膚科クリニックで看護師が働くメリット

皮膚科クリニックで看護師が働くメリット

皮膚科クリニックで働く看護師のメリットを私の経験をもとに説明していきます。

どのメリットに皮膚科クリニックが看護師に人気の理由が隠されているのでしょうか。考えながら確認していきましょう。

患者の重症度が低い

患者の重症度が低い

皮膚科クリニックでは、今すぐ処置を必要とするという患者(重症度が高い患者)は、ほとんど来院しないことが、働く看護師にとってのメリットです。

例えば、内科クリニックの場合、患者はなんらかの体調不良を、ぎりぎりまで我慢して来院することもあります。その場合、患者はすでに重症、病院で入院して治療を受けなければならないことや、その場で倒れてしまうこともあります。

そのような患者がクリニックに来院することで、看護師の仕事は忙しくなり、仕事に余裕もなくなり悪循環に陥ります。

一方、皮膚科クリニックでは患者の重症度が低く、看護師は慌てることも無く業務を行えます。

看護師の体験事例

私が勤務してきた皮膚科のクリニックでは、すぐに処置を必要とする患者は、ほぼ来院することはありません。
ごく稀に、今すぐ処置が必要な患者が来院する場合もありますが、一般的には大きな病院へ紹介することになるため、看護師が直接手を施すといった機会も少ないです。
そのため、今まで病院等で急変や急患でばたばたとした生活に疲れてしまった看護師にはおすすめです。

実生活でも活用できる知識が得られる

実生活でも活用できる知識が得られる

看護師が皮膚科クリニックに勤務することで、実生活でも活用ができる皮膚科の知識を得られることがメリットです。

皮膚科クリニックに来院する患者は、そのほとんどが見た目の皮膚トラブルを抱えて来院します。

そのような患者対応(医師の診察介助)を行うことで、最初は自分の皮膚や肌に関してはなんとも思っていなかった看護師でも、自然と自分の皮膚に対しても気になってくるものです。

また、皮膚科分野の知識は、教科書や参考書に乗っているわけではありません。そのため、皮膚科クリニックで看護師として働いたからこそ得られる知識です。

(皮膚科クリニックの中には、一般診療と美容皮膚科の自由診療を併せて行っているクリニックもあります。)

看護師の体験事例

私は皮膚科クリニックに勤務することで、医師からの患者に施術についての説明や、処置後の留意事項、家でのセルフケアの説明を聞く機会が多かったです。
そのため、自然と皮膚への知識が自然と身につき、医師が患者に伝えていることを自分の生活でも活用していました。

自分の皮膚に関するトラブルなどを診てもらうことが可能

自分の皮膚に関するトラブルなどを診てもらうことが可能

皮膚科クリニックに勤務している看護師が、自分の皮膚に関するトラブルを感じたい場合、すぐに診察してもらえることがメリットです。

例えば、看護師として病院・病棟で働いていると、自分自身に体調不良や異常がある場合、すぐに診てもらえるという特権があります。

一方、皮膚科クリニックの場合、患者同様、すごく小さな悩みや施術に関しても行ってもらえるということが特権です。

きっと、皮膚科クリニックの看護師に肌が綺麗な人が多いのは、このような理由もあるのではないでしょうか。

看護師の体験事例

私が看護師として皮膚科クリニックに勤務していた際は、自分の肌の調子が悪い、吹き出物ができた、肝斑をどうにかしたい、など小さな悩みに対しても診てもらうことができました。
また、病院の皮膚科では、基本的に褥瘡など皮膚の大きな疾患のみを扱うため、当たり前ですが日常生活で起こりうる小さな皮膚のトラブルは診てもらえないことが多いです。
私は皮膚科クリニックならではの特権だと感じます。

次の転職時に活用できる診療科

次の転職時に活用できる診療科

転職活動を数回してきた看護師や、実際に転職者を迎え入れた経験がある看護師の方は、想像ができるかと思いますが、病院、クリニックに限らず皮膚科を経験している看護師は少ないです。

さらに、総合病院に勤務した新卒看護師は、内科や外科といった身体の構造や機能を学べるところに行く方が多く、皮膚科に最初から勤務する看護師は、あまりいません。

そのため、転職したときに皮膚科経験がある看護師は重宝される傾向があり、メリットです。

看護師の体験事例

私は実際に皮膚科クリニックを経験し、外用薬を使用する機会が多い老人系の施設に現在勤務していますが、重宝されていると感じます。
理由として、皮膚科クリニックでは、外用薬選択が看護師のメインの仕事であり、働く中で外用薬に対しての知識はかなりつきます。
患者の湿疹や発赤に対して、どこにどのような薬剤を使用すれば良いかが分かっているため、病院でも施設でもどこへ行っても看護師としての皮膚科の経験は、重宝されるでしょう。

看護師としてブランクがあっても勤務が可能

看護師としてブランクがあっても勤務が可能

皮膚科クリニックは、看護師としてブランクがある場合でも、すぐに仕事を行うことができる診療科です。

(ブランクがある看護師の復職先として、クリニック勤務を選択する方も多いですが、特に皮膚科はおすすめです。)

皮膚科クリニックでは、新生児から高齢者まで年齢の幅が広い患者が以下のような症状で来院します。

  • 新生児や乳児:乳児湿疹、オムツかぶれなど
  • 学生や社会人:みずいぼ、アトピー、ニキビ、肌荒れ、かぶれ、火傷など
  • 高齢者:皮脂欠乏性湿疹、皮膚の痒みなど

皮膚科クリニックで働く看護師の仕事内容は、患者の対応や説明、器具の準備、医師の介助や処置、雑務(器具の消毒や滅菌、感染予防、掃除など)です。

そのため、他の診療科クリニックと比較して、病棟などの知識が不要で、皮膚科クリニックでは看護師が行う処置が軽く覚えやすいことがメリットです。

看護師の体験事例

私は複数の皮膚科クリニックに勤務していましたが、30代から40代の看護師が多かったです。
また、ブランクから復帰した看護師や、子育て中の看護師も多く働いていました。

皮膚科クリニックで看護師が働くデメリットとは?

皮膚科クリニックで看護師が働くデメリットとは?

私が複数の皮膚科クリニックに勤務し、看護師として働いて感じたデメリットを説明していきます。

また、デメリットを乗り越えることで、皮膚科クリニックで快適な看護師生活を送れるのではないかと、私は感じています。

今まで培ってきた看護知識がほとんど活用できない

今まで培ってきた看護知識がほとんど活用できない

初めて看護師が「皮膚科」の分野で仕事をする場合、一番デメリットに感じやすいこととして、今まで培ってきた看護知識がほとんど活用できないことが挙げられます。

皮膚科クリニックでは、治療と予防、肌トラブル(美容)という多方面の目的で来院する患者が多いため、今まで培ってきた知識を発揮するタイミングはほとんどないと思います。

看護師の体験事例

私が皮膚科クリニックに勤務して感じたことは、病棟などで培った看護師としての知識が活用する場面がないことです。
例えば、皮膚科の分野で働くために看護師として「病棟で褥瘡の知識をつけてきたから」と思うかもしれませんが、クリニックに褥瘡の患者が来ることはほとんどありません。
そのため、新たに皮膚科クリニックの看護師の仕事を、一からすべてを覚え直さなければならないということが大きなデメリットとなると私は感じます。

来院する患者が多く、帰宅時間が遅くなる場合がある

来院する患者が多く、帰宅時間が遅くなる場合がある

皮膚科クリニックに限らず、クリニック全般の特徴ともいえますが、特に皮膚科では(予約制であるにも関わらず)「火傷した」「かぶれた」等の突発的な症状によって来院する患者が多い傾向です。

他の診療科クリニックの場合、大きな病院の救急外来に行けば良いと考える患者が多いですが、皮膚科の症状は、大きい病院に行くまでもないけど、苦痛だと考える患者が多いためです。

そのため、皮膚科クリニックの閉院時間、予約終了時間を過ぎても駆け込んでくる患者により、看護師の帰宅時間が遅くなり、残業が発生しやすい傾向にあることがデメリットだと感じます。

患者の年齢層が広い

患者の年齢層が広い

私の経験からですが、皮膚科クリニックを受診する患者の年齢層が幅広く、下は乳児から、上は100歳近い高齢者まで皮膚科クリニックに来院します。

そのため、看護師は仕事として幅広い年代の患者に対応しなければなりません。

例えば、子供が嫌い、高齢者が苦手、同年代だと話しづらいといった年代に対しての苦手意識を持っている看護師の場合、苦労することが多くデメリットに感じやすいと思います。

治療器具や薬が覚えづらい

治療器具や薬が覚えづらい

皮膚科クリニックは、特殊な器具が多い診療科でもあるうえに、基本的に多くのクリニックでは、器具の準備は看護師が行う仕事です。

そのため、器具を覚えるということに苦労を感じる看護師も多く、デメリットに感じる方もいます。

さらに、外用薬のステロイドなど、病院では総称として呼ばれますが、皮膚科クリニックではその名前や種類、どんなときにどこに塗るかなどが細かく指定されています。

外用薬を覚えるということもかなり苦労するポイントでしょう。

看護師の体験事例

私は複数の皮膚科クリニックや他の診療科のクリニックに看護師として勤務した経験がありますが、病院のように新人扱いをしてくれることは少ないです。
仕事を自ら覚えること、そして、その仕事ができることが当たり前です。
私は教えてもらってもいない、器具の選定ミスなどで怒られる場合もありました。
そのため、皮膚科クリニックに勤務する場合は、自ら仕事を覚え、分からないことは質問する姿勢が大切です。

皮膚科クリニックへ看護師転職する前のチェックポイント

皮膚科クリニックへ看護師転職する前のチェックポイント

皮膚科クリニックで働く看護師のメリット・デメリットを説明しましたが、私の経験から転職を検討している方が抑えておくべきチェックポイントを説明していきます。

皮膚科以外の分野を確認する

皮膚科以外の分野を確認する

前述しましたが、以下の3つのタイプの皮膚科クリニックがあります。

  • 皮膚科のみ(一般診療)
  • 皮膚科とその他の一般診療(アレルギー科など)
  • 皮膚科と美容皮膚科併用(一般診療+自由診療)

皮膚科と美容皮膚科を併用しているクリニック場合は、一般診療か自由診療どちらに力を入れている皮膚科クリニックか確認することが大切です。

また、美容皮膚科が診療科に入ることで、看護師の仕事内容が異なります。

補足説明

美容皮膚科クリニックに興味がある方は、皮膚科と美容皮膚科を併用している皮膚科クリニックを選択することで、将来美容皮膚科専門のクリニックへの転職がスムーズになるでしょう。

(詳しくは「美容皮膚科の看護師になるには?仕事内容や転職注意点・体験事例」を確認しておきましょう。)

一方、前述したメリット・デメリットを確認し、皮膚科クリニックを検討している場合は、一般診療のみの皮膚科クリニックを選択すると良いでしょう。

立地環境をチェックする

立地環境をチェックする

皮膚科クリニックに転職を希望する看護師の方で、残業があまり行えない場合や定時帰宅で働きたい場合などは、クリニックの立地環境を確認することをおすすめします。

郊外にある皮膚科クリニックの場合、比較的患者の混雑は回避できる傾向にありますが、市街地にある場合は患者で混雑するためです。

また、立地環境を選択できない場合は、患者の診療が予約制かどうかを確認しておきましょう。(残業があまり出来ない看護師の方は「予約制の皮膚科クリニック」を選択しましょう。)

看護師の体験事例

皮膚科クリニックが主要駅の近くにある場合、電車の影響を受けやすいです。
例えば、電車が遅延していたからという理由でぎりぎりに患者が流れ込んでくることもありました。
また、複合したクリニックが多く入っている「クリニックビル」にある場合、他のクリニックで紹介されたと言って患者が多く来院する傾向もあり、立地環境はかなり重要なポイントだと感じます。

働いているスタッフの年齢層をチェックする

働いているスタッフの年齢層をチェックする

クリニックで働く看護師は、比較的中堅以上の世代が多い印象を受けると思います。

しかし、皮膚科クリニックでは力仕事も少なく、皮膚トラブルを回避しやすいメリットから、20代~30代前半の比較的若い世代の看護師が働いている傾向があります。

そのため、働くスタッフが同年代であれば、女子会のように楽しく仕事ができますが、少し年齢が上となってしまうと疎外感を感じやすくなるでしょう。

また、自分の年齢が他のスタッフより下の場合、雑務などの仕事を押し付けられる可能性もあり、見学の段階でスタッフの年齢層を確認しておきましょう。

皮膚科クリニックの看護師求人が多い転職サイト

皮膚科クリニックの看護師求人が多い転職サイト

皮膚科クリニックへ看護師として転職を希望する方は、看護師転職サイト(看護師専用の転職エージェント)を活用することをおすすめします。

看護師転職サイトを活用する理由としては、以下のことが挙げられます。

  • 皮膚科クリニックの看護師求人が人気であり少ないこと
  • 看護師の希望条件に合うクリニックが少ないこと
  • 皮膚科クリニックの見学が可能であること
  • 履歴書・職務経歴書、面接等のアドバイスが貰えること

看護師自身で皮膚科クリニックに直接応募する場合、事前に見学を行うことは難しいでしょう。

私が活用した看護師転職サイトとクリニックの関係性が良かったため、1日だけ(日給)で試しに働くといった条件を提示してくれたこともありました。

また、皮膚科クリニックの看護師求人が少ないうえに、希望条件まで入ると、求人を探すことに苦労します。さらに、人気がある皮膚科クリニックであれば、履歴書、職務経歴書、面接等で落とされる可能性も高いでしょう。

看護師転職サイトであれば、希望条件に合わせて求人をピックアップし、転職完了までサポートしてくれるため、スムーズに転職することが可能です。

以下でご紹介する看護師転職サイトは、皮膚科クリニックの看護師求人が豊富なため、2社とも登録をしながら、まずは担当者に希望する求人を見つけてもらいましょう

皮膚科クリニックの看護師求人豊富!レバウェル看護

レバウェル看護(旧 看護のお仕事)

転職相談面接対策条件交渉退職相談
2重丸2重丸2重丸2重丸
サイト名レバウェル看護(旧:看護のお仕事)
運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
公開求人数154,079件
(2024年5月3日時点)
非公開求人豊富
対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師
対応 雇用形態常勤(夜勤有り)、日勤常勤、夜勤専従常勤、夜勤専従パート、非常勤、派遣、紹介予定派遣
対応施設総合病院、一般病院、クリニック、特別養護老人ホーム(特養)、訪問看護、有料老人ホーム、デイサービス、重症心身障害者施設、保育園、検診センター
対応 診療科目内科、精神科、心療内科、小児科、外科、整形外科、皮膚科、産婦人科、眼科、歯科、美容外科、美容皮膚科
対応配属先病棟、外来、施設、訪問、手術室(オペ室)、透析、内視鏡
対応エリア北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴・看護師の転職求人が豊富
・転職支援サービスが手厚い
・転職の相談から行える
・院内・施設内情報に強い

レバウェル看護(旧 看護のお仕事)は、看護師転職サイトの中で、断トツに看護師求人数が豊富であり、ハローワーク求人もカバーしています。

そのため、皮膚科クリニックの看護師求人が全国的に豊富であり、正社員、パート・アルバイト、派遣等の雇用形態にも対応しています。

皮膚科クリニックへの看護師転職を考えた場合は、レバウェル看護を必ず活用しておきましょう。

また、看護師の転職支援サービスも充実しており、丁寧な担当者のサポートを受けられることで、利用する看護師に人気が高いです。

公式サイト:https://kango-oshigoto.jp/

非公開求人豊富!マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職相談面接対策条件交渉退職相談
2重丸2重丸2重丸2重丸
サイト名マイナビ看護師
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数81,589件
(2024年5月3日時点)
非公開求人とても豊富(保有求人全体の約40%非公開)
対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師、ケアマネジャー
対応 雇用形態正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託その他
対応 勤務形態常勤(二交替制)、常勤(三交替制) 、夜勤なし、夜勤専従
対応施設病院、クリニック・診療所、美容クリニック、施設、訪問看護ステーション、看護師資格・経験を活かせる一般企業、治験関連企業(CRA、CRCなど)、保育施設 、その他
対応 診療科目美容外科、小児科、産科、婦人科(レディースクリニック)、整形外科、循環器内科、心療内科、消化器外科、心臓血管外科、スポーツ整形外科、脳神経外科、眼科、形成外科、消化器内科、歯科、精神科、血液内科、外科、内科、神経内科
対応配属先病棟、外来、手術室、内視鏡室、ICU、透析、救急外来、訪問看護、管理職の仕事
対応エリア北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴・転職の相談から行える
・キャリアアドバイザー親切丁寧
・退職交渉も可能
・企業系のレア求人を豊富に保有

マイナビ看護師は、求人全体の約40%が非公開求人(インターネット上に出ない、担当者から紹介される好条件の看護師求人)であり、好条件の看護師求人が期待できます。

また、皮膚科クリニックの看護師求人も全国的に豊富で、正社員、パート・アルバイトの雇用形態に対応しています。

担当者も丁寧で親切、的確なアドバイスがもらえると、利用した看護師に定評があります。

公式サイト:https://kango.mynavi.jp/

まとめ

皮膚科クリニックのメリット・デメリットを説明してきましたが、私が皮膚科クリニックの看護師を続けた理由としては、メリットの方が大きかったからです。

これまでクリニックで勤務した経験がない看護師の場合、皮膚科クリニックに転職することで大変なことも多いと思います。

しかし、そこで得た知識は医療の分野だけでなく他の分野でも広域にわたって活用することができます。

是非、皮膚科クリニックへの転職を検討してみてはいかがでしょうか。

このサイトの運営者情報

運営会社株式会社peko
会社ホームページhttps://peko.co.jp/
所在地〒107-0052 東京都港区赤坂3丁目1-16 BIビル6F
代表取締役辻󠄀 昌彦
設立2015年6月
資本金14,000,000円
事業内容
  • 有料職業紹介事業
  • キャリアメディア事業
  • インターネット広告事業
  • SEOコンサルティング事業等
厚生労働大臣許認可有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-314509
(厚生労働省職業安定局: 職業紹介事業詳細
特定募集情報等提供事業:51-募-000760
連絡先03-5324-3939 (受付時間:休日、祝日を除く10:00~17:00)
お問い合わせhttps://peko.co.jp/inquiry
監修者情報著作者・監修者情報・コンテンツポリシー

参考文献等

総合監修者

キャリアコンサルタント(国家資格)真下彩花

キャリアコンサルタント(国家資格)真下彩花

新卒で東証スタンダードに上場している会社に入社し、個人事業主・税理士などの経理・税務サポートを担当後、半導体・電子部品等の最大手(東証プライム上場)に転職し、営業支援に従事する。その後、ベンチャー企業での経理・採用経験を経て、2019年から株式会社pekoにて、キャリアアドバイザーとして看護師の転職支援を始め、多くの転職者のサポートを担当中。

関連記事

最新コンテンツ

看護師の転職準備

看護師の転職準備

看護師の転職求人

看護師転職求人

看護師の転職サイト

看護師転職サイト

看護師の転職必要書類

看護師の履歴書

看護師の病院見学(転職時)

看護師の病院・施設見学

看護師の面接対策

看護師の面接対策

看護師の退職

看護師の退職

看護師の内定・入職

看護師の内定・入職

看護師の転職後

看護師転職後の悩みやトラブル

看護師の年代別転職

年代別看護師転職

看護師のライフスタイル別転職

看護師のライフスタイル別転職

看護師の勤務先別転職

勤務先別の看護師転職

看護師の診療科別転職

診療科・部署別の看護師転職

現役看護師「なるにわ」ガイド

現役看護師の「なるには」ガイド

看護師派遣

看護師の派遣

TOP

株式会社peko

法人番号:4010001168708

〒107-0052 東京都港区赤坂3丁目1-16 BIビル6F

株式会社pekoは、厚生労働大臣より有料職業紹介事業の許可うけ、人材紹介・転職支援サービス関連等を提供している企業です。

職業紹介事業者許可番号:13-ユ-314509

当サイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。