看護師の体験談

ペインクリニック外来で働く看護師の仕事内容と体験談

当ページには広告リンクが含まれます。

株式会社pekoが運営する「看護師転職ガイド」は、複数の企業と提携しており、当サイトの記事にて紹介したサービスが登録申し込みされた際に、各企業から支払いを受け取ることがあります。ただし、当サイト内に掲載するサービスの評価やランキングに対しては、提携の有無・支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。
なお、閲覧ユーザーの方に課金を求めるサービスの掲載は行っておりません。 また、当サイトで得た収益は、看護師の方々に役立つ情報やコンテンツを提供することでも活用・還元しており、「コンテンツポリシー」を定め運営しております。

私の場合、看護学生の頃はもちろんのこと、看護師として働いてからも、「ペインクリニックって何をする所?」と何をしているのか詳しいことが分からず、疑問がありました。

最近は看護学校でも麻酔科外来やペインクリニック外来について講義があるようですが、実際に勤務経験のある看護師はまだまだ少ないのが現状です。

そのため、ペインクリニック外来で勤務した私の経験を元に、患者層から仕事内容、働いて感じたことや体験談を説明していきます。

執筆・監修看護師
執筆・監修看護師

ペインクリニック外来とは?その患者層について

ペインクリニック外来とは?その患者層について

私の経験からペインクリニック外来に関しての説明と、患者層について説明していきます。

ペインクリニックとは?

ペインクリニックの「ペイン(Pain)」とは「疼痛(とうつう:ズキズキとうずくように痛む)」という意味です。

ペインクリニックとは、主に薬物療法を用いて、疼痛や神経症状の緩和を図ることを目的とした外来(麻酔科外来)です。

ペインクリニックでは、症状や身体所見から多角的に痛みの原因を診断し、薬物療法だけでなく神経ブロックを始めとする各種の治療法を駆使して痛みを軽減・消失させQOLを向上させます。また、慢性痛、神経の障害やがんによる治療困難な痛みでは、医師、看護師、薬剤師、理学・作業療法士、臨床心理士など痛み診療に関わる多くのスタッフと連携して最適な治療へと導いていきます。
出典:日本ペインクリニック学会

 

看護師の体験事例

私がペインクリニックで働いた印象では、求められる看護スキルとして、整形外科看護や手術室看護などの領域と重なりました。

そのため、整形外科系や手術室系の分野の看護経験は役に立つと思います。

ペインクリニック外来の患者層

ペインクリニック外来の患者層

ペインクリニック外来では、患者の疼痛や神経症状の緩和のために治療を行います。

  • 頭痛
  • 顔面痛
  • 腹痛
  • 腰痛
  • 手術後の痛み
  • がんによる痛み

上記した以外にも、ペインクリニック外来では、患者ごとに感じるあらゆる痛みの治療を行います

また、検査で痛みの原因を探り、その原因や体調に合わせて適切な治療を施し、ひとつの痛みが引き起こす、新たな痛みに対しての緩和や改善させるための治療も行います。

 

慢性的な痛みを伴う患者

ペインクリニック外来には慢性的な痛みをコントロールするために、治療を必要とする患者も多く訪れます。

例えば、

  • 抗がん剤の投与をしている
  • 膝に溜まった水を抜いている

など、整形外科や外科外来にも定期的に通院しているような患者もいます。

ペインクリニック外来で働く看護師の仕事内容

ペインクリニック外来で働く看護師の仕事内容

私が勤務していたペインクリニック外来は完全予約制で、1日の患者数は20~25人ほどでした。

予約患者が来院する前には患者のカルテと一緒に、使用予定の注射薬剤とシリンジなどをセットしておき、いつでも使用できるように準備することも看護師の仕事内容でした。

対応する看護師は基本的に3名で、5~6名の看護師とローテーションで勤務していました。

私が勤務していたペインクリニック外来

1日のうちで任される仕事は以下のように役割分担されており、

  • 受付・問診担当
  • 処置等の直接介助担当
  • 処置後の患者モニタリングや記録などの外回り担当

など、当日どの役割を行うかはリーダー看護師が決め、どの看護師も同じぐらいの業務量になるように均等に任されます。

ここからは、私の経験から感じた他のクリニックにはない、ペインクリニック外来特有だと思う仕事内容を説明していきます。

患者の痛みを正確に判断すること

患者の痛みを正確に判断すること

ペインクリニック外来で働く看護師の仕事でまず大事なことは、「患者に対し、どのような痛みが、どの程度あるのか正確に把握すること」です。

そのために看護師は、患者が感じている痛みについて、詳細にヒアリングを行います。

例えば、

  • 感じる痛みの経過
  • 現在に至るまでの治療歴
  • 現在の服薬状況

など、患者からヒアリングした内容を確認し、看護師は痛みの強さを評価します。

 

看護師の体験事例

ペインクリニック外来での治療の多くは患者に対して侵襲的療法を行うため、患者の疾患について正確に把握することが求められました。

また、複数の患者に対して、血圧や酸素飽和度の管理はもちろん、心電図の波形を読み取ることなどを同時にモニタリングする場合もよくありました。

少しでも異常を感じたら医師や他の看護師に連絡を取れるように、意識しておかなければなりませんでした。

評価した痛みの強さを医師に伝えること

評価した痛みの強さを医師に伝えること

患者が抱える痛みを正確に捉え、評価した痛みの強さを医師に伝えることが、ペインクリニック外来で働く看護師の最も重要な仕事です。

患者ごとの痛みの評価は、

などを用いて判断することが多い印象でした。

患者への神経ブロック注射

患者への神経ブロック注射

ペインクリニック外来に来院する患者の代表的な症状に、突発性難聴や顔面神経麻痺、顔瞼下垂などがあります。

これらの痛みを伴わない症状の治療には、看護師が神経ブロック注射などを行います。

継続した痛みが慢性化している場合にも神経ブロック注射を行い、疼痛緩和を図るといったケースもありました。

注射等は、勤務するペインクリニックの方針によって看護師が行わないこともあります。

認知度を上げるための啓発活動

認知度を上げるための啓発活動

ペインクリニック外来は他の診療科に比べると、一般的にはまだまだ認知度が低いです。

そのため、認知度をあげる活動の一環として以下のような仕事を看護師が行っていました。

  • ペインクリニックについてのポスターを作成する
  • ペインクリニックで対象になる疾患について資料をつくる

上記のような方法などで、患者や患者の家族、異なる診療科で働く看護師にペインクリニック外来について知ってもらうための活動も、ペインクリニック外来で働く看護師に必要な仕事でした。

ただし、こちらの啓発活動は看護師が勤務するクリニックの方針によって異なるので注意してください。

ペインクリニック外来で働いて感じたメリット・デメリット

ペインクリニック外来で働いて感じたメリット・デメリット

私がペインクリニック外来で看護師として働いて感じたメリット、一般のクリニックと比較して感じたデメリット等について主観的に説明していきます。

ペインクリニックに転職を考えている看護師の方の参考になれば幸いです。

私が勤務していたペインクリニック外来は、予約制のため残業は少なく、働きやすい環境でした。さらに、ペインクリニック全体に言えることは、ペインクリニック外来で働くと、疼痛ケアなどの緩和ケアに関する専門的な知識が身につくということです。

看護師としての臨床経験は必要になる

看護師としての臨床経験は必要になる

看護師がペインクリニック外来で働くためには、ある程度の臨床経験(3年以上)が合った方が良いと思いました。

特に神経ブロック注射や、関節腔内注射の介助の方法、鎮静剤や麻酔薬についての知識は必要でした。

ペインクリニックによっては勤務してから教育してもらえる場合もありますが、看護師の人数が少ないペインクリニックの場合、即戦力として採用される場合があります。十分に教育してもらえる時間が取れないこともあるため、注意が必要です。

患者の生活の質を向上させることに「やりがい」を感じた

ペインクリニックに来院する患者の長年の痛みや、症状から解放し、生活の質向上させることに貢献できるため、私は看護師として大きなやりがいを感じました。

クリニック勤務で大きなやりがいを感じる職場は早々ないと私は感じています。

ペインクリニックで一歩踏み込んだ疼痛管理を行うことで、患者は痛みから解放され、ADLも向上し、笑顔が増えたという方がたくさんいました。

患者をモニタリングする時間が長い

私が勤務したペインクリニックでは、神経ブロック注射などを行った場合、患者の回復度を見てから帰宅をさせています。

そのため、患者の具合によって長い時間モニタリングを行う場合もありました。

ペインクリニック外来は、予約患者のみの対応する場合がほとんどですが、看護師の時間的拘束も長くなる可能性があります。

また、勤務中は緊張の連続であり、看護師にとってストレスも比較的多い診療科です。業務内容の多くは非常に神経の使う作業ばかりでした。

思うように治療が進まないことがあった

痛みのコントロールを良好に保つためには、定期的、継続的に通院が必要なことを患者に説明します。

しかし、一度痛みが取れたことを病気が治ったと勘違いして、通院をやめてしまう患者がいます。

その場合、さらに痛みがひどくなってまた来院することになり、思うように治療が進まないことが多々ありました。

治療を自己中断してしまう患者に対して、どのようにフォローアップしていくかという大きな課題は、看護師として常に考えなくてはならない問題でした。

ペインクリニック外来の看護師求人が豊富な転職サイト

ペインクリニック外来の看護師求人が豊富な転職サイト

ペインクリニックは、全国にそう数が多くありません。

また、その中から看護師求人を募集しているペインクリニックを漏れなく探すことは、困難です。

そのため、以下でペインクリニック外来の看護師求人が多い看護師転職サイト(看護師専用の転職エージェント)をご紹介します。

ご紹介する看護師転職サイトは、院内情報に詳しい担当者が多く、利用した看護師の評判も良い転職会社です。

以下の2社の無料会員登録を行い、まずは担当者にペインクリニック外来の看護師求人を探してもらうことが、求人探しのコツです。

ハローワーク求人もカバー!レバウェル看護師

レバウェル看護(旧 看護のお仕事)

転職相談面接対策条件交渉退職相談
2重丸2重丸2重丸2重丸
サイト名レバウェル看護(旧:看護のお仕事)
運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
公開求人数154,079件
(2024年5月3日時点)
非公開求人豊富
対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師
対応 雇用形態常勤(夜勤有り)、日勤常勤、夜勤専従常勤、夜勤専従パート、非常勤、派遣、紹介予定派遣
対応施設総合病院、一般病院、クリニック、特別養護老人ホーム(特養)、訪問看護、有料老人ホーム、デイサービス、重症心身障害者施設、保育園、検診センター
対応 診療科目内科、精神科、心療内科、小児科、外科、整形外科、皮膚科、産婦人科、眼科、歯科、美容外科、美容皮膚科
対応配属先病棟、外来、施設、訪問、手術室(オペ室)、透析、内視鏡
対応エリア北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴・看護師の転職求人が豊富
・転職支援サービスが手厚い
・転職の相談から行える
・院内・施設内情報に強い

レバウェル看護(旧 看護のお仕事)は、看護師転職サイトの中でも断トツに看護師求人数が豊富であり、ハローワーク求人もカバーしております。

そのため、全国のペインクリニックの看護師求人を漏れなく探すことが可能であり、さらに看護師の転職支援サービスも充実していることから、利用する看護師に人気があります。

ペインクリニックへの看護師転職を考えた場合、必ず活用しておきましょう。

公式サイト:https://kango-oshigoto.jp/

ペインクリニックの求人豊富!マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職相談面接対策条件交渉退職相談
2重丸2重丸2重丸2重丸
サイト名マイナビ看護師
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数81,589件
(2024年5月3日時点)
非公開求人とても豊富(保有求人全体の約40%非公開)
対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師、ケアマネジャー
対応 雇用形態正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託その他
対応 勤務形態常勤(二交替制)、常勤(三交替制) 、夜勤なし、夜勤専従
対応施設病院、クリニック・診療所、美容クリニック、施設、訪問看護ステーション、看護師資格・経験を活かせる一般企業、治験関連企業(CRA、CRCなど)、保育施設 、その他
対応 診療科目美容外科、小児科、産科、婦人科(レディースクリニック)、整形外科、循環器内科、心療内科、消化器外科、心臓血管外科、スポーツ整形外科、脳神経外科、眼科、形成外科、消化器内科、歯科、精神科、血液内科、外科、内科、神経内科
対応配属先病棟、外来、手術室、内視鏡室、ICU、透析、救急外来、訪問看護、管理職の仕事
対応エリア北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴・転職の相談から行える
・キャリアアドバイザー親切丁寧
・退職交渉も可能
・企業系のレア求人を豊富に保有

マイナビ看護師は、全体の約40%が非公開求人(インターネット上には出ない担当者から紹介して貰う求人)となります。

その中でもペインクリニックの看護師求人は公開掲載されているため、さらに多くの求人から探してもらうことが可能です。

マイナビ看護師の担当者は丁寧で親切、的確なアドバイスが貰えると定評があるため、合わせて活用しておきましょう。

公式サイト:https://kango.mynavi.jp/

まとめ

ペインクリニック外来の存在は患者からも看護師からも、認知度が低いことが現状です。

しかし、現代社会において、将来的に患者に大きく貢献できる診療科だと私は感じています。

来院する患者の傾向から見て、整形外科や手術室の経験がある看護師は、ペインクリニック外来での勤務に向いているのではないでしょうか。

今後の転職先候補のひとつに、ペインクリニック外来を検討してほしいと強く思います。

このサイトの運営者情報

運営会社株式会社peko
会社ホームページhttps://peko.co.jp/
所在地〒107-0052 東京都港区赤坂3丁目1-16 BIビル6F
代表取締役辻󠄀 昌彦
設立2015年6月
資本金14,000,000円
事業内容
  • 有料職業紹介事業
  • キャリアメディア事業
  • インターネット広告事業
  • SEOコンサルティング事業等
厚生労働大臣許認可有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-314509
(厚生労働省職業安定局: 職業紹介事業詳細
特定募集情報等提供事業:51-募-000760
連絡先03-5324-3939 (受付時間:休日、祝日を除く10:00~17:00)
お問い合わせhttps://peko.co.jp/inquiry
監修者情報著作者・監修者情報・コンテンツポリシー

参考文献等

総合監修者

キャリアコンサルタント(国家資格)真下彩花

キャリアコンサルタント(国家資格)真下彩花

新卒で東証スタンダードに上場している会社に入社し、個人事業主・税理士などの経理・税務サポートを担当後、半導体・電子部品等の最大手(東証プライム上場)に転職し、営業支援に従事する。その後、ベンチャー企業での経理・採用経験を経て、2019年から株式会社pekoにて、キャリアアドバイザーとして看護師の転職支援を始め、多くの転職者のサポートを担当中。

関連記事

最新コンテンツ

看護師の転職準備

看護師の転職準備

看護師の転職求人

看護師転職求人

看護師の転職サイト

看護師転職サイト

看護師の転職必要書類

看護師の履歴書

看護師の病院見学(転職時)

看護師の病院・施設見学

看護師の面接対策

看護師の面接対策

看護師の退職

看護師の退職

看護師の内定・入職

看護師の内定・入職

看護師の転職後

看護師転職後の悩みやトラブル

看護師の年代別転職

年代別看護師転職

看護師のライフスタイル別転職

看護師のライフスタイル別転職

看護師の勤務先別転職

勤務先別の看護師転職

看護師の診療科別転職

診療科・部署別の看護師転職

現役看護師「なるにわ」ガイド

現役看護師の「なるには」ガイド

看護師派遣

看護師の派遣

TOP

株式会社peko

法人番号:4010001168708

〒107-0052 東京都港区赤坂3丁目1-16 BIビル6F

株式会社pekoは、厚生労働大臣より有料職業紹介事業の許可うけ、人材紹介・転職支援サービス関連等を提供している企業です。

職業紹介事業者許可番号:13-ユ-314509

当サイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。