看護師の体験談

耳鼻咽喉科外来で働く看護師の仕事について!ポイント7つ紹介

当ページには広告リンクが含まれます。

株式会社pekoが運営する「看護師転職ガイド」は、複数の企業と提携しており、当サイトの記事にて紹介したサービスが登録申し込みされた際に、各企業から支払いを受け取ることがあります。ただし、当サイト内に掲載するサービスの評価やランキングに対しては、提携の有無・支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。
なお、閲覧ユーザーの方に課金を求めるサービスの掲載は行っておりません。 また、当サイトで得た収益は、看護師の方々に役立つ情報やコンテンツを提供することでも活用・還元しており、「コンテンツポリシー」を定め運営しております。

話す、聞く、嗅ぐ、味わう、触れるという感覚と深く関わる診療科である耳鼻咽喉科外来では、働いているだけで看護師としてのステップアップにも繋がります。

また、耳鼻咽頭科外来の業務の忙しさに尻込みしてしまう看護師も多いでしょうが、苦痛を緩和し続けることの大変さを知り、大きなやりがいを感じられる仕事でもあります。

今回は、私の経験をもとに、耳鼻咽喉科外来で働きたい看護師の方に向けて、知っておいて欲しい看護業務についてご説明します。

クリニックについては「耳鼻咽喉科クリニックの看護師の仕事内容・体験事例」を確認してください。
執筆・監修看護師
執筆・監修看護師

目次

耳鼻咽喉科外来で働く看護師の仕事内容について

耳鼻咽喉科外来で働く看護師の仕事内容について

耳鼻咽喉科外来では患者の診察時に、耳鼻科用スコープや電気メス、止血に使用する薬品など、様々な処置器具を使うため、看護師は医師の診察の介助が主な仕事です。

  • 必要な処置器具を適切に準備する
  • 医師が対処しやすいように物品を準備し手渡す

耳鼻咽頭科外来の看護師は、患者の患部を観察しながら処置を行う際に、具体的に上記のように医師の介助をしているのです。

スムーズに検査が受けられるように患者の誘導を行う

スムーズに検査が受けられるように患者の誘導を行う

耳鼻咽頭科外来では様々な検査を行うため、医師の診察前後で患者がスムーズに適切な検査や処置ができるように、速やかに患者を誘導することも看護師の必要な業務です。

看護師は患者を誘導すること以外にも、検査を終了したかどうかの確認、そして診察誘導までを確実に行うことも必要です。

治療のスケジュール管理と患者のサポート

治療のスケジュール管理と患者のサポート

耳鼻咽喉科外来は、外科の診療科です。そのため、外来・入院手術の日程調整や書類確認、手術までの流れなどを説明するのも看護師の仕事です。

具体的に看護師に任される仕事内容を以下に挙げます。

  • 手術までの検査日程などの調整
  • 病棟への連絡
  • 患者の理解度の確認

入院日や手術日程は医師が予約しますが、それ以外のスケジュール調整などは看護師が行います。

 

患者の症状によっては患者家族への説明も看護師の仕事

悪性腫瘍は、場合によっては手術前に化学療法を行うこともあります。

化学療法の流れを患者だけでなく、患者の家族とともに確認することが大切になりますし、がんと告知を受けた患者のサポートも行う必要があります。

アレルギー疾患をはじめ、良性疾患を主に診察する耳鼻咽喉科外来であれば、手術や入院までの流れもクリニカルパスで対処できます。

耳鼻咽喉科外来で働く看護師の1日のスケジュール

耳鼻咽喉科外来で働く看護師の1日のスケジュール

私が勤務していた耳鼻科咽頭科外来は、時間ごとにスケジュールきっちりと決まっていませんでした。(基本的にスケジュールが決まっている耳鼻科咽頭科外来は少ないでしょう。)

では、実際に耳鼻科咽頭科外来の看護師の1日のスケジュールがどのようになっているのか説明していきます。

午前・午後は医師の診察介助が主なスケジュール

午前・午後は医師の診察介助が主なスケジュール

耳鼻咽喉科外来は並列で数名の医師が診察を行っていることも多いです。

午前・午後は、医師が行う診察をサポートすることが、看護師のメインの業務でした。

耳鼻咽喉科外来の看護師は、診察介助の合間を使って、検査説明や、入院・治療に関する説明、必要書類などの確認も行います。

昼あたりは患者ごとに必要な説明業務を行う

昼あたりは患者ごとに必要な説明業務を行う

耳鼻咽頭科外来の患者にごとに、入院や治療についての各種説明が必要にです。

説明する内容によっては、時間がかかることもあり、検査に先に行ってもらった後で、診察が一段楽する昼頃にゆっくり説明できるように、時間調整を行うこともあります。

緊急対応の患者が運ばれるとスケジュールが忙しくなる

緊急対応の患者が運ばれるとスケジュールが忙しくなる

救急対応があると、他の医師や患者の対応を少人数で行うことになるため、必然的に忙しいスケジュールになります。

救急対応の患者が運ばれて来ると、看護師は患者の症状に応じて以下の内容を確認します。

  • 入院対応になる可能性があるか
  • 処置用ベッドの確保があるか
  • 処置器具は適切に使用できるか
  • 緊急検査ができるかどうか

基本的に救急対応の患者が運ばれたときは、看護師とその他スタッフと協力して対応を行います。

また、耳鼻咽喉科外来は出血や強いめまいなど、緊急で対応する症状を持つ患者にも対応しているのです。

予定に合わせて外来手術患者の誘導と観察を行う

予定に合わせて外来手術患者の誘導と観察を行う

耳鼻咽喉科外来でも、外来手術を行うことがあります。

外来手術は朝早い時間や午後一番の時間での対応になることが多く、担当になった看護師は、責任をもってその患者の手術室への送り迎えを行うことになります。

  • 手術室入室までの患者の準備や書類確認
  • 手術後の患者の状態観察と注意事項の説明

外来手術患者がいる場合は、上記の仕事も、耳鼻咽喉科外来の看護師の業務でした。

耳鼻咽喉科外来で働く看護師に求められるスキル

耳鼻咽喉科外来で働く看護師に求められるスキル

看護師が耳鼻咽喉科外来で働く場合、医師の指示があって動くというよりも、患者の症状を事前に確認して対処できるスキルが看護師には必要です。

耳鼻咽喉科外来に来院する患者は、様々な症状を訴えます。

そのため、患者の症状に応じて、迅速に対応できるように処置器具などの準備や介助を行うことが、看護師として大切です。

子供から高齢者まで対応できるコミュニケーション力

子供から高齢者まで対応できるコミュニケーション力

耳鼻咽喉科外来は、乳幼児から高齢者までの患者を幅広く対応する必要があります。

そのため、患者の年齢や理解度に応じコミュニケーション力も必要です。

 

小児の場合は特にコミュニケーションに注意が必要

小児の場合には検査を行う際に、安全のために固定することがあります。

小児を固定する際に看護師は以下の2つに注意が必要です。

  • 安心させるための声がけ対応が必要
  • 保護者への説明では正しい言葉づかいができるか

誰に対しても適切でわかりやすいコミュニケーションができることも、耳鼻咽喉科外来の看護師に必要なスキルです。

機材を適切に扱うための注意力

機材を適切に扱うための注意力

耳鼻咽喉科外来は様々な機械を取り扱うため、機械そのものを取り扱う注意力も必要です。耳鼻咽喉科外来は忙しく、時間に追われがちです。

だからこそ、看護師には丁寧に、安全に、患者に使用する機材を取り扱う能力が求められます。

耳鼻咽頭科外来では、感染管理についての意識、物品管理能力なども求められる看護師としてのスキルです。

耳鼻咽喉科外来で働く看護師のメリットについて

耳鼻咽喉科外来で働く看護師のメリットについて

耳鼻咽喉科外来は、とにかく検査や処置が多く、その対応を淡々と行うだけでも驚くほど速く時間が過ぎていきます

そのため、体を動かしている方が落ち着くタイプの看護師であれば、短時間で診療が動く耳鼻咽喉科外来は楽しく働けるでしょう。

仕事をしながら良くある症状に詳しくなる

仕事をしながら良くある症状に詳しくなる

耳鼻咽喉科外来には、誰もが経験する症状の患者が多くいるため、よくある症状の治療に詳しくなるというメリットがあります。

例えば、以下のような症状です。

  • 中耳炎・外耳炎
  • やアレルギー性鼻炎
  • 頭位性回転性眩暈
  • メニエール病
  • 睡眠時無呼吸症候群

耳鼻咽喉科外来の看護師は、上記した疾患や症状に対する検査や、医師の説明、治療や対処法を実際に学ぶことができるのです。

また、診察につくだけでなく、看護師自身も治療や処置にかかわることができるのも、耳鼻咽喉科外来で働くメリットです。

様々な部署のスタッフと知り合い連携できる

様々な部署のスタッフと知り合い連携できる

耳鼻咽喉科外来では、自分が知りたい疾患や症状について、様々な部署のスタッフを通して知識を得ることもできるため、勉強になることが多いです。

理由として、耳鼻咽頭科外来では、特殊な検査や治療も行っていため、様々な部署で働く人と連携を取るためです。

 

耳鼻咽頭科外来の看護師が関わる他の部署を紹介

簡単に耳鼻咽頭科外来で働くことによって連携する他の部署を紹介します。

  • 言語聴覚士や作業療法士
  • 補聴器などを作成する業者
  • 担当する病棟や手術室のスタッフ
  • 形成外科
  • 口腔外科
  • 外来化学療法室
  • 放射線治療室

専門領域で働かなければ知らないことも多いため、自分の知識が広がるでしょう。

耳鼻咽喉科外来で働く看護師のデメリット

耳鼻咽喉科外来で働く看護師のデメリット

耳鼻咽喉科外来は、患者数も多く忙しい科なので、書類確認など診察中にはできない業務が時間内で終わらず残業になることもあります。

自分の時間も大切にしたい看護師にとってはデメリットの部分です。

仕事を抱え込んでしまう看護師が多い

仕事を抱え込んでしまう看護師が多い

耳鼻咽頭科外来では、必要な仕事の多くが、看護師以外のスタッフには対応できない仕事です。

そのため、耳鼻咽喉科外来の看護師は、仕事を抱え込んでしまいがちになることがデメリットな部分です。

声掛けが難しい患者もいる

声掛けが難しい患者もいる

喉頭がんなどで声を失ってしまった患者や、耳が聞こえない患者も、耳鼻咽喉科外来の患者には多くいます。

そのため、患者の状態を予め把握しておかないと、声掛けしても患者に気づいてもらえないことや、患者にストレスをかけてしまうこともあります。

当たり前のように行っている「聞く、話す」というコミュニケーションツールが使えない患者がいることを心がけておかないと、看護師の質を問われることにもなります。

耳鼻咽喉科外来で看護師が楽しいと感じることは?

耳鼻咽喉科外来で看護師が楽しいと感じることは?

とにかく忙しい耳鼻咽頭科外来の看護師の仕事です。

ここでは、実際に耳鼻咽頭科で働く看護師が、仕事をしていてどのようなことに楽しさを感じやすいのか説明していきます。

病気により失われた部分が回復する経過を患者と一緒に喜べる

病気により失われた部分が回復する経過を患者と一緒に喜べる

耳鼻咽喉科外来では、部分的に身体の機能が低下してしまうことや、治療により外見上に目に見える欠損を生じる患者が沢山います。

その患者の失われた機能や器官が、ゆっくりであっても回復する過程を一緒に喜ぶことができることが、耳鼻咽喉科外来で働く看護師にとって何よりも楽しく嬉しいことです。

 

患者の回復が見られることはやりがいにも繋がる

耳鼻咽喉科の疾患は、外見上でも目立つ疾患が多いので、治療途中の患者は、その部分を隠そうと、顔を上げることをためらうこともあります。

ですが、治療や処置が成功して表情が明るくなった患者を見ることができることが、耳鼻咽喉科外来の看護師としてやりがいを感じる部分です。

看護師自身が業務を覚えると医師とチームで動くことができる

看護師自身が業務を覚えると医師とチームで動くことができる

看護師自身が業務を覚えてくると、医師とチームで動くことができます。

力を合わせて患者に対応する感覚が持てることも、耳鼻咽喉科外来で働く中で楽しいと感じやすいポイントでしょう。

耳鼻咽喉科外来で働いて辛いと感じることは何?

耳鼻咽喉科外来で働いて辛いと感じることは何?

耳鼻咽喉科外来で看護師として働いていた経験の中で、辛いと私が感じたことをご紹介します。

患者への対応

患者への対応

耳鼻咽喉科領域の悪性腫瘍の患者は、男性でお酒やたばこが好きなタイプの人が多く、病院に通院すること自体が嫌だという患者もいます。

そのため、ちょっとした対応で声を荒げられることもあり、看護師として少し辛く感じる場面もでてきます。

症状コントロールが難しい患者を前にした時

症状コントロールが難しい患者を前にした時

耳鼻咽喉科外来の患者は、様々な症状を呈します。その中には、慢性的なしびれや痛みなどの苦痛で苦しむ患者もいます。

様々なアプローチをしても、症状が悪化していくこともあります。

そんなときには、患者の辛さに何もできない自分と向き合い辛くなることもあります。

希望の診療科への求人探しは看護師転職サイトを活用しよう

希望の診療科への求人探しは看護師転職サイトを活用しよう

看護師が病院へ転職を検討した際に調べる看護師求人は、一般的に病棟、オペ室、外来等では区分されています。

そのため、看護師が病院への転職時に希望の診療科への配属を考えた場合、面接時に交渉する必要があります。面接時に交渉は行ったことがない、どうやって交渉して良いか分からない看護師の方が大半だと思います。

だからこそ、交渉の代行を行ってくれる看護師転職サイト(看護師専用の転職エージェント)の活用をおすすめします。

看護師転職サイトは、あらかじめ条件に合う(希望の診療科に配属される)病院求人をピックアップしれくれますし、面接を含めた前後に交渉も行ってくれるため、スムーズに希望の診療科への転職活動を進めることができます。

注意点としては、希望の診療科へ配属された場合でも、病院によっては数年に1度、部署異動を行っている場合もあるため、合わせて確認を行ってもらいましょう。さらに詳しくは「看護師転職で希望部署・希望の診療科への配属されるためには?」を確認してください。

以下では、交渉能力が高い、看護師転職サイトをご紹介します。希望の診療科の募集がある病院も探してもらう必要があり、まずは2社とも登録しておきましょう。

病院求人数No.1!レバウェル看護

レバウェル看護(旧 看護のお仕事)

転職相談面接対策条件交渉退職相談
2重丸2重丸2重丸2重丸
サイト名レバウェル看護(旧:看護のお仕事)
運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
公開求人数155,380件
(2024年6月3日時点)
非公開求人豊富
対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師
対応 雇用形態常勤(夜勤有り)、日勤常勤、夜勤専従常勤、夜勤専従パート、非常勤、派遣、紹介予定派遣
対応施設総合病院、一般病院、クリニック、特別養護老人ホーム(特養)、訪問看護、有料老人ホーム、デイサービス、重症心身障害者施設、保育園、検診センター
対応 診療科目内科、精神科、心療内科、小児科、外科、整形外科、皮膚科、産婦人科、眼科、歯科、美容外科、美容皮膚科
対応配属先病棟、外来、施設、訪問、手術室(オペ室)、透析、内視鏡
対応エリア北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴・看護師の転職求人が豊富
・転職支援サービスが手厚い
・転職の相談から行える
・院内・施設内情報に強い

レバウェル看護(旧 看護のお仕事)は、看護師転職サイトの中でも断トツに病院の看護師求人が豊富で、ハローワークの看護師求人もカバーしています。

さらに、年間5,000件以上、病院等に対してインタビューや情報収集を行っているため、看護師転職時の希望部署・希望の診療科への転職交渉も容易です。

また、担当者も丁寧にヒアリングを行ってくれるため、利用する看護師にも定評があり人気があります。

そのため、希望部署・希望の診療科への看護師転職を考えた場合、必ず活用しておきましょう。

公式サイト:https://kango-oshigoto.jp/

丁寧なアドバイス!マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職相談面接対策条件交渉退職相談
2重丸2重丸2重丸2重丸
サイト名マイナビ看護師
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数81,437件
(2024年6月3日時点)
非公開求人とても豊富(保有求人全体の約40%非公開)
対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師、ケアマネジャー
対応 雇用形態正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託その他
対応 勤務形態常勤(二交替制)、常勤(三交替制) 、夜勤なし、夜勤専従
対応施設病院、クリニック・診療所、美容クリニック、施設、訪問看護ステーション、看護師資格・経験を活かせる一般企業、治験関連企業(CRA、CRCなど)、保育施設 、その他
対応 診療科目美容外科、小児科、産科、婦人科(レディースクリニック)、整形外科、循環器内科、心療内科、消化器外科、心臓血管外科、スポーツ整形外科、脳神経外科、眼科、形成外科、消化器内科、歯科、精神科、血液内科、外科、内科、神経内科
対応配属先病棟、外来、手術室、内視鏡室、ICU、透析、救急外来、訪問看護、管理職の仕事
対応エリア北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴・転職の相談から行える
・キャリアアドバイザー親切丁寧
・退職交渉も可能
・企業系のレア求人を豊富に保有

マイナビ看護師は、丁寧で親切な対応と、的確な転職のアドバイスを行ってくれることから、利用する看護師にとても人気が高い看護師転職サイトです。

また、掲載している看護師求人の40%は非公開求人(インターネット上に出ない、担当者から紹介してもらえる求人)となるため、採用側(病院側)とのやり取りもとてもスムーズです。

そのため、希望部署・希望の診療科へ転職を希望する看護師は併せて活用しておきたい転職サイトです。

公式サイト:https://kango.mynavi.jp/

まとめ

総合病院などの耳鼻咽喉科外来で働きたい看護師に、知っておいて欲しい看護業務についてご説明しましたが、お役に立てたでしょうか。

耳鼻咽喉科外来は、多くの症状や疾患を抱える乳幼児から高齢者までが訪れる診療科です。

誰もがかかる症状から、難しいケアが必要となる疾患まで、幅広く学ぶことができます。

コミュニケーション能力を高めたい看護師にもピッタリな診療科です。

一度は、経験して損はない耳鼻咽喉科外来で、あなたも看護師として働いてみませんか?

このサイトの運営者情報

運営会社株式会社peko
会社ホームページhttps://peko.co.jp/
所在地〒107-0052 東京都港区赤坂3丁目1-16 BIビル6F
代表取締役辻󠄀 昌彦
設立2015年6月
資本金14,000,000円
事業内容
  • 有料職業紹介事業
  • キャリアメディア事業
  • インターネット広告事業
  • SEOコンサルティング事業等
厚生労働大臣許認可有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-314509
(厚生労働省職業安定局: 職業紹介事業詳細
特定募集情報等提供事業:51-募-000760
連絡先03-5324-3939 (受付時間:休日、祝日を除く10:00~17:00)
お問い合わせhttps://peko.co.jp/inquiry
監修者情報著作者・監修者情報・コンテンツポリシー

参考文献等

総合監修者

キャリアコンサルタント(国家資格)真下彩花

キャリアコンサルタント(国家資格)真下彩花

新卒で東証スタンダードに上場している会社に入社し、個人事業主・税理士などの経理・税務サポートを担当後、半導体・電子部品等の最大手(東証プライム上場)に転職し、営業支援に従事する。その後、ベンチャー企業での経理・採用経験を経て、2019年から株式会社pekoにて、キャリアアドバイザーとして看護師の転職支援を始め、多くの転職者のサポートを担当中。

関連記事

最新コンテンツ

看護師の転職準備

看護師の転職準備

看護師の転職求人

看護師転職求人

看護師の転職サイト

看護師転職サイト

看護師の転職必要書類

看護師の履歴書

看護師の病院見学(転職時)

看護師の病院・施設見学

看護師の面接対策

看護師の面接対策

看護師の退職

看護師の退職

看護師の内定・入職

看護師の内定・入職

看護師の転職後

看護師転職後の悩みやトラブル

看護師の年代別転職

年代別看護師転職

看護師のライフスタイル別転職

看護師のライフスタイル別転職

看護師の勤務先別転職

勤務先別の看護師転職

看護師の診療科別転職

診療科・部署別の看護師転職

現役看護師「なるにわ」ガイド

現役看護師の「なるには」ガイド

看護師派遣

看護師の派遣

TOP

株式会社peko

法人番号:4010001168708

〒107-0052 東京都港区赤坂3丁目1-16 BIビル6F

株式会社pekoは、厚生労働大臣より有料職業紹介事業の許可うけ、人材紹介・転職支援サービス関連等を提供している企業です。

職業紹介事業者許可番号:13-ユ-314509

当サイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。