看護師の体験談

リウマチ科で働く看護師の仕事内容と体験談

当ページには広告リンクが含まれます。

株式会社pekoが運営する「看護師転職ガイド」は、複数の企業と提携しており、当サイトの記事にて紹介したサービスが登録申し込みされた際に、各企業から支払いを受け取ることがあります。ただし、当サイト内に掲載するサービスの評価やランキングに対しては、提携の有無・支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。
なお、閲覧ユーザーの方に課金を求めるサービスの掲載は行っておりません。 また、当サイトで得た収益は、看護師の方々に役立つ情報やコンテンツを提供することでも活用・還元しており、「コンテンツポリシー」を定め運営しております。

リウマチ科は、関節リウマチを含むリウマチ性疾患(関節や筋肉が痛む疾患)の診断と治療を行う診療科です。

私は病院(約700床)のリウマチ科で看護師として8年間勤務しており、新人育成やチームリーダーとしての経験があります。私が勤務していたリウマチ科病棟では、リウマチ外科と膠原病内科の2つの診療科を合わせてリウマチ科として運営されていました。

主に関節炎や軟部組織疾患、自己免疫疾患、変形性関節症、膠原病など、様々な関節と結合組織に関連する疾患を対象とし、リウマチ科の外科と内科がチームとして患者へトータルケアを提供していました。

以下では、私の経験をもとにリウマチ科病棟で働く看護師の仕事内容や、リウマチ科病棟で働いて感じたことを説明していきます。

執筆・監修看護師
執筆・監修看護師
寺本 看護師
寺本 看護師
  • エリア:東京都在住
  • 保有資格:看護師、保健師
  • 施設経験:総合病院
  • 専門分野:リウマチ外科、膠原病内科、整形外科、形成外科、歯科口腔外科

3次救急病院に12年間看護師として勤務。現在は専業主婦の傍ら、看護師ライターとして活動中。

著作・監修記事一覧

リウマチ科病棟で働く看護師の仕事内容

リウマチ科病棟で働く看護師の仕事内容

私が勤務していたリウマチ科病棟では、主に関節リウマチの患者に人工関節置換術を行っていました。

手術は主に人工股関節全置換術(THA)が多く、その他に人工膝関節全置換術(TKA)、人工肩関節全置換術、人工肘関節全置換術、人工足関節全置換術、人工指関節全置換術、足趾形成術などが行われます。週に2日は患者の手術日であり、多い時には週に4人の患者が手術を受けることがありました。

そのため、リウマチ科病棟で働く看護師は、患者の日常生活の介助、手術後の周術期の看護、患者の疼痛管理や内服薬の管理が主な仕事内容です。また、「リウマチ外科」と呼ばれる看護師の仕事内容も多い印象でした。

以下では、リウマチ科病棟で働く看護師の仕事内容の詳細を説明していきます。

患者の日常生活の介助

患者の日常生活の介助

リウマチ科病棟で働く看護師は入院患者の日常生活の介助も仕事の1つです。

関節リウマチは、関節の滑膜に生じる増殖性滑膜炎により疼痛や腫脹が出現し、関節の破壊が進行する病気です。

そのため、入院患者の日常生活動作に様々な制限があり、日常生活の介助が必要です。具体的には、患者のトイレ介助や食事介助、入浴介助など、日々の業務に加えて日常的な介助も看護師が行います。

ただし、看護師が患者の日常生活をすべて介助してしまうと、入院や手術を行ったことにより患者のADLを低下させる恐れがあります。看護師は患者のADLを低下させないように、介助しすぎないように心がけます。

看護師の体験事例

リウマチ性疾患の患者は自宅での生活を自己のやり方で工夫しています。
例えば、手指の変形がある場合でも、自助具などを活用して上手に食事を摂ることや、身の回りのことを自分で行っています。
そのため、入院中に看護師がやった方が早いのにと思うことは沢山ありましたが、安全が保たれていて、かつ患者が助けを求めていない時は、私はゆっくりと患者の動作を見守り、必要であればいつでも手助けができるように関わっていました。

周術期の看護

周術期の看護

リウマチ科病棟に限らず、看護師は患者が入院してから手術を受け、退院するまでの周術期の看護を行います。

リウマチ科病棟に入院する術後患者は、ドレーン、神経ブロック・硬膜外麻酔カテーテル、点滴、尿道留置カテーテルなど多くの管が挿入されていることがあります。

そのため、看護師はこれらの管理を行うことや術前術後でアセスメントを行い、必要に応じて患者の自己抜去を防止する対策を行います。

また、ドレーンの管理や患者の貧血のチェックを行い自己血の返血なども看護師の仕事内容です。

看護師の体験事例

リウマチ科病棟で手術を受ける患者の多くは高齢の患者であり、術後せん妄になることは珍しくありませんでした。
術前はしっかりしていた患者でも、ドレーンや尿道留置カテーテル、点滴などすべてを引き抜いて廊下に歩いて出てくる患者さんもいました。
そのため、看護師は患者から点滴の刺入部が見えないように包帯を巻いて隠すことや、尿道留置カテーテルやドレーンを引っ張って抜けないようにズボンの中を通して外に出したりするなどの対策を行っていました。

患者の疼痛管理

患者の疼痛管理

リウマチ科病棟で働く看護師は、患者の疼痛管理も大切な仕事の1つです。

リウマチ性疾患の患者は痛みを訴える方が多く、特に手術当日は創部痛があるため、点滴による鎮痛薬を適切に使用しながら患者がゆっくりと休めるように心がけます。

さらに、手術の翌日から翌々日には離床をする場合が多いため、点滴の鎮痛薬から内服薬に切り替え、患者がスムーズに離床できるように看護師が介入します。

また、リハビリ前に頓服薬を使用することや鎮痛薬を定時内服に変更するなど、その患者にあった個別の疼痛管理を看護師が行い、リハビリに支障をきたさないようにします。

内服薬(免疫抑制剤等)の管理

内服薬(免疫抑制剤)の管理

リウマチ科病棟で働く看護師は、患者の内服薬の管理も仕事の1つです。

リウマチ性疾患の治療には、免疫抑制剤や抗炎症薬などの薬が頻繁に使用されます。特に関節リウマチの患者は免疫抑制薬(体内で過剰に起こっている異常な免疫反応を抑える薬)を内服していることが多いです。

そのため、看護師は患者の内服薬のスケジュール管理や、免疫抑制剤による感染リスクを軽減するためのステロイドカバー(周術期にステロイドを投与すること)などを行います。

看護師の体験事例

私はリウマチ科病棟の看護師として、適切なタイミングで免疫抑制薬の内服が中止されているか、ステロイドカバーが実施されているかを常に確認していました。
そのため、外科的な看護だけではなく、内科的な薬剤治療についても、看護師として理解していることがとても大切だと感じます。

患者への持続的他動運動(CPM)の実施

患者への持続的他動運動(CPM)の実施

人工膝関節全置換術の患者に対し、持続的他動運動(CPM:Continuous Passive Motion※)を病棟内で看護師が実施することも仕事の1つです。

人工膝関節全置換術後の患者は、理学療法士(PT)のリハビリに加え、CPMという機械を用いたリハビリを行います。

※CPM:人工膝関節全置換術(TKA)の後療法として関節組織の修復と関節拘縮の予防を目的に用いられている理学療法の1つ。
機械を用いた関節の屈曲・伸展運動を他動的にゆっくりとしたペースで連続して行う。
参照:J-STAGE

私が勤務していたリウマチ科病棟では、術後2日目から患者とCPMを開始し、患者の膝関節の屈曲を135°にすることが退院までの最終目標でした。

また、患者によっては、疼痛や不安を訴える方もいるため、適宜鎮痛薬を使用することや不安を軽減できるようにしばらくそばで様子を見るなどを行い、徐々に目標に近づけるように看護師としてサポートします。

看護師の体験事例

持続的他動運動(CPM)によって患者の膝関節が135°以上曲がると、立ち上がりや移動動作などの日常生活動作が非常に楽になります。
そのため、私はリウマチ科病棟の看護師として、なぜこのリハビリが必要なのかを患者に説明していました。
例えば、「階段を上るには75~140°の可動域が必要となること」などを伝えます。
患者が前向きにリハビリに取り組めるように支援することも看護師としては重要な仕事だと感じます。

患者に禁忌肢位と日常生活動作の説明

患者に禁忌肢位と日常生活動作の説明

リウマチ科病棟で働く看護師は、患者に禁忌肢位※(きんきしい:しゃがむという動作や姿勢などの避けるべき行為)と日常生活動作の説明を行うことも大切な仕事の1つです。

特に人工股関節全置換術(THA)後方アプローチの場合の患者に対して、脱臼予防のために禁忌肢位を看護師が指導します。

日常生活動作については、股関節をまげて内側にねじった状態や、横向きで寝る、更衣動作、しゃがみ込み動作など日常生活内で危険な動作を患者に説明します。

また、人工股関節全置換術以外にも、肩関節全置換術の患者も同様に脱臼のリスクがあるため、禁忌肢位の指導を看護師が行います。

看護師の体験事例

私が勤務していたリウマチ科病棟では、術前には患者へ冊子や動画を利用して視覚的に確認してもらうことや、術後に実際の動作時に説明をするなどして、脱臼防止に努めていました。
ただし、リウマチ科病棟に入院している患者は、高齢者が多いこともあり、1人でトイレに行こうとして転倒し、脱臼してしまうこともありました。
一度脱臼すると、再び脱臼しやすくなってしまうため、看護師として丁寧にひとつひとつ説明し、患者に指導を心掛けていました。

リウマチ科病棟で看護師として働いて感じたこと

リウマチ科病棟で看護師として働いて感じたこと

私がリウマチ科病棟の看護師として働いて感じたことを説明していきます。

内科と外科両方の看護が学べる

内科と外科両方の看護が学べる

リウマチ科病棟に看護師として勤務し、内科と外科の両方の看護が学べたと私は感じます。

例えば、内科的な看護や薬剤管理、免疫抑制剤の治療における看護、外科では一般的な周術期管理や麻酔の看護などを学ぶことができました。

また、整形外科でも人工関節置換術を行う場合がありますが、リウマチ科と違う点としては、内科的な看護も同時に学べるところだと私は思います。

看護より介護と感じてしまうことも多い

看護より介護と感じてしまうことも多い

リウマチ科病棟に入院する患者は、高齢の方が多いうえに関節の変形や慢性的な疼痛があるため、看護師として日常生活動作に介助を要することが非常に多いです。(病棟内には呼び出しコールが絶えず鳴り響き、特に術後の急性期を過ぎると、看護よりも介護の業務量の方が多かったかもしれません。)

例えば、トイレ介助や食事介助、入浴介助が必要な患者が多く、日々の業務に加えて日常的な介助も行うため、とても忙しかった印象があります。

さらに、患者に寝返りを打たせたりトイレに連れていったり、入浴介助を行ったりと体力的にも大変な作業が多いです。

そのため、看護師として体力が必要な診療科だと感じます。

じっくり患者と関わる看護ができる

じっくり患者と関わる看護ができる

リウマチ科病棟に入院する患者は、長期に及ぶ場合や入退院を繰り返す患者も多いです。

難病であるリウマチ性疾患は完治が難しい疾患です。

そのため、患者が痛みに苦しむことや、長い治療に耐えている患者もおり、看護師としてじっくり患者に寄り添った看護ができると感じました。

また、リウマチ性疾患は、患者によって症状や痛みの程度がかなり違い、一人ひとりに合わせた細やかな看護を行うことが求められました。

リウマチ科の看護師求人が多い転職サイト

リウマチ科の看護師求人が多い転職サイト

看護師の転職先である施設は、一般的に病棟や外来等で大きく区分されているため、病院やクリニックの「リウマチ科」へ転職を考えた場合、希望の部署に配属されるように面接時に交渉する必要があります。面接時に交渉は行ったことがない、どうやって交渉して良いか分からない看護師の方が大半だと思います。

だからこそ、交渉の代行を行ってくれる看護師転職サイト(看護師専用の転職エージェント)の活用をおすすめします。

また、私の経験ですが、リウマチ科の看護師求人は、整形外科と混合であるリウマチ外科と、膠原病内科と混合のリウマチ内科、外科と内科混合のリウマチ科に分かれます。(クリニック(診療所)の場合は、基本的にリウマチ内科になります。)内科、外科の分野を確認しながら転職先を決定することがおすすめです。

以下ではリウマチ科の看護師求人が豊富で、交渉能力が高い看護師転職サイトをご紹介します

リウマチ科を限定した看護師求人はとても少ないため、2社とも登録を行いまずは求人を探してもらいましょう。

看護師求人数No.1!レバウェル看護

レバウェル看護(旧 看護のお仕事)

転職相談面接対策条件交渉退職相談
2重丸2重丸2重丸2重丸
サイト名レバウェル看護(旧:看護のお仕事)
運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
公開求人数154,079件
(2024年5月3日時点)
非公開求人豊富
対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師
対応 雇用形態常勤(夜勤有り)、日勤常勤、夜勤専従常勤、夜勤専従パート、非常勤、派遣、紹介予定派遣
対応施設総合病院、一般病院、クリニック、特別養護老人ホーム(特養)、訪問看護、有料老人ホーム、デイサービス、重症心身障害者施設、保育園、検診センター
対応 診療科目内科、精神科、心療内科、小児科、外科、整形外科、皮膚科、産婦人科、眼科、歯科、美容外科、美容皮膚科
対応配属先病棟、外来、施設、訪問、手術室(オペ室)、透析、内視鏡
対応エリア北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴・看護師の転職求人が豊富
・転職支援サービスが手厚い
・転職の相談から行える
・院内・施設内情報に強い

レバウェル看護(旧 看護のお仕事)は、看護師転職サイトの中でも断トツに病院の看護師求人が豊富で、ハローワークの看護師求人もカバーしています。

そのため、病院・クリニックを含めたリウマチ科の看護師求人がとても見つかりやすいです。

また、担当者も丁寧にヒアリングを行ってくれるため、利用する看護師にも定評があり人気があります。

リウマチ科への看護師転職を考えた場合、必ず活用しておきましょう。

公式サイト:https://kango-oshigoto.jp/

規模が大きな病院豊富!マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職相談面接対策条件交渉退職相談
2重丸2重丸2重丸2重丸
サイト名マイナビ看護師
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数81,589件
(2024年5月3日時点)
非公開求人とても豊富(保有求人全体の約40%非公開)
対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師、ケアマネジャー
対応 雇用形態正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託その他
対応 勤務形態常勤(二交替制)、常勤(三交替制) 、夜勤なし、夜勤専従
対応施設病院、クリニック・診療所、美容クリニック、施設、訪問看護ステーション、看護師資格・経験を活かせる一般企業、治験関連企業(CRA、CRCなど)、保育施設 、その他
対応 診療科目美容外科、小児科、産科、婦人科(レディースクリニック)、整形外科、循環器内科、心療内科、消化器外科、心臓血管外科、スポーツ整形外科、脳神経外科、眼科、形成外科、消化器内科、歯科、精神科、血液内科、外科、内科、神経内科
対応配属先病棟、外来、手術室、内視鏡室、ICU、透析、救急外来、訪問看護、管理職の仕事
対応エリア北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴・転職の相談から行える
・キャリアアドバイザー親切丁寧
・退職交渉も可能
・企業系のレア求人を豊富に保有

マイナビ看護師は、丁寧で親切な対応と、的確な転職のアドバイスを行ってくれることから、利用する看護師にとても人気が高い看護師転職サイトです。

さらに、規模が大きな病院とつながりが深く、リウマチ科病棟の看護師求人が見つかる可能性が高いです。

また、掲載している看護師求人の40%は非公開求人(インターネット上に出ない、担当者から紹介してもらえる求人)となるため、採用側(病院側)とのやり取りもとてもスムーズです。

そのため、リウマチ科病棟へ転職を希望する看護師は併せて活用しておきたい転職サイトです。

公式サイト:https://kango.mynavi.jp/

まとめ

リウマチ科病棟で働く看護師の仕事内容は、関節リウマチやリウマチ性疾患を抱える患者の日常生活動作の介助や内服薬の管理、持続的他動運動(CPM)の実施、術前・術後のケア、脱臼予防の指導など様々な業務が含まれます。

さらに高齢者が多いため、患者の細やかなケアと体力を必要とする力仕事もあります。

看護師としてのやりがいは、患者とじっくり向き合い、患者の日常生活や治療をサポートできることだと私は感じます。

また、患者とのコミュニケーションや状況に合わせた対応が求められる一方で、患者の回復や生活の質を向上させることで、看護師としても大きなやりがいを感じます。

是非、興味がある方はリウマチ科の看護師として一度チャレンジしてみてください。

このサイトの運営者情報

運営会社株式会社peko
会社ホームページhttps://peko.co.jp/
所在地〒107-0052 東京都港区赤坂3丁目1-16 BIビル6F
代表取締役辻󠄀 昌彦
設立2015年6月
資本金14,000,000円
事業内容
  • 有料職業紹介事業
  • キャリアメディア事業
  • インターネット広告事業
  • SEOコンサルティング事業等
厚生労働大臣許認可有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-314509
(厚生労働省職業安定局: 職業紹介事業詳細
特定募集情報等提供事業:51-募-000760
連絡先03-5324-3939 (受付時間:休日、祝日を除く10:00~17:00)
お問い合わせhttps://peko.co.jp/inquiry
監修者情報著作者・監修者情報・コンテンツポリシー

参考文献等

総合監修者

キャリアコンサルタント(国家資格)真下彩花

キャリアコンサルタント(国家資格)真下彩花

新卒で東証スタンダードに上場している会社に入社し、個人事業主・税理士などの経理・税務サポートを担当後、半導体・電子部品等の最大手(東証プライム上場)に転職し、営業支援に従事する。その後、ベンチャー企業での経理・採用経験を経て、2019年から株式会社pekoにて、キャリアアドバイザーとして看護師の転職支援を始め、多くの転職者のサポートを担当中。

関連記事

最新コンテンツ

看護師の転職準備

看護師の転職準備

看護師の転職求人

看護師転職求人

看護師の転職サイト

看護師転職サイト

看護師の転職必要書類

看護師の履歴書

看護師の病院見学(転職時)

看護師の病院・施設見学

看護師の面接対策

看護師の面接対策

看護師の退職

看護師の退職

看護師の内定・入職

看護師の内定・入職

看護師の転職後

看護師転職後の悩みやトラブル

看護師の年代別転職

年代別看護師転職

看護師のライフスタイル別転職

看護師のライフスタイル別転職

看護師の勤務先別転職

勤務先別の看護師転職

看護師の診療科別転職

診療科・部署別の看護師転職

現役看護師「なるにわ」ガイド

現役看護師の「なるには」ガイド

看護師派遣

看護師の派遣

TOP

株式会社peko

法人番号:4010001168708

〒107-0052 東京都港区赤坂3丁目1-16 BIビル6F

株式会社pekoは、厚生労働大臣より有料職業紹介事業の許可うけ、人材紹介・転職支援サービス関連等を提供している企業です。

職業紹介事業者許可番号:13-ユ-314509

当サイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。